So-net無料ブログ作成
-コラム ブログトップ
前の10件 | -

〈新装改訂版〉の体験会レポ [-コラム]


IMG_6033.jpg

4月28日にイエローサブマリン秋葉原RPGショップで開催された体験会に参加。
一部試作品となりますが、『幻影探偵団〈新装改訂版〉』を試遊していただきました。




IMG_6024.jpg

今回は、4人プレイをインストをしつつ、プレイヤーとしても参加しています。

他のプレイヤーは全員初プレイとのことでしたが、
〈新装改訂版〉で追加されたサマリーのおかげで、
推理シートの書き込み方や、ルールを確認しながら理解してもらえました。

人数分のサマリーを同梱できたのは大正解でした!


〈新装改訂版〉では、捜査を優位に進めるアクションカードの構成や配布方法が変更されており、
これまで以上に活躍する機会が増えています。
宝石チップによる使用制限もなくなったので、序盤からバンバン使われていきます!




IMG_6023.jpg


『幻影探偵団』は、犯人である怪人・髑髏王の正体だけではなく、
他のプレイヤーが担当する探偵団メンバーの正体を当てても加点されます。

プレイ時間60〜90分の本格推理ゲームです。
言い間違えや、書き間違いをすると、せっかくの捜査が台無しになる場合があります。
慌てず、焦らず、ゆっくりプレイしたいですね。


今回は『帝都』を担当。
他のプレイヤーの団長に存在する、変装の達人『影男』の正体がつかめず、
操作が後手にまわる展開になります。

推理シートを見ると、あと少し捜査が進めば連鎖的に正体がわかるところまで詰めていますね。



IMG_E6025.jpg

あと1〜2個情報があれば!!というところで、
他のプレイヤーが『真相解明』をドヤ顔で宣言!

それまでに得た情報をもとに、推理シートにそれぞれの正体を記入することになりました。

確定できなかったもののゲーム中のプレイングから、
『この人が影男じゃないか?』と推理をしましたが、残念ながら的外れw

結果的には、御解答が連鎖して、総得点5Pという残念な結果に。



勝者は、『真相解明』を宣言した方が、全問正解パーフェクト!
しかも影男を担当していたので、一番気持ちいい展開ですね。

作者としては不甲斐ない結果ですが、
体験会に参加した方にはゲームを楽しんでもらえたようなので満足です。






IMG_6028.jpg

〈新装改訂版〉はこれまでのプレイ感をそのままに、
初プレイの方でも遊びやすく、影男が自由に活躍し、
アクションカードが効果的に使われる展開になるよう再調整しています。


IMG_6034.jpg

IMG_6030.jpg

IMG_6035.jpg

IMG_6032.jpg

この日は計3回プレイしてもらいましたが、
制作する際にイメージしたプレイ風景を確認できました!

みなさんがプレイした様子を拝見するのが楽しみです^^
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

〈新装改訂版〉の登場人物 [-コラム]

『幻影探偵団〈新装改訂版〉』は、大正末期の帝都・東京を舞台に、怪人髑髏王の挑戦を受け、歯車館に集まった4つの秘密探偵団の活躍を描いた3-4人用の本格推理ゲームです!




ADimage_3.jpg

『幻影探偵団』に登場する12人の容疑者は、これまでに髑髏王が起こした3つの事件の関係者。
しかし、その正体は、4つの探偵団のメンバーと、怪人・髑髏王なのです。


今回は12人の容疑者を含む、ゲームの登場人物を紹介してみましょう。




【蒲田 竹梅キネマ殺人事件】
東京市郊外の映画撮影所で発生した最初の猟奇殺人事件。
撮影スタジオで発見された被害者は、牛込で働く職業婦人だった。



CARD_YO_A.jpg

容疑者のひとり『美少年A』こと東彰人。
今作唯一の未成年ながら、美しい容姿と聡明な頭脳を併せ持つ学生。
資産家の叔父の招きで撮影所を訪れる。
彼が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。



CARD_YO_B.jpg

容疑者のひとり『女優B』こと倍賞紅緒。
竹梅映画社が力を入れる新人女優。
彼女のデビュー作の撮影現場に、髑髏王の最初の作品が展示されたのだ!
彼女が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。



CARD_YO_C.jpg

容疑者のひとり『柔術家C』こと中禅寺主税。
怪力で知られる柔術家だが、ある事件がきっかけでK道館を離れ、自分の流派をつくる。
蒲田の事件当時は、大部屋俳優の指導のため、撮影所を訪れる。
彼が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。



CARD_YO_D.jpg

容疑者のひとり『詩人D』こと大仙導子。
女学校の教員をしながら、詩人としての活動を続ける才女。
蒲田で殺害された被害者とは、同人活動を通じて交友があった。
彼女が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。




【万世橋 市電殺人事件】
東京市をつなぐ市電駅で発生した第2の猟奇殺人事件。
駅前広場で発見された被害者は、陸軍大尉の妻だった。



CARD_YO_E.jpg

容疑者のひとり『記者E』こと遠藤英二。
新聞社に勤務しているが、特ダネに恵まれず鬱屈していたところ、
万世橋駅で発生した第2の猟奇殺人事件に遭遇する。
金遣いが荒く、女性に弱い洒落男。
彼が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。



CARD_YO_F.jpg

容疑者のひとり『歌姫F』こと降旗不二子。
大衆から絶大なる支持を集める浅草オペラの歌姫。
万世橋で殺害された被害者とは、女学校時代からの友人。
彼女が嫁いだ後も、文通を続けていた。
彼女が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。



CARD_YO_G.jpg

容疑者のひとり『軍人G』こと剛迫源一郎。
語学に堪能な、鋭い観察眼の持ち主。
内密に被害者の夫である陸軍大尉の調査をしていたらしいが、詳細は不明。
彼が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。



CARD_YO_H.jpg

容疑者のひとり『宝石商H』こと榛名比呂江。
若くして父の跡を継いだ収集家。万世橋駅での事件の目撃者。
髑髏王事件の被害者が身につけている装身具に興味を持つ。
彼女が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。




【四谷 白拍子殺人事件】
神社の例祭で発生した第3の猟奇殺人事件。
舞台で白拍子の衣装をまとった被害者は、娼婦と巫女だった。



CARD_YO_I.jpg

容疑者のひとり『教授I』こと伊集院巌。
あらゆる事件はすべて論理的に証明できると豪語する唯物論者。
第3の事件で殺害された娼婦の常連客だった。
彼が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。




CARD_YO_J.jpg

容疑者のひとり『夫人J』こと慈道淳子。
社交界に明るい銀行頭取の夫人。
歯車館を建てた菱沼剛蔵と親戚ではあるが、血の繋がりはない。
四谷の事件で殺害された神社の巫女と最後に会話している。
彼女が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。




CARD_YO_K.jpg

容疑者のひとり『男爵K』こと樺芝幸三郎。
裏社会に通じる人物。本当に爵位を持つかは不明。
第3の事件の被害者のふたりが出入りしていた外国人相手の秘密倶楽部を経営している。
彼が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。




CARD_YO_L.jpg

容疑者のひとり『占い師L』こと盧玲玲。
四柱推命を得意とし、四谷で殺害された巫女を占ったことがある。
幼少の頃に雑技団で仕込まれた体術で、小さな鞄や、壺の中に潜むことができる。
彼女が幻影探偵団のメンバーであることを知る者はいない。










CARD_YO_M.jpg

容疑者の中に紛れ込んだ変装の達人『影男』。
本名はおろか、その素顔を見たものはいない。
とある探偵団の団長になり、ライバルの探偵団の捜査を翻弄する。
密かに髑髏王の背後にいる黒幕を追っていることを、メンバーですら知らされていない。





CARD_DOKURO_URA.jpg

怪人・髑髏王。
黄金の仮面を身につけ、美女の遺体と宝石で禍々しくも美しいオブジェを作り出す殺人芸術家。
幻影探偵団のメンバーを罠にかけ、挑戦状を送りつける!
その正体はいったい何者なのか?!



CARD_YesNo_URA.jpg

自動人形・ドーラ。
歯車館を建てた菱沼剛蔵が作らせた、精巧な道化師の自動人形。
時計塔の動力で、意思があるように自在に動く。
髑髏王の指示でYesMoカードを持ち、ゲヱムの進行役になる。




いかがでしょうか。
ルールには直接関係のない要素ですが、ゲームを盛り上げる重要なフレーバーです。


〈新装改訂版〉では、追加要素として、容疑者の名前や、これまでの事件の名称を確定しましたが、細かな人物設定などは記載しませんでした。
こういったフレーバーがお好きな方であれば、設定を膨らまし、自分なりの解釈で物語を補完するのもいいでしょう。プレイヤーの皆さんに楽しんでいただければ幸いです。
 
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

げんえいたんていだんキッズ [-コラム]

お待たせいたしました!!
ゲームマーケット2019春の新作を発表いたします!!

たくさんのご要望をいただいていた推理ゲーム『幻影探偵団』を
12歳以下のお子様にも安心して楽しめる『げんえいたんていだんキッズ』です!



GEN.jpg

もちろんオリジナル版にある残虐表現はなくなっているのでご安心ください。

今回はたくさんのお友達と遊べるよう、プレイ人数は3〜13人になりました。

ゲームに使われる本文はすべて“ひらがな”なので、
対象年齢7歳となっていますが、大きなお子さんが一緒にプレイするなら、
5歳児でも遊べるかと思われます。


クラスでいちばんのびしょうじょ・ひめこちゃんが、
なぞのかいじん・どくろおうにゆうかいされました!!
となりまちにある、ぶきみなやかたにあつまったクラスメイトのなかから
どくろおうのしょうたいをさがしだそう!
でも、クラスメイトのなかには、へんそうがとくいなカゲオがいるかもしれないよ!
ダマされないように、すいりしてみよう!


乱歩作品も低年齢向けにリライトされたものが多数ありますが、
『幻影探偵団』でも同様のチャレンジとなりました。

ゲームマーケット2019春のハッピーゲームズをよろしくお願いいたします!!








※本日は4月1日です。念のためw

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

久々のバックギャモンフェスティバル [-コラム]


IMG_4941.jpg

毎年10月に渋谷で開催されるバックギャモンフェスティバル。

秋のゲームマーケットに出展しないこともあり、
久々に初級クラスで参加することにしました。



初級クラスは事前登録なしで参加できますが、
参加者はエントリー料の他に、
自分用のプレシディションダイスを2個用意する必要があります。


IMG_9816.jpg

プレシディションダイスは各面の重量が均等で、出目に偏りがない高価なサイコロです。
1コ1000円以上してしまうので、ちょっとハードルが高く感じるかもしれませんね。


IMG_4940.jpg

会場では大型のボードを使って対戦します。
自宅ではなかなかこのサイズを用意できませんので、テンションが上がります。


IMG_4936.jpg

初級戦はシングルマッチです。
制限時間内であれば何回でも対戦できます。
1勝すれば1ポイントですが、ギャモン、バックギャモン勝ちで
2〜3ポイント勝ち取ることもあるので油断できません。


IMG_9809.jpg

今回の戦績は、10戦7勝3敗。
ギャモン勝ち2回、ギャモン負け1回となりました。

久々の参加でしたが、33人中6位という成績はぼちぼちというところでしょうか。


IMG_9810.jpg

初戦のギャモン負けがやはりイタイですねぇ。
さらにようやく持ち直したところで、凡ミスやらかし逆転負けをくらいました。
シングルマッチは運要素もありますが、勝てる試合を負けたのは悔しいですね。


IMG_9812.jpg

ちなみに6位の商品は、こちらのミニポーチ。
ダイス柄のワンポイントがいいですね。


IMG_9814.jpg

参加賞はなぜかリステリンw
スポーツドリンクと間違えて、試合中に飲もうとしたのはここだけの話ですw



最近ではカタンやカルカソンヌ、そしてアクワイアなど、
ボードゲームの公式試合なんかも増えてきました。

わいわい楽しくプレイするのもいいですが、
今回のような緊張感のある場での対戦も楽しいですね。

また機会があれば、参加したいと思います。
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

模型の祭典ワンダーフェスティバルに行ってきた その2 [-コラム]

ワンダーフェスティバルも会場の規模が広がり、
大手企業が華やかなブースで出展するようになりました。
以前とはだいぶ勝手が違いますね。



今回もまずは一般ブースの出展からご覧ください。


IMG_4564.jpg

IMG_4552.jpg

IMG_4550.jpg

IMG_4560.jpg

IMG_4562.jpg

IMG_4593.jpg

IMG_4594.jpg

IMG_4595.jpg

IMG_4596.jpg

IMG_4599.jpg

IMG_4607.jpg

IMG_4610.jpg

IMG_4604.jpg

IMG_4630.jpg

IMG_4635.jpg

IMG_4637.jpg

IMG_4642.jpg

IMG_4646.jpg

IMG_4648.jpg

IMG_4649.jpg







IMG_4710.jpg

IMG_4582.jpg

IMG_4572.jpg

IMG_4585.jpg

IMG_4587.jpg

IMG_4590.jpg

マシーネンでおなじみの横山宏さんの還暦を祝って、トークショウが開催されるなど、
いつも以上に盛り上がっていましたね。






IMG_4613.jpg

IMG_4618.jpg

IMG_4621.jpg

これ全部レゴで作られたメカなんです。
もちろん着色なしなので、パーツも色合わせを考慮せなばなりません。
いったい、おいくら万円ぐらいかかっているんでしょうか!?





IMG_4591.jpg

3Dプリンタや、模型用の工具などの展示や、商談スペースもありした。






IMG_4654.jpg

ここからは企業ブースになります。


IMG_4655.jpg

IMG_4658.jpg

IMG_4660.jpg

IMG_4661.jpg

IMG_4672.jpg

IMG_4682.jpg

IMG_4692.jpg

IMG_4696.jpg

IMG_4698.jpg

IMG_4701.jpg

IMG_4707.jpg





IMG_4713.jpg

昼頃から参加して、すべてのブースを見て回ったつもりでしたが、
じつはだいぶヌケがあったようですね。

あっという間に閉会時間になりました。




ゲージで区切られたエリアでは、
露出の多いアダルト系やグロ系の作品が販売されてたようです。

気になっていたものの作品を見つけられなかったり、
ご挨拶に行けなかったブールが多々ありました。

できれば参加する前にカタログを入手して、事前チェックをした方がいいですね。
 
  
 
ボードゲームの祭典ゲームマーケットも、
いつかワンダーフェスティバルに負けない規模になるんでしょうか。
 
しっかりと見守りたいです。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

模型の祭典ワンダーフェスティバルに行ってきた その1 [-コラム]


IMG_4398.jpg

7月25日に開催された模型の祭典ワンダーフェスティバル。
5、6年ぶりに参加してきたので、会場の様子などをご紹介。

写真のフィギュアなどの多くは完成見本で、
難易度の高いキットのものが多いですが、
最近は完成されたものを販売するところも増えてきましたね。



IMG_4401.jpg

今回は写真が多いので、ほとんどキャプションもつけないまま
羅列することにします。

いや、それにしてもすごいボリュームです・・・


IMG_4404.jpg

IMG_4407.jpg


IMG_4412.jpg

IMG_4415.jpg

IMG_4423.jpg

IMG_4425.jpg

IMG_4429.jpg

IMG_4431.jpg

IMG_4432.jpg

IMG_4434.jpg

IMG_4435.jpg

IMG_4443.jpg

IMG_4446.jpg

IMG_4447.jpg

IMG_4452.jpg

IMG_4456.jpg

IMG_4458.jpg

IMG_4461.jpg

IMG_4463.jpg

IMG_4467.jpg

IMG_4468.jpg

IMG_4469.jpg

IMG_4483.jpg

IMG_4484.jpg

IMG_4493.jpg

IMG_4494.jpg

IMG_4497.jpg

IMG_4499.jpg

IMG_4500.jpg

IMG_4502.jpg

IMG_4505.jpg

IMG_4510.jpg

IMG_4513.jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4528.jpg

IMG_4534.jpg

IMG_4536.jpg

IMG_4538.jpg

IMG_4540.jpg


かなり枚数を減らしましたが、これでもまだ半分です。
後半では、企業ブースの写真も盛り込みながら紹介したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

高円寺ゲームカフェバー『リトルケイブ』に行ってきた [-コラム]

IMG_4052.jpg

IMG_4070.jpg

昨晩は高円寺にオープンするゲームカフェバー『リトルケイブ』の
レセプションパーティーに参加してきました。

JR高円寺駅の南口を出て2分ほどの場所にあり、かなりの好立地です。
お店は2Fですが、外からでもかなりわかりやすいですね。



IMG_4075.jpg

ビルの入り口はこんな感じ。1Fの飲食店の脇にあります。



IMG_4081.jpg

IMG_4082.jpg

奥にエレベーターもありますが2階なので階段を使ってみましょう!
まだオープン前ということもあり、扉には店名などはありませんが、
ガラス窓もあり入りやすい雰囲気です。



IMG_4096.jpg

IMG_4085.jpg

店内は間接照明が使われていてオシャレです。
店長とかわいい店員さんがお出迎えしてくれました。



IMG_4091.jpg

受付付近にはオーナーであるリトルフューチャーの代表作や、花束が置かれています。



IMG_4323.jpg

今回のレセプションにはドレスコードがあり
衣類やアクセサリーにリトルケイブのイメージカラーである緑を入れるということでした。
店員さんのネイルもキャラクターになっていますね^^






それでは店内の様子を見てみましょう!



IMG_4114.jpg

店内は入り口から左右に長い間取りになっていますが十分な広さがあり、
かなりの人数が参加したレセプションでも、狭さを感じませんでしたね。


IMG_4122.jpg

IMG_4349.jpg

厨房には、本格的なエスプレッソマシンがありました。



IMG_4116.jpg

IMG_4102.jpg

IMG_4231.jpg

店内にある棚には新作や話題作を中心に、大小のボードゲームがずらり!!
なかには懐かしいレトロゲームもありますね^^



IMG_4260.jpg

通り側にある少し離れた棚には、秘密の仕掛けが!!!!


IMG_4262.jpg

な・・・なんと・・・隠し部屋ですッ!!!!これはロマンだ!!!!!



IMG_4333.jpg

トイレは清潔感があり、女性も使いやすいですね。






IMG_4160.jpg

レセプションはリトルフューチャー代表のエミさんの挨拶と、
店長の乾杯のからはじまります。


IMG_4235.jpg

参加者全員でハグルをプレイ。
それぞれに配られたカードと、ルールの断片を組み合わせて、
勝利条件をクリアする推理系パーティーゲームです。


IMG_4252.jpg

IMG_4241.jpg

IMG_4299.jpg

IMG_4306.jpg

何人かでチームを作り、情報集めをする方がいたり、
早々にあきらめて食事やお酒を楽しむ方(俺だw)など、さまざまでしたが、


IMG_4274.jpg

ゲームに勝利したのは、なんと『モテゲー男子更衣室』のノザクニさんでした^^


IMG_4287.jpg

特典として、エミ代表からリトルケイブの招待券を授与!!





それぞれのテーブルでは、もちろんボードゲームが遊ばれています。

IMG_4341.jpg

IMG_4348.jpg

IMG_4382.jpg

IMG_4247.jpg

IMG_4383.jpg

IMG_4339.jpg





IMG_4077.jpg

お店のオープンは2016年7月10日(日)。
高円寺にはボードゲームショップすごろくやもありますし、
盛り上がってくれるといいですね。



ゲームカフェバー『リトルケイブ』

住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目26−16 芦野ビル2F
JR中央・総武線    高円寺駅  徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線  東高円寺駅 徒歩11分
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)(予定)
定休日:不定休
席数:最大40席
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

デザインフェスタ VOL.43に行ってきた その2 [-コラム]

IMG_3762.JPG

前回に引き続き、デザインフェスタの様子をご紹介します。
行ったことがある方なら分かると思いますが、すんごいボリュームです。

この日は11時30分頃に到着しましたが、すべてのブースを見終えたのは17時過ぎでした。

ゲームマーケットの2日連続開催が検討されているようですが、
個人的にはこれくらい見応えがないとキビシイと思っています。

さて、どうなることやら・・・^^



IMG_3758.JPG

IMG_3733.JPG

デザインフェスタでは、会場の至る所でライブペイントが行われています。
こうした表現の多様性も、このイベントの魅力ですね。

ゲームマーケットも、ボードゲームを買う、
遊ぶ以外にも楽しめるイベントがもっと増えるといいかなぁ。



今回はイラストをメインに活動する作家さんをご紹介しています。



IMG_3719.JPG

墨絵師 御歌頭
戦国武将から納豆まで、躍動感のある墨絵を描く作家さんです。
ボードゲームとの相性も良さそうですね!!



IMG_3708.JPG

むらかみしの
えほんとイラストを中心に活動されている作家さんです。
青いお猫様がステキですね!!
宣伝するとご利益あるということでした^^



IMG_3690.jpg

TOMO YAMASHITA DESIGN STUDIO.
会場をまわっていると、犬猫に次いで多いのが小鳥をモチーフにしたものですが、
その中でもかなり異質というか、面白い作品でした!!
この創作欲はどこからわき出すのでしょう!?



IMG_3680.jpg

月森水貴
独特の色彩センスのある作家さんです。
『東京眼鏡少年』という作品で活動されています。
ブースには女性ファンがたくさんいたのが印象的でした。




IMG_3730.JPG

イモムシ研究部
美少女とイモムシの組み合わせが独創的な作家さんです!
イモムシ柄のマステを販売していたのですっごく欲しかったのですが、
我が家に苦手な方がいらっしゃるので断念しましたw




IMG_3823.JPG

幻想堂
花と少女をコンセプトとしたイラストを中心に活動する作家さんです。
商業イラストもされているようですね。
こんなステキなイラストをボードゲームに使えたら、きっと注目されますね!



IMG_3819.JPG

STARWALKER STUDIO
著作権フリーの素材集を販売されています。
うちもお世話になっていますね。
低価格でクオリティもしっかりしているのでおすすめです。



IMG_3693.JPG

cobato
センスのあるカードやぽち袋を制作されています!
画像をよく見ていただきたいのですが、何層かに分かれた色紙で構成されているんですよ・・・
業者に断られたので、自分で制作しているとのことw




IMG_3713.jpg

IMG_3717.JPG

久保俊太郎
日本画のタッチで、武装した動物たちのイラストを描く作家さんです。
なんと自分のペットをイラスト化してもらえる企画を始めたそうです!
会場ではトランプの販売もされていました。




IMG_3820.JPG

ヤマモトナオキ
日本神話をモチーフにしたタロットカードなどを描かれている作家さんです。
ゲームマーケットでも見かけた気がしますね。



IMG_3814.JPG

JH科学
『真空管ドール TCG』でおなじみの作家さんですね。
デザインフェスタではイラスト集なんかがメインのようでした。




IMG_3700.JPG

IMG_3704.JPG

きゃなばーど
『7年かけて完成させたお父さんの迷路』で有名な作家さんですね。
な、な、なんと!!二代目の迷路まで完成させたそうですwwww
実物を見ると迫力が違いますよ!!




いかがだったでしょうか?

駆け足になりましたが、デザインフェスタはかなり楽しめるイベントです。
創作の刺激にもなりますので、ぜひ一度参加してみてください!!

まぁ、ゲームマーケットと同じく一期一会なので、
後日買っておけばよかった!!もう一度行ってみたら売り切れていた!!!!
なんてことが当たり前です。
節制しつつも、後悔のないようにしたいですね^^。
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

デザインフェスタ VOL.43に行ってきた その1 [-コラム]

IMG_3653.jpg

ついに来場者数が1万人を突破したゲームマーケット。
どうやら2日開催について検討を始めているようですね。

今回は、5月14日/15日に開催されたデザインフェスタの様子をご紹介いたします。

以前にも、こちらのブログで取り上げたことがありますが、
なかなか熱気溢れるイベントです。
さすがに連日参加するのは難しく、15日のみの紹介になりますが、
ボドゲ制作の参考にもなりますので、お楽しみください!!





IMG_3759.JPG

小雑貨魚屋
魚に関するハンドメイド雑貨ですね。
かなり手の込んだブローチが大量に並んでます!!
制作の手順を教えていただきましたが、気の遠くなるような作業です。マジで。。。。



IMG_3665.JPG

omni-berry
オリジナルデザインのかわいいアミグルミを制作されています。
そのままボドゲにするのは難しいですが、
写真を使用してコンポーネントに加えてみたい造形ですね。



IMG_3669.JPG

ROBOTの寝言
ホームセンターで購入できる部材や、
アクセサリーパーツを使用したロボット雑貨を制作されています。
小さいながらも、しっかりした作りですね!



IMG_3676.jpg

AMPアトリエ
なんとゴリラ力士ッ!!!!!
ボドゲでもゴリラをモチーフにしたものが増えていますが・・・
キテるのかゴリラブーム!?



IMG_3685.JPG

カミカラ
ギミックが面白い、からくりペーパークラフトを制作されています。
最新作は型抜きされており、作りやすくなっていました。
今回はいくつか購入できました。



IMG_3687.JPG

Bappy
ハリネズミをモチーフにしたミニチュア雑貨を制作されています。
樹脂粘土で作られているそうですが、
ブログを見ると凄まじい数です・・・ここにも手作り阿修羅道がwww



IMG_3725.JPG

IMG_3726.JPG

ゆほぴか
ペットのミニチュアを制作されています。
なんと3Dプリンタで彩色まで出来るそうです。
ボドゲの駒なんかも対応可能とのことでした!!



IMG_3744.JPG

はが いちょう
精巧なドールハウスを制作されている作家さん。
作品の前はカメラを構えたギャラリーで溢れていました。
教室もやっているようなので、興味ある方はぜひ!!



IMG_3752.JPG


ひょうたんを使ったランプを制作されています。
なんと栽培から加工まで行っているそうです。
いい雰囲気ですね。



IMG_3778.JPG

Lynxtail
フェルトを使ったこけしを制作されています。
画像では分かりませんが、みつしりとフェルトが詰まってます!!
作るのかなり大変なはずです・・・^^



IMG_3772.JPG

IMG_3773.JPG

三幸
アクリル専門の加工工場がパーツの詰め放題をやっていました!
テストプレイやコンポーネントに使えそうなものがありましたよ^^。
撮影許可を取ったら、なぜか社長がドヤ顔で・・・せっかくなので1枚w



IMG_3774.jpg

淡くない羊毛。
独特なセンス溢れるアクセサリーや小物を制作しています。
いやもうスゴイです・・・動物たちの目が死んでますwwww




IMG_3779.JPG

リサ・ラーソンの作品が好きならおすすめの、
デフォルメされた動物の置物を制作されています。
名刺をいただいたはずなのですが・・・名前が分かりません。
知っている方がいたら教えてプリーズ!!



IMG_3783.JPG

Isopresso
バルーンアートを制作されています。
なんと接着剤などは一切使用していないそうです。
作品はだいたい2日でしぼんでしまうとのこと^^




IMG_3787.JPG

ヤマセ製陶所
デザフェスの面白いところは、こういった生活雑貨もあることですね。
とろろ好きとしては、こちらのすり鉢はかなり惹かれました。
やっぱ買っておくべきだったか・・・。




IMG_3792.JPG

月本せいじ
かなり精巧なポップアップカードを制作されています。
展示されていた球体のカードは展開すると、かっちりロックされる優れもの。
設計段階でしっかりとデザインするのがトラブル回避のコツだそうです。




IMG_3799.JPG

kokechi
群馬のこけし制作者がはじめたブランドです。
じつはうちのかみさんが大ファン。
三省堂なんかでも取り扱いがあるので、見かけることもあるのでは?




IMG_3807.JPG

折り紙の進工房
折り紙オブジェを制作されています。
ワンフェスなどにも出展されていますが、変態的なクオリティです(褒め言葉
以前に設計図を購入したことがありますが、難易度高すぎて挫折しましたw




IMG_3826.JPG

sakurai ayako
LINEスタンプなどを描かれている作家さんのようです。
床に寝そべりながら、猫まみれになるのは、
ひとつの理想の死に方ですね(ぇ



IMG_3829.JPG

音波屋
グロテスクでエロティックな野菜を作らせたら
右に出るものはいないという作家さんです。
この世界観でボドゲ作って欲しいですね!!




まだね、写真がいっぱいあるの・・・orz


いやもう会場をまわるだけで1日終わっちゃうイベントです。
今回は造形物を中心にまとめてみました。

まだまだ紹介したい出展者がいっぱいあるので、
取りまとめが終わったら公開しますね。
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ボドゲーマに登録! [-コラム]

top.jpg

現在、6000個以上のボードゲームが登録されているコミュニティサイト『ボドゲーマ』。

海外には、ボードゲームの情報発信地として、
boardgamegeekというサイトが有名ですが、
言語が英語なのでちょっと敷居が高いと思っていました。

ようやく日本語で気軽に検索できるコミュニティサイトが登場しました!!
春のゲームマーケットの新作も続々登録されていますね。

ボドゲーマ


 
 
 

login.jpg

こちらのサイトでは、未登録でも情報を閲覧できますが、
twitterやFacebookのアカウントを使って、ログインすることができ、
サイト内でレビューや掲示板への書き込みが可能になるだけではなく、
自分の所有するボードゲームのリストアップや、投稿に対する反応を確認できるようになります。

 
 
 
image3.jpg

マイページのトップには登録者のランクがあり、たまご→新入り→戦士など、
書き込みなどの貢献度によってランクアップするのは面白いですね。

 
 
 
サイトの一番下に小さく掲載されているので、ちょっと見逃しがちですが、
もちろん、未登録のボードゲームの追加登録もできます。

『幻影探偵団』はすでに運営者により登録済みでしたが、
画像や、タグなども追加可能です。

image1.jpg
image2.jpg

登録されたボードゲームの情報だけではなく、
画像、レビュー、戦略やコツ、プレイ説明といった項目があり、
ユーザーが書き込めるようになっています。

作者本人が書き込むべきか悩みましたが、問題ないようなので、
こちらのBLOGで公開している情報なども、転載していこうかと考えています。

残念ながら基本データや、ゲームタイプといった情報は、
登録時に設定されてしますと、現在は更新できないようです。
このあたりは今後の修正を待ちたいところです。

まだ寂しい感じですが、機会があれば『幻影探偵団』のページに遊びにきてやってください!!

ボドゲーマ『幻影探偵団』のページ
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | - -コラム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。