So-net無料ブログ作成

ゲームづくりの道具とか、お店とか。 [・手づくり講座]

ゲームマーケット当日、『傾国-KEIKOKU-』を見た方から、
本当に手作りなのかというご質問を何度かいただきました。

ありがとうございます。
きれいに仕上がっているでしょうか。

なるべく個体差が出ないように注意しましたが、
やはり多少の粗が出ていると思います。

レーザープリンターを使用しているので、
通常のオフセット印刷に比べれば耐久性もありますが、
PPやニスがけをしていませんので、
気になる場合はカードスリーブなどを使用していただけると助かります。




来ていただいたお客様のなかに、
自分でもボードゲームを作りたいという方がいらっしゃいました。

使用した道具の一部を紹介しますので、参考になれば良いのですが。




IMG_3375.jpg

キャラカードは角丸処理をしています。
使用したのはサンスターの『角丸くんPRO』。

SMLの3種類のサイズの角丸処理を施せる優れものですが、
注意したいのはカードサイズのものの場合、使用するのはSの3mm。

これが機械のセンターではなく右側にあるため、
思ったより力が必要で、手が痛くなります。

それと、厚い紙だと刃が通らないこともあるので、
かならずテストをしてから制作に入るようにしてください。




IMG_3380.jpg

円形チップはみなさんご存知の萬印堂さんの25mm白地チップを使用しています。
これにプリントしたものを貼り込みました。


IMG_3381.jpg

スプレーのりは使用せず、ピットのりで十分対応できます。
個人的には塗った部分が色で分かる、トンボの『消えいろPIT G』がおすすめ。


IMG_3377.jpg

プリントのくりぬきにはNTカッターから出ている『円切りカッター』を使用。
こちらの商品、フレームが白のものとクリアな物がありますが、
耐久性は落ちるものの、やはりクリアの方が使いやすいですね。

ただ、この円切りカッターを使うには慣れが必要で、
最初はかなり失敗すると思います。


IMG_3379.jpg

コツとしては、カッターの刃をあまり長くしないことと、
力まず滑らかに使うことなのですが、
こればっかりは実際に使ってみないとわからないかも。



それと25mmのチップに貼り込むには、ジャストサイズにカットするのではなく、
ちょっと大きめに作る方が良いでしょう。

円形チップを真横からみると分かるのですが、実はほんの少し台形になっています。

白地の紙も覆える方が良いので、
『傾国-KEIKOKU-』では26mmにくりぬきました。

貼り込んで余った部分は、フェルトにこするようにして整えると、
きれいに仕上げることができますよ。




大きな四つ折りボードだけは、スプレーのりを使用しました。
やはりフラットな面を仕上げるには、この方法が一番です。

IMG_3217.jpg

スプレーのりには、いくつか種類があります。
紙部材を仕上げるなら、この77番が扱いやすいでしょう。
多少の貼り直しがききます。

ただ、以前にもお伝えしましたが、スプレーのりを使用する時は、
なるべく屋外で作業をするか、ダンボールなどで飛び散らないようにしてください。

身体に悪いものだし、一度付着すると落とすのにすっごく苦労します!!!!
女性の場合は髪の毛に注意してくださいね。



ボードなどの台紙は東急ハンズや画材店などでも購入できますが、
折り目の入った特殊仕様のものになると、
やはり萬印堂さんに問い合わせるのが早いですね。
在庫がない場合もありますが確実です。

厚紙や工具に関しては、世界堂から購入しました。
美術系の学校に通った方はご存知だと思いますが、
ポイントカードなしで定価の20%OFFで購入することができます!

残念ながら、角丸くんの取り扱いはありませんが、
たいていのものを揃えることができます。




とりあえず市販のトランプなども活用して、
自分だけのテスト版をつくるだけでも楽しいですよ。

時間はかかるとは思いますが、ぜひ一度チャレンジしてください^^。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。