So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
・出展おぼえがき ブログトップ
前の10件 | -

サークルカット備忘録 [・出展おぼえがき]

ゲームマーケットに出展する際に、
必ず制作するのがカタログに掲載するサークルカットです。

ありがたいことに、ハッピーゲームズはサークルカットを褒めていただくことが多いので、
今回は制作する上で注意している点などを備忘録としてまとめていきます。



ca951113sat.jpg

2018秋向けのサークルカットです。
今回は試験的にQRコードを掲載してみました。

個人的にはQRコードはあまり使わないのですが、
iPhoneのカメラでも自動読み取りが可能になり、
最近需要が増えてきているように思われます。

ありがたいことに、ネットを検索すれば、
無料でJPGやEPSでQRコードを作れるサイトが複数あるので手軽に試せます。

QRコード無料制作『QRのススメ』


とはいえ、いくつか注意したい点もあります。


IMG_4021.jpg

過去のカタログをみると、10mm角のQRコードを多く見かけますが、
iPhoneのカメラだと読み取れないケースがありました。

専用アプリを使用すれば、ほぼ確実に読み取れますが、
暗い場所や、レイアウトによっては難しいケースもありそうですね。

QRコードを使用する場合は、下記の点を注意するといいでしょう。

・QRコードのサイズを変更したサークルカットをつくり、プリントしてみる。

・プリントしたものが読み込めるかチェックしてみる。

・実際のカタログは紙が薄いため、裏の印刷が透けてくる。
 影響が出てもいいように大き目が安全。

・QRコードは読込先のURLが短い方がシンプルになる。できるだけ整理したい。




QRコードのサイズ変更を、めんどくさがる方もいるかもしれませんが、
ハッピーゲームズではサークルカットを制作する際、
かならず複数のデザインを制作しています。



CUT1.jpg

こちらは前作『グラギャモン』のサークルカットです。



同じ素材を使っていますが、レイアウトや文字配置、背景色で、
これだけ違いが出てきます。

サークルカットを作る際に気をつけているのは下記の点でしょうか。



・サークルカットに記載したい内容は、事前に書き出しておき、ヌケのないよう注意したい。

・キャッチコピー、世界観、イラストなど、目立たせたい順番を決めておきたい。

・細かい文字の場合、明朝系のフォントを避ける。

・奇抜でPOPなフォントを使う場合、文字内容がきちんと読めるか確認する。

・ゴシック系の太い書体を使った場合、文字がツブレないか確認する。

・サークルカットはモノクロ掲載。カラーで制作して最後にモノクロ変換しただけだと、コントラストがぼやけた残念な仕上がりになる。モノクロでの見栄えを注意したい。

・サークルカットの入稿形態はJPG。イラストレーターなどで制作したモノクロデータをJPG変換にすると、BL100%にしていた部分でも、若干薄くなることがあるので注意したい。

・カラーの画像データは、できればモノクロになることを考慮して、個別にコントラストなどを調整したい。面倒でも、これをやるだけで見た目が大きく変わる。






こうした注意点を考慮しながら作ったサークルカットは、
かならず原寸でプリントアウトして、どのように見えるのかを確認しましょう。

プリントアウトしてみると、思わぬミスが見つかったり、
モニターとの違いに驚くことも多々あります。

CUT2.jpg

こちらは『幻影探偵団』のサークルカット。
時間に余裕があれば、プリントアウトしたものをカットして、
過去のゲムマカタログにレイアウトしてみるといいでしょう。

文字量が多い、白地が多い、イラストがメインなどなど、さまざまなサークルカットがあります。

自分がつくったサークルカットがどのように見えるかよくわかります。



IMG_4022.jpg

カタログを拡大してみました。

このように紙は薄く、裏の記事が若干透けてきます。

こうしたことも考慮しながら、目立つサークルカットを作っていきたいですね。
 
 



また思い出すことがあれば追記していきます。

参考になれば幸いです。
 

nice!(0)  コメント(0) 

会場に用意したいもの 2018版 [・出展おぼえがき]

IMG_6744.jpg

ゲームマーケットまで、あと2日になりました。
かれこれ7回目の出展となります。
そろそろ慣れてもいいのでしょうが、
この時期になると、何か忘れていないかと焦ってきますね。

初出展の時に、他のサークルさんからアドバイスいただいたことをまとめてみましたが、
もう一度、ゲムマ当日に用意しておきたいものを整理していたいと思います。


出展に慣れた方なら当たり前だろ?っと思われるかもしれませんが、
確認の意味も込めて、チェックしていきましょう。

抜けている項目があれば、教えてくださいね^^










■おつり
まずはこれ!!絶対に用意しましょう!!!!
出展の規模によって用意する額は変わると思いますが、
やはり3万円ぐらいは用意しておきたいですね。

小銭が必要な場合は、きっちり整理できるようにしたいです。
100均にいけば、そういったグッズがあるので、一度チェックしてみましょう。

イベント開始時に幾ら用意したのか、終了時に幾らになったのか、
ちゃんと確認できるようにしたいですね。

くれぐれも自分の買い物の代金を、売り上げから使うようなことのないようにしましょう!
覚えていたつもりでも、マジでわけわからなくなるから!!!!



DcRSpm4VAAET6oe.jpg-large.jpeg

■出展確認カード&出展者証
ゲームマーケット会場に入場するには出展者証が必要です。
また、決められた時間までに出展確認カードを提出しなければなりません。
できれば事前に記入しておくといいでしょう。
絶対に忘れないよう注意しましょう〜!!



■予約表
取り置き予約をやっているなら絶対に忘れないようにしましょう!!
できれば2部用意して、1部は在庫と一緒に送っちゃえ!!!!
テーブルに置かなくても書き込みできるように、
クリップホルダーなども用意したいですね。

余裕があれば、あいうえお順、予約番号順など、
検索しやすいように整理できると当日混乱しません。



■領収書
出展した際に、領収書が欲しいという要望をいただきました。
それほど件数は多くないとは思いますが、用意しておくと良いでしょう。

後日メールで送るという方法もあるようですね、うちもこちらを採用します。



■電卓
複数の商品を扱ったり、釣り銭が発生する場合は、用意したほうがいいですね。
最近はタブレットで売り上げをチェックできるものもあるようです。



■ボーチなど
売上金などは、きっちり管理しておけるように、ポーチやセカンドバックを用意したいです。
気になる場合は、ガギ付きのものがいいですね。
事故のないよう、なるべく身体から離さないでおけるようにしましょう!!



■ガムテープ・両面テープ
あまり粘着力の強くないものが好ましいです。
ブースの飾り付けは1日限り。
撤収のときにはがれなかったり、
ミスしたときに直しやすい、低粘着のものが使いやすいですね。



■キャリー
ぱみゅぱみゅではなくw
当日納品の在庫や設営道具などを運搬するときに、
キャリーがあるとすごく便利です。
旅行用のケース型もいいですが、
会場でのダンボール搬送を考えると、
折りたたみ式のL字型のものが好ましいですね。



IMG_4800.JPG

■ビニール袋
商品を入れてお渡しするときに使います。
薄手のもので問題ないので、やはり用意した方がいいでしょう。
また、会場ででたゴミを入れたり、荷物の小分けもできるので便利です。
ダイソーでA5サイズが入るものが、90枚入りで108円でした。
(袋いらないという方も増えてきているので、在庫数ほど必要ないかも)



■ウェットティッシュ
薄手のビニール袋に商品を入れようとしても、
きれいに袋が開いてくれないことがありますよねw
そんなときはウェットティッシュで指先を湿らせればOK!!
間食した際の汚れなんかもふき取れるのであると便利です。



■筆記用具
マジック、ボールペン、シャープペンなど数種類あると便利です。



■カッター
会場についてから、なにかしら作業をすることを想定して、
不要とだと思っても、持っていた方が良さそうです。
念のためカッターマットも持ち込みましたが、そちらは使いませんでした。



■ホワイトボード
販売物のお品書きや、『あと在庫5個です!!』などの告知はもちろん、
トイレ休憩、試遊の告知などの案内を表示することができて便利です。
小さいものでも問題ないので、1枚用意するといいでしょう。
あ、専用のマーカーを持ち込むことをお忘れなく^^



IMG_4770.JPG

■ダンボール、厚紙、メモ用紙など
ブースの飾り付けが破損したり、修正したい時のために、
少量でも持ち込んだ方が良いと経験者の方から教えてもらいました。



IMG_4806.jpg

■スタンドなど
商品を縦置きしたり、告知物を配置したり、
ブースの飾り付けをするときに便利です。
こちらもダイソーなどで購入できるので、複数あってもOKです。



■商品サンプル
ブースはけして広いとはいえませんが、
開封した商品サンプルを展示しておくと良いでしょう。
どのようなコンポーネントなのか、
また、ゲームの内容を訊かれた時に、サンプルがあると説明しやすいです。



■飲食物
ノンアルコールでお願いします(飲酒はNGだそうです....ちぇ)。
うちは2リットルの水を用意しています。
ブース内は軽食OKです。
固形物は臭いの強いものはさけ、手軽に食べれるものがいいですね。
おにぎりの場合、焼きたらこだと、すぐに飲み込めないので要注意!(経験者談



■健康飲料
レッドブルとか、ゼナとかいろいろありますが、
元気を前借りするだけなので、切れるとガクっと疲れがきます。
とはいえ、出だしのテンションアップに1本注入したい時もありますね。
くれぐれも合法的なものだけにしておいてください^^



■飴ちゃん
ゲームの説明や、試遊卓でのインストなど、のどを使うことが多くなります。
自分の気に入っているものを用意して、労るようにしたいですね。

また、試遊卓で遊んでくれた方にプレゼントすると大変喜ばれます。
用意しておくと高感度アップですよ〜♪



IMG_6745.jpg

■敷物
一般ブースは90cm×45cmのサイズのテーブルです。
なにか敷くものを用意した方がいいでしょう。
個人的には柄の入っていないものの方が商品が引き立つと思いますが、
事前にバランスを考えて、気に入ったものを用意したいですね。

出展前にどういうレイアウトにするのか、
どちらの方からお客さんが流れてくるのかチェックしておくといいでしょう。






なくてもいいけど、あるとベストなもの



■iPadなどのタブレット
導入しているブースを多く見かけました。
インストや告知要素などを動画で伝えられると、理解も早く見栄えもいいです。
内容を事前にニコ動やyoutubeなどで公開していると、
認知度も上がるので、持っているなら活用したいですね。
ここ数年で、売り上げを管理するために導入される方も多くなりました。




IMG_6720.jpg

IMG_2053-36490.jpg

■POP&チラシ、ポスターなど
やはり無料の配布物や、立体のPOPなどがあると、
ブースが華やかになるので、出来れば用意したいところです。

最近はプリントパックなど、低価格で制作できるところも増えてきました。
無理のない範囲で検討してみましょう。




■待機列、完売札など
開幕直後、当日販売分に参加者が殺到しそうな出展者は、
『最後尾はコチラ!』などの待機列対応用のプレートがあると便利ですね。
早々に完売したら、『完売御礼!』などを掲示できるとやっぱり嬉しいものです。




IMG_7124.JPG

■名刺
イベント用にサークル名やペンネームなどが書かれた名刺があると、
交流の幅がひろがります。
簡単なものでいいので、用意した方がいいですね。
メアドとブログのアドレスなど、情報も必要最小限で問題ありません。




■グッズ
缶バッチやポストカード、マグカップなど。
最近ではゲームのキャラやロゴを使ったグッズを製作されるサークルさんも増えましたね。
有名なイラストレーターを起用している場合など、
グラフィックに自信のあるならチャレンジしてみたいですね。
制作者同士の交流会などでプレゼントするケースもあるみたいなので、
余裕があればぜひ!!




■宅配の元払い伝票
イベント終了後に、残った在庫を発送するための伝票を
事前に用意しておくと楽ですね。
そのまま打ち上げに行くにも、なるべく身軽な方が、ゆっくり飲めますし、
酔っ払ってどこかに置いてきてしまうという惨事も防げますからね^^。
まぁ、完売してすっきりできるのが一番なんですが(真顔



■コスプレしたお姉さん
・・・だ、だれかお願いできませんか????(真顔

これは冗談にしても、ブースを盛り上げるためにコスプレしてるサークルさん増えましたね!
ってか、かなり気合いが入っているところも、いくつか見かけます。





そのほか




■当日の服装
ブースのスペースはかなり狭いので、なるべくかさばらない服装で行くのがいいでしょう。
以前にライダースのジャケットを着て参加したことがあるのですが、
会場内は暑くなるので、邪魔になりましたね。




■写真を撮っておく
後でどうだったか確認するために、なるべく写真を残すようにしておきましょう。
ブースの設営はもちろんのこと、
何を持ち込んだかも撮影しておくと、忘れ物がなくなるかも?^^




■前日までに全部用意しておく!!!!
当日の朝にやればいいやという発想は危険です。
できれば前日の遅くない時間までに、すべての用意を終わらせましょう。
足りないものがあれが、買い出しにいける時間だといいですね。

2015秋の出展では当日の朝に、持ち込み分をキャリーカートに積み込んだところ、
固定用のゴム紐が切れて慌てることになりました。
梱包を解いて、カッターやらガムテで応急処置をしたものの、
玄関にそれらを忘れるという大失態がありました・・・orz




■家族へのフォロー
家庭やパートナーがいる場合、
ゲムマに集中しすぎると、関係が気まずくなることも。
全部終わってからでかまわないので、
いつも支えてもらっている感謝の気持ちを込めて、
なにかプレゼントできるのいいですね。

...あ、興味のない相手にボドゲ贈るのは逆効果だからね?
...念のために(経験者談




■前日までに確認しておくこと
ゲームマーケットは入場開始と、それ以降で出入り口が変更になります。
ポスターやPOPを用意する場合は、それぞれの時間帯に合わせ、
向きを変更する方がいいでしょうね。

また、ご近所に面識のある出展者があるか、待機列が伸びそうな出展者があるかなど、
自分のブースのまわりの情報も把握できるとBESTです。
あ、あとトイレの位置も重要ですよ!!!!!マジで!マジで!!


ここ数回のゲームマーケットの様子をまとめた動画もあります。
どういう雰囲気なのか再チェックしてみるのもいいですね。

ゲームマーケット2016秋の様子

ゲームマーケット2017春の様子



よろしければ、参考にしてみてください。
 
 
 
 

グラギャモンのグッズ製作 [・出展おぼえがき]

今回の出展ではちょっと変わったグッズをいくつか制作したのでご紹介。

まぁ、あれだ....悪ノリしすぎて、自分の首をだいぶ締める結果になりましたが、
楽しめたので良しとしましょう。




■名刺

IMG_1937.jpg

ハッピーゲームズの名刺は、販売したゲームに絡めて使えるように工夫をしているのですが、
今回はポイントマッチ用のマーカーになっています。

ゲームマーケットで販売したグラギャモンには、
すべて同梱しているので機会があれば断裁して使用してください。




■ミニグラギャモン

IMG_1943.jpg

ハッピーゲームズの名刺についてtwitterで告知したところ、
『名刺サイズの遊べるグラギャモンがあればいいのに』という挑戦をいただき、
その場の勢いで作ることになりましたw

印刷ズレを考慮して、ドランクカードは両面貼り合わせにする仕様です。
『浅草時代のゲムマ出展作』をイメージしながら制作を進めています。


IMG_1960.jpg

コマはすべてビーズにしています。
かなり小さなコマなので、遊ぶ際は楊枝やマチ針が必須ですね^^。

もちろん仕分けもすっごく大変でした・・・orz


IMG_1958.jpg

IMG_1984.jpg

5mmサイズのクリアダイズも入手できたので、かなりのクオリティだと思います。

ありがたいことにtwitterでの反応も上々で、
ここだけの話、商品にしちゃおうかと思ったことも・・・w

とはいえ、通常のグラギャモンの予約受付も終わっていた時期だったので、
出展の混乱も考慮して、ボドゲ制作者やお世話になった方へのご挨拶用にすることになりました。




・・・ところが、ゲムマを数日後に控えたある日。



北のレーザー職人こと、Cygnusさんから『板(送付書にそう書かれていた)』が届くwwww




IMG_2024.jpg

中身はなんと、名刺サイズのダイスタワーです!!!!


IMG_2026.jpg

名刺2枚分のパーツはマスキングテープを剥がすと、きれいに抜けますね。さすがです!!


IMG_2030.jpg

説明書はありませんでしたが、バシッと組み上がりました。
通常のグラギャモンの12mmダイスはもちろん、
ミニグラギャモンの5mmダイスでも見事に転がります。


IMG_2031.jpg

ジップ袋にもぴったりと収まりましたよ。
恐るべし!Cygnus社驚異の技術力〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!
もうこのダイスタワー製品化しましょうよ、まじで。


IMG_2032.jpg

最終的にはダイスタワー付き20個、ダイスタワーなし10個を生産しましたが、
すべて配布してしまいました。

自分用に残しておけばよかったかとも思いましたが、
イベントが盛り上がれば大成功なので良しとします^^




DQIuhR-UEAAMRj_.jpg

後日、YOMIDIVERの霞さんから、
配布したミニグラギャモンをドールと撮影していただきました。


DQWFI9VW0AAvnwG.jpg

こちらは堀場工房さんがコマをカスタムしたものですね。
楽しんでいただけているようでなによりです^^。








■巨大グラギャモン

IMG_2061.jpg

もともとはブースの装飾として発注したA1サイズの布製ポスターです。
最近、即売会の掲示物や、グッズとしてよく見かけますね。


IMG_1786.jpg

サイズは通常版の4倍あるので、ならべると迫力があります。
材質はスエードという薄手の布地なので、発色やニジミなどに違いが出ていますが、
この大きさなら気になりませんね。

事前にtwitterでアンケートを取ったところ、
この布製ポスターだけでも欲しいという希望者が、かなりいらっしゃったのは驚きです。




IMG_1845.jpg

体験会でポーカーチップをコマに使えば、遜色なくプレイできることが確認できたので、
ゲームマーケットでも『巨大グラギャモン』として試遊することにしました。

試合で使われるLサイズのバックギャモンボートと
同じくらいの大きさなので確かに遊びやすいですね。


IMG_1906.jpg

ただ、ポーカーチップをそのまま使うのでは芸がないので、
急遽アクリルのパーツを取り寄せ、カスタムすることにしました。


IMG_1917.jpg

IMG_1908.jpg

まぁ、やってみるとこれが大変で、溶剤を使ってシールを剥がすのですが、
制作時期にバラつきがあるのか、接着方法が違ったり、
剥がすとエラーになっているチップが見つかり、
32枚のコマを用意するだけで、げんなりするレベル。

もっと強い溶剤も用意できたのですが、材質への影響を考慮して断念。
正直、もうやりたくないっす。


IMG_2017.jpg

ダイスも大型化して、25mmのものを用意していたのですが、
ダイスとしてはかなり重量があり、事前にテストした際に、
ガラス容器を割ってしまうアクシデントが発生しました!!

急遽、ひとまわり小さいサイズのダイスを用意しましたが、
それでもかなりの重さです。


IMG_2018.jpg

そこで、厚手のビールジョッキをダイストレイにすることになりました。
通常版はショットグラスなので、お酒つながりで相性がいいですね〜。


IMG_2043.jpg

IMG_2044.jpg

こちらもミニグラギャモン同様
『浅草時代のゲムマ出展作』をイメージしたパッケージになっています。


IMG_2075.jpg

ゲムマ当日の試遊も好評でした!
会場でもかなり目立つようで、プレイ中はギャラリーが集まります。


IMG_2078.jpg

twitterで呼びかけたところ、購入希望者が複数名いたのでダイスを使った抽選会を開催。
一般の方が当選されました。




今回の出展ではチラシなどの配布物は作りませんでしたが、
余剰分の説明書などを使い、十分対応できました。


会場ではグラギャモンのイラストを使ったTシャツや
パーカーが欲しいという声もいただきましたが、
需要はあるんでしょうか????


他の出展者がやっていないアピール方法をやってみるのも面白いかもしれません。

まぁ、何倍も手間がかかりますが、楽しめる範囲でやってみましょう!!!!(自己責任で
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

出展ブースあれこれ [・出展おぼえがき]

今回はひさびさに出展おぼえがきとして、
ブースの設営について書いておこうかと思います。


ゲームマーケットの参加者増大に比例して、
出展ブースの飾り付けも派手になってきました。

ハッピーゲームズの過去の記録や、動画レポートを見るとわかりますが、
予算を使って工夫しているブースの方が確実に目立っていますね。


ハッピーゲームズはお金をかけずに目立たせることに定評がありますが(どこに、
今回はちょっと奮発してバージョンアップしてみました。




IMG_2051.jpg

飾り付け用の部材は、ほとんど在庫といっしょにダンボールで送っています。
(発送する前に、何を送ったか写真を撮って記録しておこう)


とはいえ、事前にどのようなかたちでブースを設営するのか、
事前に計算しておかないと、限られた時間内に完成しません。

きちんと計画的に設営することをおすすめします。



IMG_2045.jpg

当日分の荷物として、ポスター展示用の一脚や、
前日体験会でも使用した布ポスターなど。
キャリーに乗せてなるべく身体に負担がないようにしています。

試合が始まる前にスタミナ切れじゃ笑えません^^



IMG_2052.jpg

いつもはワンオペで作業していますが、今回は優秀なサポートが入りましたので、
いつもよりはるかに作業が進められました。

複数人で設営をする際も、事前にレイアウトを決めていたいと、
作業がスムーズに進まないので、やっぱ段取りは大切ですね。


それでも、出展者入場時間が遅れたり、
シャッターが開いているため、急な突風が発生するなど、
イレギュラーなトラブルも発生するので気を抜かないようにしたいです!!






IMG_2053.jpg

設営が終わった状態です。
向かって右方向から一般参加者が来ることを想定した配置になっています。

『グラギャモン』を積み重ねたタワーは当日分の50個になります。
最上段にPOPを配置して、参加者の目線にあわせてしています。



IMG_2056.jpg

下部のモールにはダイソーで購入したLEDライトが点滅しているのでそれなりに目立ちます。
クリスマスシーズンだけかもしれませんが、買い占めたいですw
電池やUSB接続のバッテリーで長時間点燈するのでおすすめですね。



IMG_2061.jpg

いつもならテーブル下部に大きくいれている、
ブース番号とサークル名はバックヤードに配置した布ポスターの上に掲示しました。
やっぱり『高さ』は重要ですね。
当日かなり目立っていたようで、たくさんの方から褒められました。

今回、布ポスターをA1ヨコサイズで制作しましたが、
単体だとそれほど目立ちません。

A0タテ、もしくはA0タテの2連装がいいですね。
もちろん予算はかかりますが、かなりアピール力がありますよ。



IMG_2064.jpg

少し離れた通路から撮影した画像です。
ゲームマーケットでは大勢の方が行き来するので、
テーブル下の告知というのは、かなり大きな文字じゃないと認識されません。
すこし下品に思えるレイアウトも実際の会場ではちょうどよくなります。



IMG_2059.jpg

ブースの前に立つとこんな感じ。
参加者の目線で撮影した画像です。

実際の商品を展開したものがあると、興味を持ってもらえるし、
どんなゲームなのかを説明するのも楽ですね。
名刺などの配布物や、価格を表示したものもあるとベストです。

表示物のサイズはテーブルの上のレイアウトを考慮して、
調整した方がいいですね。
なるべくなら商品を引き立てるようにしたいところです。



IMG_2058.jpg

ちなみに出展側から見るとこんな感じ。
今回はお釣りを出しやすいように硬貨をテーブルに配置していますね。
画像にはありませんが、左側には在庫のダンボールと梱包用のビニール袋が置かれています。


失敗した点をいくつか。

手の油分がなくなり、梱包用のビニールが開けませんwwwww
余裕があればウェットティッシュ用意したいですね。
途中から、グラギャモンとビニール袋を別々に渡していました。

もうひとつ。在庫の管理です。
今回、大きなダンボールで搬入したこともあり、仕分けが不完全でした。

・当日分
・予約分
・出展者向け予約分(取り置き時間が長い)
・お世話になった方への贈呈分
・トラブル用の予備

いつもなら、わかるようにしておくのですが、
なんとかなるだろうという慢心から、当日分以外を一緒にしてしまいました。

大きなトラブルはありませんでしたが、とっさの動きが鈍りますね。

バックヤードもきちんと整理しておくといいでしょう。
ダンボールやペットボトルなどが雑然としていると、みすぼらしくなります。
開場までにすっきり整理しておきたいところです。





告知物もいくつか用意しています。


IMG_2076.jpg

完売した時用の札やカードは用意しておくと、
予約キャンセル分の告知もできるのでおすすめです。
・・・完売しなかった時のことは、考えないようにするのが前提ですがw



IMG_2069.jpg

試遊スペースには、『写真撮影OK』の表示や、『試遊でシールプレゼント』など、
一般参加者が興味を持ってもらえそうなものをレイアウトしています。

プリントしたものを用意しておくと説明しなくていいし、一般参加者も楽ですね。


今回はチラシは用意せず、興味のある方には、余剰分の説明書をプレゼントしています。
本来はブース番号なんかが入ったものの方が良いのでしょうが、
自分自身が一般参加した際に、それほどチラシを活用しないので、今回は作らずに進めてみました。

複数の作品を販売しているブースは、あった方がいいと思いますが、
新作オンリーだとどれくらい需要あるんでしょうね????気になるところです。




IMG_2073.jpg

今回チャレンジしたことに、イベント用の巨大グラギャモンがあります。

ブースの飾り付けとして制作した布製のポスターを
そのままゲーム盤に転用して、
グラギャモンを遊んでもらうという試みです。

そのままでは試遊卓に載らないので、
スチロール製のパネルを下に配置しています。

ショットグラスをビールジョッキに変更したり、
コマをポーカーチップでカスタム加工するなど、手間がかかりましたが、
通常の4倍のサイズということもあり、
twitterなどでも、とても話題になりました。

エッセンなどの海外のイベントでは当たり前のようですが、
ゲームマーケットではまだ巨大版は少ないので目立ちますよ!!!!




今後のゲームマーケットでも使えそうな情報なので、
思い出すことがあれば追記しますね。

未来の俺と、他の出展者の参考になれば幸いです^^
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 

取り置き予約おぼえがき [・出展おぼえがき]

久々の出展ということもあり、過去のブログの記事を読みながら、
これまでのアレコレを少しずつ思い返しております。

当日までの段取りで重要なものに、『取り置き予約』があります。


予約フォームの作り方は、過去の出展おぼえがきに記録がありました。
昔の俺えらい!!でかした!!!!

取り置き応募フォームの作り方



専用のフォームを作成したり、手動で返信したり、
サークルによって対応は様々ですが、
いくつか思い出したことを箇条書きで残しておきます。



・取り置き予約対応は、やった方がいいかというと絶対やった方がいい。
 開幕直後の混乱は減らせるし、会場への持ち込み数の目安にもなる。

・ゲームマーケットのカタログ販売までに予約の準備をしておきたい。

・場合によっては、1人あたりの予約個数制限が必要かも。

・ゲームマケットでの取り置き数は、新作ならば生産数の半分を用意したい。
 予約状況によって需要があるなら、2/3までは予約にまわしてもいいかも。

・最近出展した方の情報では、予約はイマイチだけど当日の動きが良かったり、
 予約に勢いがあったのに当日はさっぱりだったという話も聞く。

・取り置き予約のフォームを作るときは、予約番号を用意するのを忘れずに。

・引き取り時、『合言葉』は対応が割と面倒。

・本名だけではなく、ニックネームでも登録できるようにしよう。
 難しすぎて読めない名前で登録されることもあるので、
 気になるなら読み方を入れる項目を追加したい。

・取り置き予約フォームにコメント欄を用意すると、励ましの言葉をもらえて嬉しいゾ!!

・今回は土日開催なので、くれぐれも曜日を間違えないよう注意文を入れたい!

・予約フォームを作る場合は、早めに動作テストをしてトラブルのないように。

・予約は開始日、カタログ発売日後、締め切り間際に入りやすい。

・別のサークルさんですが、寝ている間に予定数を超えて予約が入り、
 当日分がほとんどなくなったというケースもあるので注意したい。

・取り置き予約の引き取り締め切りは14時前後が多いかな?
 出展者向けの引き取り時間延長サービスがあると喜ばれる。コメント欄にひとこともらおう。




・当日は予約表を最低2部用意したい。1部は事前に商品と一緒に発送しちゃおう。
 チェック用の筆記用具も忘れずに。

・予約表はテーブルに置くスペースがないので、百均などでクリップファイルなどを用意したい。

・当日は混乱して、予約者も番号を忘れることもあるけど、
 予約画面を見せてもらうなどして臨機応変な対応を忘れずに。

・トラブル、ミスの対応用にストックを1〜2個用意したい。
 引き取り締め切り過ぎた後に、キャンセル分とあわせて放出すれば問題ない。

・超有名人の名前で予約してくる方がいるが、本人じゃなくてもガッカリしないw

・当日は予約分と、それ以外の在庫をきっちり分けておくと混乱しない。

・当日は自分も含めてスタッフは2人いた方が便利。予約確認と金銭管理は別の方が混乱しない。

・予約の引き渡しの際、ご挨拶をいただくことがあるが、
 ネットのやりとりだけだとアイコンないとわからないこともある。

・待機列ができていると、きちんとご挨拶できないこともある。こればっかりは仕方がない。

・取り置き予約のキャンセル分は毎回3〜5個かならずでる。

・取り置きしてても、普通に買いにきちゃう方もいる。
 『ご予約ありますか?』と声をかけるなど対応したい。

・キャンセル分の販売のタイミングは事前に決めておきたい。
 情報をtwitterなどに流すと、気になる方がチェックしている。ありがたいね!

・自分が取り置き予約をしていることを忘れずに、隙を見てちゃんと買いに行こうw




思い出すことがあれば、少しずつ追加していきます^^。

 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 

東京ボードゲームコレクション2017に行ってきた。 [・出展おぼえがき]

8月13日に開催された『東京ボードゲームコレクション』に一般参加してきました。

前回の浅草橋から移転して、
今回は浅草にある東京都立産業貿易センター台東館での開催となりました。

今回の会場は、ビックサイト以前にゲームマーケットの会場だったので、
古くから参加されている方には懐かしい場所ですね。

今回は撮影をメインにせず、試遊やボドゲ制作者の方々と近況報告などをメインにしていたので、
動画はダイジェストになっています。

実は面白いネタや、コメントもいただいていたのですが、
予想以上に音質が悪く、今回はお蔵入りさせていただきました。
(ビックサイトと比べると、天井が低い分、スピーカーからの音が反射するようです)

短い映像ですが、当日の様子をお楽しみください。

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg


東京ボードゲームコレクション2017

↑動画を観たい方は上の文字をクリックしてください。




イベントに参加された皆さん、お疲れさまでした。

10月にもボードゲームオータムフェスタという新しいイベントが開催されるようです。
今後の情報に期待したいですね!!

ボードゲームオータムフェスタ

 
 
nice!(0)  コメント(0) 

ゲームマーケット2017春 動画撮影備忘録 [・出展おぼえがき]


ゲームマーケットのイベント動画、ありがたいことに好評のようです。
前回の備忘録を参考に撮影しましたが、まだまだ課題点がありそうですね。

すでにゲームマーケットjから1ヶ月になりますが、
思い出せることを備忘録として記録していきたいと思います。



・新しい客層が増えたからか、撮影に対する抵抗が減ってきた印象。
 試遊卓でも顔出しOKをいただけるケースが増えてきた。

・女性層や、子供連れの参加者が増えた。

・TV局等の撮影クルーが増えた。入場の様子を撮影していたところ、
 カメラ前を割り込まれたのはムカつく。次回はケリを入れようか。

・最近は安定性の良い一脚が流行っているらしい。混み合うイベントでは便利そう。

・今回も『ハコオンナ』でおなじみのEJIN研究所のエジンさんと
 『グラデュエーション・フォトレコーズ!』を制作されたTRI Fol:um-Repens-のみやびさんの協力で、
 設営中の様子を含め撮影することができた。

・指向性のステレオマイクを使用して撮影しているが、次回はモノラルのズームマイクを試したい。
 臨場感はイマイチだが、声はきっちり拾ってくれそう。

・今回の会場は2ホールぶち抜きなので撮影しやすかった。
 全体を見通せる構図だが、中央付近のキッズ向けのブースは、こどもコーナーなどに紛れて分かりにくかった。

・コメントをもらう際、いくつか話しやすい内容を提案できたのでスムーズに対応してもらえた。
 1.今回の出展物、自分のサークルについてのアピール
 2.ゲムマに出展してみての感想
 3.コミケやデザフェスなど、他のイベントと比べた感想
 4.ゲムマ後の活動について

・面倒でも登録して『取材』の腕章をもらったほうが撮影交渉は楽になる。

・以前に比べ、予算をかけてブースの飾り付けをするサークルが増えた。
 揃いのユニフォームなども含め、動画で記録する意義のあるものがあるのはありがたい。

・今回は事前チェックしたサークルを回ることができたが、タイミングが悪く撮影できないところもいくつか。
 とはいえ、当日の接客が一番大切なので、そちらが優先されるべき。

・ボドゲ販売以外のイベント要素が増えたが、動画で撮影することができた。これは大きい。

・入場者の顔がわからないよう速めのパンにしているが、もう少しゆっくりでいい。

・混雑した会場を撮影する場合、ほんとうは広角レンズがあると便利。
 最近のビデオカメラは低価格のものでも広角装備らしい。

・今回は早めのタイミングで待機列が屋外に移動したこともあり、ほとんど取れなかったのが残念だ。

・サポートしてもらえるアシスタントが欲しい。ひとりでまわるのけっこう大変。

・撮影不可ときいていたライトニングトークが撮影できたが、後日公式でも動画公開されているので、
 そういった情報は早めにいただけるとうれしい。






思い出せることがあれば、追加していきます。


次回のゲームマーケットは2日開催となります。
ハッピーゲームズもどういうかたちになるかわかりませんが、参加したいですね。

ゲームマーケット2017春 会場動画レポート! [・出展おぼえがき]

5月14日に東京ビックサイトで開催されたゲームマーケット2017春。

今回も出展しないこともあり、
またまたゲームマーケットを動画撮影してきました。


開幕前の各サークルの設営準備、東1・2ホールで開催された会場の様子、
そして、世界的ゲームデザイナーのプレゼンなど見所満載です。


GM_1.jpg

GM_2.jpg

GM_3.jpg

GM_4.jpg

GM_5.jpg

GM_6.jpg

GM_7.jpg


GM_9.jpg

GM_10.jpg

GM_11.jpg

GM_12.jpg

GM_13.jpg

GM_14.jpg

GM_15.jpg

GM_16.jpg



かなりのボリュームになりましたので、6つの動画に分けました。
youtubeにアップロードした動画は再生リストにまとめているので連続再生できます。
お時間のある方は一気にご覧ください。


なお音声はステレオ録音されていますので、
ヘッドフォンを使うと会場にいるような臨場感を楽しめますよ!







GM_17.jpg


それでは、下記のリンクからご覧ください!


ゲームマーケット2017春 会場レポート


収録に協力していただいた方々のリストです。



週刊ファミ通
KITERETSU
フリーキーデザイン
ケンビル
YAMATO GAMES
AHC
luck movies
重大工房
ノスゲム
OKAZU brand
嘴広卿
39芸夢
758ボードゲーム会
緋色の兎亭
Power9Games
デコクトデザイン
猫将棋バトルゲーム
ワンドロー
妄想工作所
カンブリアゲーム
戦闘破壊学園ダンゲロス
NSGクリエイト
INKc's Board Games


こどもゲームコーナー
どうぶつしょうぎと仲間たち
しゅぴ〜る遊園地
ボードゲームライトニングトーク
リアル謎解きゲームマーケット
TRPGフレッシュフェス
LARP戦闘体験


浅草ボードゲームフリーマーケット
ジャイアントホビー
賽苑
久遠堂
ナインブレイク
ピグフォン
OTOKOMAE GAMES
四等星
するめデイズ
マーチヘアゲームス
Talosil GAMES
TagamiGames
双天至尊堂
よだかのレコード
さとーふぁみりあ
熊熊飯店
EJIN研究所
ちゃがちゃがゲームズ
マジック:ザ・ギャザリング
かーにばる
Little Clip
さといも牧場
さいころグラス
コロコロ堂
DIY卓屋
盤上遊戯製作所(びーじーえむ)
FUJI GAME FACTORY
ゲームNOWA
BOARDGAME.LAB!DDT
イエローサブマリン
ゲームマーケット事務局 刈谷圭司


中村 誠
ほらボド! momi
宮野華也
Jon Power


アントワーヌ・ボザ



(登場順/敬称略)





当日は、『ハコオンナ』でおなじみのEJIN研究所と、
『グラデュエーション フォトレコーズ』のTRI Fol:um -Repens-の協力を得て、
設営中の会場を撮影することができました。

また、JONさんのコメントは、その場にいらっしゃったサイゴウさんにお願いしています。

リストにはありませんが、試遊卓やブースの撮影許可をいただいた出展者、
コメントをいただかなかなかった大勢の参加者にも感謝です!

ゲームマーケットに参加された皆さん、ありがとうございました!!
 



こうした動画が増え、少しでもボードゲームのイベントが盛り上がることを願います。 
 
 
 
なお、動画に不備があれば、お手数ですが下記のアドレスにご連絡ください。
お手数ですがよろしくお願い致します。

ryodrift@gmail.com
 
 

ゲームマーケット2016秋 動画撮影備忘録 [・出展おぼえがき]

ゲームマーケットを撮影したイベント動画、ありがたいことに評判も良く、
たくさんの方に楽しんでもらえているようです。

すでに年越してしまいましたが、
忘れないうちに幾つか撮影についての備忘録をつけておこうかと。

とりあえず思いつくことを箇条書きでダラダラやっていきます。



・撮影するかどうか決定したのが前日ゲーム会の会場だったこともありかなり準備不足。
 当日の電車の中で気になるサークルをようやくピックアップするという体たらく。

・当初は待機列にならんで一般参加のつもりだったが、
 『ハコオンナ』でおなじみのEJIN研究所のエジンさんのご好意でサークル枠で会場入りすることになった。

・待機列を含め、コメント取りはノンアポ。できれば事前に何人かに声がけしておくべきだろう。

・広い会場を撮影する場合、脚立があると便利。とはいえ搬入大変だよね。混雑時は邪魔になるし。

・指向性のマイクを使用しているおかげで、賑やかな会場でもコメントを拾うことができた。必需品です。

・混雑した会場を撮影する場合、ほんとうは広角レンズがあると便利。

・東7ホールは自分の位置を把握しづらく、何度か自分を間違えている。やはり事前準備大事。

・チェックしていたサークルもタイミング悪く、すべて回りきることはできなかった。
 また、会場をすべて回りきったつもりでも、企業サークルなどきちんと見れていなかったところも多々。

・ノンアポでコメントをもらう際、特に内容を決めなかったため、何を喋っていいか悩まれるケースもあった。
 次回は下記のようなアイデアを提案してみるのもアリかと思う。
 1.今回の出展物、自分のサークルについてのアピール
 2.ゲムマに出展してみての感想
 3.コミケやデザフェスなど、他のイベントと比べた感想
 4.ゲムマ後の活動について
 
・動画を撮影する際は、声がけしてから撮影しているが、
 一般参加者はもちろんサークルでもNGの場合がある。無理せず撮影することを心がけよう。

・面倒でも登録して『取材』の腕章をもらったほうが撮影交渉は楽になる。

・撮影段階でどういったコンセプトで撮影するか決めていなかったのが悔やまれる。

・動画なら見栄えがいいはずなのに、リアルRPG、リアル脱出、福引など、イベント系の撮影がきちんとできなかった。

・『ビックサイトの会場は撮影禁止です!!』とガードマンに叱られた。主催者OKもらっているのに????
 twitterでの情報だが、どうやら本来は本当にNGらしい。この辺の基準はちゃんと調べたい。

・バッテリーは2個用意しているが、待機列まで撮影するとギリギリ。

・サークルとは関係なく、タレント活動として参加している方もいる。

・面白そうだけど、あとあと問題になりそうなところは撮影しなかった。ちょっともったいなかったか。

・もう少しローアングルやフカンのカットを差し込みたい。

・無駄だと思っても、モブカットは多めに撮影したほうが会場の雰囲気は伝わる。できるだけロングで。

・モブシーンでは顔が判別しにくいように、短めのカットに編集する。

・公開用の動画として採用できないものでも、
 気になったものはできるだけ撮影して後日参考にできるようにするべき。





とりあえずこんな感じですが、思いついたら少しずつ追加していきます。

ゲームマーケット2016秋 会場動画レポート! [・出展おぼえがき]

12月11日に東京ビックサイトで開催されたゲームマーケット2016秋。

今回は出展しないこともあり、
ゲームマーケットを動画撮影してきました。


開幕前の待機列の様子からはじまり、各サークルの設営準備、
今回新設された2ホールで開催された会場の様子、
そして、ゲームマーケット大賞授賞式のダイジェスト!!


1.jpg

2.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

23.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg


それなりのボリュームになりましたので、4つの動画に分けました。
youtubeにアップロードした動画は再生リストにまとめているので連続再生できます。
お時間のある方は一気にご覧ください。


なお音声はステレオ録音されていますので、
ヘッドフォンを使うと会場にいるような臨場感を楽しめますよ!





それでは、下記のリンクからご覧ください!


GM2016.jpg

ゲームマーケット2016秋 会場動画レポート!





収録に協力していただいた方々のリストです。

■待機列のみなさん
■アル隊長
■ミスみすラジオ!

■するめデイズ
■AHC / 居眠りの街
■ワンドロー
■ガーデンゲームズ
■倦怠期
■マジック:ザ・ギャザリング
■バランスクズシ×ヴェルフェル
■Saashi & Saashi
■マーチヘアゲームス
■梟老堂
■Open Design Games
■かくちょーのさき
■ペンとサイコロ
■TOYCAPSL
■こっち屋
■ぐうのね -sounds good-
■Cygnus
■BakaFire Party
■モテゲー男子更衣室
■楠本舗
■ゆるあ~と
■蓑竹屋GAMES
■Scamount
■吉々庵
■新ボードゲーム党
■New Games Order
■カワサキファクトリー
Mogwai

■ゲームマーケット大賞授賞式
すまいる120円(『ビンジョー×コウジョー』すまいる120円工房)
楽々(『幽霊島の殺人』楽々亭)
林尚志(『横浜紳商伝』OKAZU brand)
dai&チカール(『たのめナイン』するめデイズ)
ぺけ(『ちんあなごっこ』高天原)
濱田隆史(『アニュビスの仮面』ギフトテンインダストリ)
審査員長 草場 純
ゲームマーケット事務局 刈谷圭司

■DEAR SPIELE
■アソビCafe
■Daydream
■ジャイアントホビー
■よだかのレコード
■遊学芸
■辺境紳士社交場
■新作ゲーム展示コーナー
■サザンクロスゲームズ
■オズプランニング
■river games
■ヤマズゲームス
■人狼ベース
■TAGAMI GAMES
■四等星
■こぐま工房
■蒼猫の巣 出張所
■リトルフューチャー
■バックギャモン協会
■EmperorS4 Game
■Moaideas Game Design
■BIGFUN 大玩卓遊
■カタンフリークス
■NINJAWORKS
■ヤマモトナオキ
■中村 誠
■こげこげ堂本舗
■ManifestDestiny
■OKAZU brand
■ヤポンブランド
■ほらボド!
■ミスボド
■ゲームマーケット事務局 刈谷圭司


当日は、『ハコオンナ』でおなじみのEJIN研究所の協力を得て、
設営中の会場を撮影することができました。

リストにはありませんが、試遊卓やブースの撮影許可をいただいた出展者、
コメントをいただかなかなかった大勢の参加者にも感謝です!

ゲームマーケットに参加された皆さん、ありがとうございました!!
 



こうした動画が増え、少しでもボードゲームのイベントの敷居が低くなることを願います。 
 
 
 
なお、動画に不備があれば、お手数ですが下記のアドレスにご連絡ください。
お手数ですがよろしくお願い致します。

ryodrift@gmail.com
 
 
前の10件 | - ・出展おぼえがき ブログトップ