So-net無料ブログ作成

ときには勢いに任せて [--制作ノート]





最近、ボドゲ関連の炎上案件が多くなり、
こうした記録を残すことが面倒くさくなってきましたが、
何かの役に立つこともありそうなので、制作ノートを再開いたします。

あくまで個人の視点として語られる『制作ノート』です。

少し間が空きましたが、お付き合いください。




IMG_4366.jpg


熟成を取るか、勢いを取るか


予想外に制作が進むということは、当然ありがたいことです。

うまくいかないことの方が、圧倒的に多いのですから^^。

とはいえ、タイミングが悪いなぁ。という場合もあります。



『ZIXZA(ジグザ)』のルールとグラフィックデザインは、一定のレベルに到達したものの、ゲームマーケットまで、1ヶ月弱となっていました。

限られた条件で完成させて、ゲームマーケット秋に間に合わせるのか。
それとも、今回は見送り、納得できる状態で次回のゲームマーケットに出展するのか。

うまくいかないことに比べれば贅沢な悩みですが、制作者としては迷うところです。


このタイミングで、ある方から『出来上がったゲームをそのままにして、半年間モチベーションを保てますか?』という助言をいただき、この作品に限っては熟成を待つより、今の勢いを優先した方がいいと判断しました。

決断の理由は特にないのですが、とにかく『ZIXZA(ジグザ)』は勢いのある作品でした。

もちろんケースバイですが、時間をかければいいものができるとは限らないものです。
場合によっては、勢いが重要になります。

そうと決まれば、1ヶ月弱のあいだにできることをやっていきましょう。





IMG_4446.jpg


よりコンパクトな作品に


きちんとした化粧箱を用意したボードゲームをリリースするには、正直このスケジュールは難しい。
ましてや、年末に向けて、本業も忙しくなるので、無理も出来ません。

そこで、コンポーネントを絞り、低価格でアイデア勝負をする『500円ゲーム枠』でチャレンジすることに。

2012年からボードゲーム制作をやっていますが、『500円ゲーム枠』は生産コスト的なハードルは低いものの、クオリティを維持するのはなかなか難しいジャンルです。
今回の『ZIXZA(ジグザ)』がちょうどいいタイプの作品でしたが、これまで個人的には手の出しずらいジャンルでした。

これまでにチャレンジした方からは、『難しい』という感想もうかがっていました。
納得できるコンポーネントとルールを、低価格に収めるというのは、かなり努力が必要ですよね。


『ZIXZA(ジグザ)』は企画の段階から小規模な作品になるよう調整されていましたが、『500円ゲーム枠』に収めるため、プレイに必要なダイスは別途用意してもらうことにしました。

盤面はポストカードのサイズに収めることにしました。
表面をゲーム盤、裏面をルール説明書にして、よりコンパクトなものにまとめます。
素材はできる範囲で最善のものを用意しました。
傷や汚れに対応できるように両面PPでコーティング。角丸にしつつも、できるだけ厚くて丈夫な紙を選んでいます。



564060495.324165.jpg

また、ゲームマーケット持ち込み分は、アルミ蒸着のビニール袋に封入しました。
これはバルクPC部品の梱包をイメージしたものですが、雰囲気も良く豪華に見えるので、作品テーマに合えばおすすめしたいですね。
ゲームマーケットではジップ袋が多く使われますが、パッケージにした場合、どうしても見栄えが悪くなります。






A1.jpg


文字量をしぼりこむ


企画段階からシンプルなルールを目指していた『ZIXZA(ジグザ)』ですが、実際にルールを文字起こししてみると、例外処理や補足などで、どんどん文字量が増えていきます。がんばって文字量を減らしましたが、ポストカードサイズにまとめるにはだいぶ苦労しました。


IMG_4659.jpg

ストレスなく読む文字量としては、ギリギリでしょうか。
プレイ中は盤面の裏側になるため、ケイタイで撮影した画像でも確認しやすいよう、文字組を調整しています。

プレイ経験のない方を含め、多くの方にルール読みをしていただき、少ない文字数でも、誤認しないように調整しています。それでも分かり難いものはアイコンや枠組みを加えて、限られたスペースにレイアウトしてみましたがいかがでしょう。

今回はどうにかなりましたが、伝わり難いルールがある場合は、思い切ってルール自体を変えた方が、スムーズにいくこともありそうですね。




IMG_8664.jpg


フレーバー要素を楽しむ


アブストラクト系のゲームの場合、最低限のルールだけが記載されてることが多いです。
でも、ハッピーゲームズ作品の場合、フレーバー要素も大事な要素です。

試作の段階では『不要では?』と言われることも多かった、少しチープで懐かしい80年代サイバーパンクな設定や、ストーリーを全体の1/3を使って、どうにか落とし込みました。

ありがたいことに、この世界観が予想以上に好評で、当時のSF作品の愛好家や、それを知らない世代の方々にも気に入ってもらえたようです。ディックやギブスンの小説は20代の頃に読み漁りましたが、最近のSF作品のトレンドはさっぱりわかりません。機会があればチャレンジしたいところですが、感覚がついていけるかなぁ。まず活字を追えるかどうか・・・w


IMG_4226.jpg

制作のタイミングで見に行った『ムー 40周年記念展』の影響が、いい具合に作用したようです。
展示自体はそれほどボリュームがなく、ちょっとがっかりしましたが、謎のパワーは補充できたようですね。
未来人設定や、ガード側のシンボルはそのオマージュです。
お遊びで入れた『チアキ・J・ハスヤ』という名称も、『幻影探偵団』を遊んだ方にはニヤリとしてもらえたようですね。



IMG_5349.jpg

下書きやアイデア出しはしていたものの、今回はキャラクターなどのイラスト要素は盛り込めませんでした。
その分、レイアウトや文字組に遊びを加えています。
完成したデザインをみると不要に思えるので、これで正解だったのでしょう。


IMG_E4450.jpg

裏面左下の文面は自分でも大変気に入っています。
今のところ、この解除不能なコンピュータウイルスは現代で確認されていません。
今後の観測していきたいですね。



少し時間をおいて制作ノートの続きを書きましたが、
『ZIXZA(ジグザ)』は勢いのある作品だと再確認できました。
いつもこの調子でゲームが作れればいいのですが^^。

さて、制作ノートも次で最後になりそうです。

今度はあまり日を空けずに書きたいと思います。


つづく
 
 
  

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。