So-net無料ブログ作成

お蔵入りからの再スタート [・制作ノート]

ゲームマーケットから2週間。

少部数制作の『傾国-KEIKOKU-』も遊んでいただけているようで、
twitterなどで、面白かったという感想をただいております。
ありがとうございます。




『傾国-KEIKOKU-』はもともと、ある商品の特典用に制作したカードゲームでした。

しかし、評判は良かったものの、コストの問題でボツとなり、
お蔵入りしてしまったゲームなのです。

ありがたいことに、そのときの担当さんから、
「リファインして出展してみては?」という言葉をいただき、
試行錯誤をしながら、ここまでやってきた次第です。


当初のプロトタイプは低コストを目指していたこともあり、
キャラカード6枚×2、チップ6枚×2のみの仕様。
ルールは特典用ということもあり、
現在のものに比べると悩みどころの少ないものでした。

プロトタイプで使用していたイラストなどは当然使えません。

システムのみを再利用して新しいゲームを作る。
それなら自分の好きなものを詰め込もう!!

はじめは本当に出展するつもりもなく、
半分気晴らしのつもりでデザインを進めていましたが、
ゲームの舞台を古代中国に変更したあたりから、
すこしずつスイッチが入ってきました。


実際に形になってきたのは、
プロトタイプがボツになってから半年以上過ぎた今年の5月ごろ。



どうせやるならボードを作りたい!!
まず最初にはじめたのはボードのデザインでした。

1192850_1687945845_169large.jpg

最初期のボードのデザインです。
カードのサイズは小さく、花札サイズのものを想定しています。

当時は『愚王寵姫』という仮タイトル。
ルールはプロトタイプのまま、デザインのリニューアルのみ進めていました。

全体のデザインはバックギャモンのボードを意識し、
フリーの素材集やテクスチャーを画像合成して制作しています。




しかし、その後の作業が進まなくなります。

キャラカードのイラストをどうするか、
まったく考えていなかったからです(笑)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。