So-net無料ブログ作成

〈新装改訂版〉の変更点 [■『幻影探偵団』]

COMimage.jpg

2014年にリリースされた『幻影探偵団』。
ありがたいことに初版から好評で、新設されたばかりのゲームマーケット大賞でも、第一次審査候補作にも選ばれています。とはいえ、作者としてはいくつか気になる点があり、どうにかできないものかと試行錯誤を繰り返してきました。
これまで再販のたびに、用語変更や、デザイン修正を行いましたが、今回の〈新装改訂版〉では、はじめてルールや、カードの構成を変更して、大掛かりな改訂作業を行っています。

ほとんどの部材にデザイン変更や仕様変更を行っていますが、今回はその一部をご紹介します。




ADimage_4.jpg

『影男』のストレス軽減
『幻影探偵団』では、ひとりだけ『影男』を団長に持つプレイヤーがいます。
他のプレイヤーとは違い、ウソをつかなくてはいけない、いわゆる『正体隠匿』な要素を担当するため、初プレイの方や、正体隠匿系のゲームが苦手な方には、ワンランク高いハードルになっていました。
〈新装改訂版〉では、旧版にあった『真相解明できなかった場合、2ポイント減点する』というペナルティをなくしています。
また、『影男』を担当しやすいように、宝石チップの上限や、アクションカードの仕様や構成も変更しています。




ADimage_8.jpg

宝石チップによる使用制限を撤廃
ゲーム中、捜査を有利に進める効果を持ったアクションカードが活躍します。
これまで『幻影探偵団』の感想として、『効果の強いアクションカードは制約が多く、使えなかった』という意見が寄せられていました。旧版では宝石チップの所持数によって、使用を制限されるルールがあったのです。
〈新装改訂版〉では、初期手札の配布方法を変更し、宝石チップによる使用制限を撤廃。
アクションカードを使うためのルールがシンプルに、遊びやすくなりました。





ADimage_6.jpg

アクションカードの構成変更

アクションカードはゲーム開始時に手札として3枚ずつランダムに配られていましたが、〈新装改訂版〉では4枚に変更され、早い段階から活躍する機会が増えることでしょう!
それぞれのカード枚数や、効果に変更がありますが、大きいものでは、影男の正体をズバリ言い当てる『狙撃』が廃止になりました。
また、YesNoカードで返答する『秘密』と、手番をパスする『歯車』が必ず配布されるので、ゲーム開始の段階で手詰まりになることがなくなりました。
これまで以上に、アクションカードをどのように使うか戦略を練りながら、推理を進めることになります。






ADimage_7.jpg

フレーバー要素の充実
戦前の探偵小説や、本格推理小説の世界観をモチーフにした『幻影探偵団』。
〈新装改訂版〉では、好評だったフレーバー要素を増やしました。
これまではイニシャルだけだった容疑者の本名。
探偵団メンバーのあだ名と、無残なる死因。
新たに描き下された髑髏王と、自動人形ドーラのイラスト。
増量された6種類のエンディングストーリー。
そして、ゲーム終了後に贈られる『称号』もバージョンアップしています!





URA.jpg
OMOTE.jpg

初プレイでも安心のサマリー
ルールの多いゲームをする場合、一度説明されただけでは、なかなか頭に入りにくいものです。
〈新装改訂版〉では、『推理シートのセットアップ』や、手番にやれることをまとめた『捜査の流れ』、『アクションカード一覧』など、A5サイズ両面にわかりやすくまとめられています。
もちろんサマリーはプレイ人数分用意されているので、ゆっくり確認しながら、ゲームを進められます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。