So-net無料ブログ作成

カスタマイズを工夫してみる [■ゲーム制作おぼえがき]

前回に引き続き、ボードゲーム制作に興味のある方にオススメな、
既存のゲームのカスタマイズです。

ゲームマーケットでは、良質な作品が価格を抑えるために、
簡易な装丁で発売されているケースがあります。

そうした場合、さらに面白くプレイするために、
足りない部分を自分なりに工夫してみるのも勉強になります。

今回はBrainBrainGamesの『ニワトリかラマか』で行ったカスタマイズをご紹介。




IMG_4860.jpg

『ニワトリかラマか』はオリジナルの紙幣を使ったペア戦の推理ゲームです。

説明書、紙幣、木製チップといったコンポーネントがあるものの化粧箱はありません。
また、筆記用具などを使うこともあり、収納できるケースが欲しくなります。

こちらはキャンドゥで購入した『バーリィコンテナ』。
半透明のケースは積み上げ収納できる仕様で、
フタはロックできる機構があるのでオススメです。

小規模のゲームなら大体収まると思います。

フタの部分はくぼみがあるので、
スキルがあるならオリジナルの表紙を作るのも楽しいですね。

同じBrainBrainGamesの『トリックと怪人』も同仕様の表紙を作ってみました。

ゲーム会などに持ち込むときは、未プレイの方も手に取りやすくなるので、
やはりケースがあるといいですね。




IMG_4850.jpg

『ニワトリかラマか』は紙幣を使ったゲームなので、
キャンドゥでお財布を購入してみました。



IMG_4851.jpg

小銭入れの部分に、他のコンポーネントも同梱できるのでオススメです。



IMG_4878.jpg

プレイ中に回答用紙を収納し、他のプレイヤーが確認できないようにしています。
見た目のインパクトだけでなく、遊びにも直結できればなお良しですね。




IMG_E4876.jpg

サマリーも制作してみました。

インストしやすいように、用語や遊び方を微調整していますが、
ゲームの根本に関わるところはそのままです。

プレイせずインストだけするケースも多いので、
プレイ人数分に加え、1枚多くプリントしています。



IMG_E4877.jpg

自分が気に入ったゲームであれば、アイデアがたくさん生まれてくると思います。

そういった経験の繰り返しが、ゲーム制作の楽しさにつながれば最高ですね!



今回作成したサマリーは、作者の齋藤さんに了承いただき、
無料ダウンロードできるようになりました。

『ニワトリかラマか』をお持ちの方は、ぜひお試しください!


『ニワトリかラマか』サマリー
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

サマリー制作のすすめ [■ゲーム制作おぼえがき]

ボードゲーム制作に興味のある方から、
『何から始めたらよいでしょう』というような質問されることがあります。

個人的にオススメしているのが、既存のゲームのカスタマイズです。
特にサマリー作りはたいへん勉強になります。



『サマリーとはなんぞや?』という方に補足しておくと、
ボードゲームのルールで重要なことをまとめ、
わかりやすく、理解してもらうための補助説明書だと思ってください。

はじめて遊ぶプレイヤーの理解を助けるものですが、
ゲームのルールのインストをするプレイヤーも、
スムーズな流れで、言い間違えや、誤認を減らすことができる、
たいへん便利なツールになっています。



サマリーを制作する際に気をつけている点をいくつかまとめてみました。


・インスト補助がメインなので、あまり複雑にしない

・難しい語句や、分かりにくい用語は、場合によっては言い換える

・文面はなるべく短くする

・複雑なものは表組みや、箇条書きでまとめる

・できれば画像を入れてわかりやすくする

・プレイ中に邪魔にならないように、できるだけコンパクトなサイズにする

・ゲームの勝利条件など、重要な要素は目立つように表記する

・文面だけではなく、サイズやデザインなども遊びやすく、盛りあがれる工夫を加える




IMG_4917.jpg

最近制作したのが、こちらのネスターゲームズ『火星の庭』用サマリーです。

プリントアウトしやすいように、A4片面にまとめています。
ギリギリのサイズなので、トンボはレイアウトしていません。



IMG_4918.jpg

ネスターゲームズの作品は、『土嚢』の愛称で呼ばれるように、
布製のケースに収められています。
それゆえ、サマリーも収納しやすいようにサイズ調整しています。


IMG_4919.jpg

『火星の庭』では、アクリル製の宇宙人コマを使用しますが、
誰がどのキャラを使用しているのかわかりにくいのが難点でした。
そこで用紙の余白を使って、担当している宇宙人キャラが判別できるように、
ちょっとした目印を作っています。


IMG_4968.jpg

今回の『火星の庭』用サマリーは、
セットアップ、プレイ中にできること、追加ルール、勝利条件で
それぞれ認識できるよう、地色を変えたり、ブロック分けしています。

ルールの要点をできるだけ少ない情報にまとめるのは、
ゲーム制作をする上で大変勉強になります。

また、他の制作者がどのような意図でルールをライティングしているのかも、
サマリー制作をしていれば伝わってきます。

こうした経験は、後日自分で説明書を作る際、参考になりますね。



IMG_E4967.jpg

ちなみに『火星の庭』用サマリーは、作者のネスター氏にも気に入ってもらい、
BGGで無料ダウンロードできるようになりました。

興味のある方は、こちらからダウンロードしてください。
参考になれば幸いです。

 
『火星の庭』用サマリーシート
 
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

おもしろき こともなき世を おもしろく [--制作ノート]

スムーズに進んだゲーム制作とは逆に、
時間をおきつつもグダグダと続けている制作ノートですw

やはり勢いというのは大切ですね。
何度か書き直しつつ、ようやく最終回になります^^。



ありがたいことに『500円ゲーム』として制作したZIXZA(ジグザ)は、
手に取りやすい価格ということもあり、たくさんの方に遊ばれています。

制作コストも低く、多くの方に楽しんでもらえるのだからいいことばかり・・・

・・・のはずなんですが、難しいと感じる点もあります。

かなりの部数を完売しても、大きな売上的にはならず、
地方へ出展した場合、出展料を含めた経費を捻出するのは大変。
もし、『500円ゲーム』専門で継続的に出展するなら、工夫が必要でしょうね。

とはいえ、これまで手間のかかる作品が多かったので、新しい経験ができました。
制作アイデアの引き出しは多い方がいいですからね。



次回のゲームマーケット2019春では、新しく『三桁ゲーム』というカテゴリができ、
安価でライト層にも遊びやすいゲームが増えてくるでしょう。

『三桁ゲーム』というカテゴリは、制作コストが低いこともあり、
腕試しやジャストアイデアの具現化としては面白いと思います。
ひょっとしたら、これまでの既成概念にとらわれない、
新しいナニカがポンと飛び出してくるかもしれませんね。

個人的には、ボードゲーム制作を《楽しめる》きっかけになることを願っています。



はやいもので、ゲームマーケット大阪も終わり、
気がつけばゲームマーケット2019春の開催が近づいてきました。

平成もいよいよ終わります。



ものづくりをする楽しさを忘れずに、制作を続けたいものです。

 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。