So-net無料ブログ作成
-拡張ルール ブログトップ

拡張ルールの遊び方 [-拡張ルール]


CHjkt.jpg

拡張ルール『猟奇耽異-キュリオシティ・ハンティング』は、
『幻影探偵団』に登場する12人の容疑者に個性を与え、
さらに複雑な推理を楽しむための上級ルールです。

通常よりインストに時間をかけますが、初めてプレイする方にも指針ができると好評です。


IMG_0567.JPG


■猟奇耽異とは!?

『猟奇耽異』は、作家・佐藤春夫が海外の推理小説を翻訳した際に、
英語の“curiosity hunting”を訳した言葉です。
現在では『猟奇』という言葉が一人歩きし、別の意味で使われるようになってしまいました。

『奇を猟り、異に耽(ふけ)る』。

まさにボードゲーマーにふさわしい言葉かもしれませんね!

『幻影探偵団』は、二つの意味を持つ“猟奇”にふさわしい作品になるよう、
試行錯誤を繰り返したゲームですが、今回の拡張で完成されたという実感があります。



HAGAKI.jpg

拡張ルール『猟奇耽異-キュリオシティ・ハンティング』は、
通常の『幻影探偵団』のコンポーネントに加え、
ポストカードサイズのサマリーを各プレイヤーに配布するだけで楽しむことができます。

サマリーの表面は、拡張ルールでの変更点と、ゲームの進め方がまとめられており、
裏面はそれぞれの容疑者の特殊能力が一覧表になっています。


今回は拡張ルールが、どのように遊ばれるのか紹介したいと思います。





■容疑者カードを配る

IMG_1848.JPG

〈影男〉以外の12枚の容疑者カードをシャッフルし、
その中から1枚選んで〈髑髏王カード〉にし、


IMG_1849.JPG

その後、〈影男〉の容疑者カードを加え、
それぞれのプレイヤーに配るまでは通常ルールと同じですが、
拡張ルールでは、ゲーム開始前に配れた容疑者カードの役割を変更できます(影男以外)。




■それぞれの特種能力

IMG_1850.JPG

今回配られた容疑者カードを見てみましょう。

拡張ルールでは、容疑者カードに特種能力がつき、
団長、団員になることで、それぞれ違った効果が発揮されます。


IMG_1854.JPG

特種能力一覧を見ながら、それぞれの容疑に、どんな能力があるのか比べてみましょう。

特種能力には、宝石チップを複数もらい、髑髏王に〈殺害〉されることで効果を発揮するものと、
『真相解明』が宣言されるまで〈生存〉することで効果が発揮されるものがあります。

自分のプレイスタイルに合わせ、時にはブラフになることを考えながら、
どの組み合わせで自分の探偵団を編成するか、考えどころです。


IMG_1856.JPG

今回は、こんな編成にしてみました。
それぞれの能力を見てみましょう。


団長:『宝石商』【蒐集】
【殺害】 宝石チップを5枚以上集めても0Pにならず、3P加算
手札のアクションカードを使えない

団員1:『美少年』【機略】
【殺害】 手札のアクションカード[防]を『歯車』として使える

団員2:『女優』【名演技】
【生存】 女優の正体を外したプレイヤー1人につき、1P加算
女優の正体をすべてのプレイヤーに当てられた場合、1P減点


『宝石商』と『美少年』の能力を上手く活かせば、
宝石チップでポイントを稼ぎ、強力なアクションカードを使えるパワープレイが可能になります。
また、『女優』の正体を隠すことができれば、さらなる高得点が狙えますね。

とはいえ、露骨なプレイをすれば、他のプレイヤーに警戒され、
探偵団の編成がバレてしまうので注意したいところです。



■編成で変わる戦略

IMG_1851.JPG

容疑者カードの組み合わせは様々ですが、
編成によって、ポイントを稼ぎやすくなるものもあります。


IMG_1857.JPG


団長:『軍人』【検閲】
【生存】 上限枚数を超えて捨てた、自分の手札のアクションカード1枚につき、1P加算

団員1:『柔術家』【相討ち】
【殺害】 【殺害】 捨て札置き場にアクションカードがある場合、一番上の1枚をもらう

団員2:『占い師』【霊感】
【生存】 男性容疑者の正体をすべて当てた場合、1P加算
外した場合、1P減点


『軍人』の特種能力は、アクションカードが上限枚数を超えなければなりません。
通常のプレイではなかなか難しい展開ですが、
『柔術家』や『詩人』の特種能力を上手く使えば、アクションカードが一気に増えます。

また、『宝石商』や『男爵』など、宝石チップを集めたい容疑者カードを持ったプレイヤーが、
『軍人』を団長にしているふりをすることもあるので油断できませんね。



■影男の活躍!!
 
IMG_1861.JPG

これまでは記号に過ぎなかった容疑者カードですが、
特種能力が加わったことで、影男の使い方も変わってきます。

『宝石商』『歌姫』『男爵』といった〈殺害〉されることで
効果が発揮される容疑者になりすますことができれば、
他のプレイヤーは警戒することもあるでしょう。

また、『女優』になりすませば、その正体を巡って、
他のプレイヤーを翻弄することもあるでしょう。

なりすます相手次第で、これまで以上に面白い展開が期待されます!!

通常ルールと違い、『真相解明』を宣言できなくても、
2P減点されくなったのも大きな利点です。



■大逆転もありえる!?

〈生存〉の効果は『推理披露』後のポイント計算時に効果を発揮します。

それぞれの特種能力でポイントの加算、減点がなされ、
予想もしなかった大逆転がおこることもあるでしょう。

しかし、『幻影探偵団』の基本は捜査によって得られた情報を分析し、推理することです!!
これに勝る勝利の近道はないでしょう。

今回の拡張ルールで加わった特種能力の効果は、推理するための要素にもなっています。

拡張ルールは、初めての方にはルールが複雑になり、混乱する事もあるでしょうが、
『幻影探偵団』の世界観を十二分に楽しんでもらえる仕上がりになっています。ぜひお試しください!
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

拡張ルール公開中! [-拡張ルール]


拡張ルール『猟奇耽異-キュリオシティ・ハンティング-』を公開いたします。

β版で先行公開していましたが、たくさんのご意見をいただきながら、
さらなるテストプレイを繰り返し、ようやく完成いたしました。
ご意見いただいた皆さん、テストプレイに参加していただいた皆さん、
本当にありがとうございました!!

ポストカードサイズのサマリー4枚組。

多くのご要望いただき、角マル仕様になりましたッ!!!!

ルール内容と、特殊能力一覧が書かれたサマリーを追加するだけで、
今まで以上の推理を楽しんでいただけます。



現在、ゲームマーケットでの取り置き予約を開始していますが、
『幻影探偵団』の購入者特典としてお付けいたします。
すでに『幻影探偵団』をお持ちの方で、印刷したものが欲しい方には、
200円でご用意いたします。


omote1026+.jpg


ura1026.jpg


ご意見等は、コメント欄、twitter、DMなど、お気軽に。

引き続き『幻影探偵団』とハッピーゲームズをよろしくお願いいたします!!
 


追記■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
早速、質問いただきました。ありがとうございます!
美少年、女優、歌姫、影男の文面修正。ルールの文面修正しました。(2015.10.13)
 
美少年、夫人の表記修正。詩人の団員能力修正しました。(2015.10.14)
 
容疑者の特殊能力を修正しました。ルールの文面修正しました。(2015.10.21)
 
軍人、宝石商の団員能力入れ替えました。(2015.10.23)
 
説明文の修正。プレイ人数、難易度に合わせた数値調整を加えました。(2015.10.25)
 
文言の微調整をして入稿しました。(2015.10.26)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
-拡張ルール ブログトップ