So-net無料ブログ作成

大逆転はあるのか!? [・Q&A]

今回はゲーム会などでテストプレイをしているときに、
よくいただく質問をご紹介いたします。




Q.ロングゲームで15ポイントからスタートされて、逆転できるのか?




A.厳しい勝負ですが可能です!

基本、ここからの逆転は難しいです。
だがしかし、それこそが『傾国-KEIKOKU-』の醍醐味でもあります!


IMG_3324.JPG

ロングゲームとは、通常の1ゲームを1ラウンドとし、
複数のゲームを続けてプレイする『傾国-KEIKOKU-』本来のゲームモードです。

ラウンドの勝者は次のラウンドから、
軍隊ゴマのスタート位置を変更することができます。

ロングゲームは15ポイントの位置からスタートしたゲームで、
都(21ポイント)に到達したプレイヤーの勝利。

15ポイントからでは、わずか6ポイントで都(21ポイント)到達されてしまいます!!






この状況から、どんなゲームが展開されるのか。

実際にプレイした画像で説明しましょう。


左から1ターンとなり、青がプレイヤーA、赤がプレイヤーBの場合。
プレイヤーAは15ポイントスタート、プレイヤーBが0からのスタート。
プレイヤーAが1ターン先手、プレイヤーBが勅令チップを所持。

IMG_3323.JPG

KIFU2.jpg


今回、お互いの潜伏者カードは弱いものが選ばれています(ゲーム中は伏せています)。

この場合、有利な状況のプレイヤーAは勝負を早く決めようとして、
暴君、酷妃、傾国のうち1枚を選ぶことが多いようです。

実際、この時もプレイヤーAは酷妃をセット。

回避することも可能ですが、後手のプレイヤーBは勝負に出ます。

同じく酷妃をセットして引き分け。

その後は互いに強いカードを出し合い、勅令チップを持つプレイヤーBが勝利します。


勝負を焦ったプレイヤーAが、手札を読まれた典型的なパターン。
勅令チップの効力が発揮された例ですね。




この後は、青のスタート位置を5ポイントに戻し、
流れをつかんだ赤のプレイヤーBが連勝して大逆転!!!!
みごとロングゲームの勝者となりました。


そんな劇的な展開を一度は体験したいですね!








おまけとして、潜伏者カードに強いカードを選ばれたために、
逃げにまわったプレイヤーAが負けたパターンもご紹介。


左から1ターンとなり、青がプレイヤーA、赤がプレイヤーBの場合。
プレイヤーAは15ポイントスタート、プレイヤーBが0からのスタート。
プレイヤーAが1ターン先手、プレイヤーBが勅令チップを所持。

IMG_3326.JPG



『傾国-KEIKOKU-』はシンプルなルールですが、
複雑な心理戦が楽しめるゲームです。

どんな展開が待ち受けているか、
実際にあなた自身の目でお確かめください!!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。