So-net無料ブログ作成

5ターン以降の逆転勝ち! [・Q&A]

『傾国-KEIKOKU-』のマニュアルを読まれた方からの
ご意見・ご質問に回答させていただきます。



Q. 5ターン目に引き分けるなどして21点に届かなかった場合。例えばプレイヤーAが20点取って残りが「腐儒」、プレイヤーBが0点で残りが「暴君」であれば、対戦で1勝もできず全く進軍できなかったにも関わらずプレイヤーBの勝ちになるという事で処理は合っていますか?常識的な感覚に反する判定なので念のため。



A.上記の展開の場合、プレイヤーBの勝利となります。

なぜそうなるか説明いたします。

IMG_3298.jpg

進軍チップは1〜6まで1枚ずつあり、
その数字の合計は・・・1+2+3+4+5+6=21で、
城(21ポイント)までの距離と同じになります。


IMG_3303.JPG

それゆえ、5ターン終了後に残ったキャラカードの強い方が、
残りの進軍チップを使い、かならず勝者となります。

選択肢のない6ターン目のキャラカード対戦だと
考えていただいた方が分かりやすいでしょうか。





実際にプレイした画像で説明しましょう。


左から1ターンとなり、青がAプレイヤー、赤がBプレイヤーの場合です。
(本来は5ターン目に勅令チップを使う展開ですが、今回は無視してください)

IMG_3295.jpg

KIFU1.jpg


3ターンまでは青が勝利して、合計20ポイント先取します。

しかし、その後は潜伏カードを含め引き分けが続きます。

そして、残りカードで赤が勝利して、
それまで引き分けで溜まっていたポイントを含め、一気に22ポイント獲得します!!

笑いが止まらなくなるほどの大逆転です。

負けた青のプレイヤーは心が折れたでしょうね^^。



このように5ターンまで1勝もしていない赤の勝利となりました。


いかがでしょうか。


『傾国-KEIKOKU-』は展開によって、
残りカードも考慮したきびしい勝負になります。



つねにプレイヤーの読みと度胸が試されるのです。





もうひとつ例題として、
後日、残りカードが引き分けだったときのパターンも紹介します。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。