So-net無料ブログ作成

残りカードと勅令チップ [・Q&A]

昨日いただいた質問に関連して、
5ターン以降の残り札が同じだった場合の例を紹介します。

『5ターン以降の逆転勝ち!』




実際にプレイした画像で説明しましょう。


左から1ターンとなり、青がプレイヤーA、赤がプレイヤーBの場合です。

IMG_3305.JPG

KIFU2.jpg


4ターンまでにお互い14ポイントずつ取り、潜伏者カードも使った展開です。

こうなるとお互い残りの手札がバレてしまいます。

青・・・暴君、愚将

赤・・・傾国、愚将

この場合、5ターンの勝負だけではなく、残り札のことも考慮しましょう。
出し方によって勝敗が変わってしまいます。



注目の5ターン。

先手のプレイヤーBは傾国を出すか、愚将を出すか悩むところです。




今回のケースでは、傾国で勝利して5ポイント取りましたが、
それでも合計19ポイントで、城(21ポイント)まで届きません。

いよいよ残り札同士の勝負になりますが、お互いの手札は愚将。

引き分けとなり勅令チップをもつプレイヤーBの勝利となります。

プレイヤーBが勅令チップを温存し勝利しましたが、きわどい勝負でしたね。




勅令チップは引き分けの時にのみ効力を発揮し、使用したプレイヤーの勝利となります。

通常のキャラカード対戦では、引き分け以外の場合は所有権が対戦者に移ってしまうため、
使用するかどうかはプレイヤーの判断に委ねられますが、
残りカードが引き分けだった場合は、
その時点で勅令チップを持っているプレイヤーの勝利となります。




勅令チップはとても強い効力を持っています。
使わなくても相手にプレッシャーを与えることができ、
展開次第ではブラフとして活躍することもあります。

上手に使って相手を翻弄したいですね。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。