So-net無料ブログ作成
検索選択

第二版での修正点について [-仕様]

ようやく第二版の印刷物が揃いました!!

今回は嬉しさのあまり、久々に動画を撮影して解説してみたのですが、
編集してみると、思った以上に棒読みですね・・・orz

Podcastやってる方々のスゴさを実感しております^^。



2ndPV.jpg

幻影探偵団[ Phantom Detectives] 再版レビュー

クリックするとyoutubeに移動します!



大きな変更点としては2点。

■推理シートの改良

■アクションカードの改良

それぞれ初プレイでも遊びやすく、インストもしやすくなったと思います。

推理シートは、初版をお持ちの方も使える仕様になっていますので、
ぜひダウンロードしてお試しください。

新・推理シートのダウンロード


また、それに合わせマニュアルや、
シートフォルダーのアクションカード一覧も修正しています。

第二版用マニュアル



IMG_7123.jpg

ゲームマーケットで配布した髑髏王カードは、大変好評だったので、
今回は他のカードとサイズを合わせて(もちろん角マル仕様)ています!!

推理シートの枚数も増量しましたので、すぐにコピーしなくても、
しばらく遊んでもらえると思います^^




CASEset.jpg

初版からさらにグレードアップした第二版。

3月1日に開催されるゲームマーケット大阪では、
『ペンとサイコロ(A05)』様にて、『幻影探偵団』を10個委託販売させていただきます。
こちらは事前予約できませんので、ご了承ください。

ペンとサイコロ


また、それに合わせ、ショップ様での取り扱いも開始されることになりました。
それについては、また後日ご紹介させていただきます。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

どっちの推理シートがいいでSHOW!? [-仕様]

IMG_7103.JPG


『幻影探偵団』では、複雑な情報を整理するために推理シートを使用します。

かなり試行錯誤を繰り返したつもりでしたが、
ゲームマーケット後の試遊や、twitterなどで、色々なご意見をいただきました。

少しでも遊びやすさを向上させるために、再調整を検討しています。



課題は以下のとおり。

■髑髏王の正体を書く部分が右側なので、ゲーム中、髑髏王の存在まで忘れてしまう

■総得点の書き込みがしにくい

■ボーナスポイントの表記を入れて欲しい



この他にも、「用紙を大きくして欲しい」「覚え書きを大きくして欲しい」
「もっとテクスチャーを入れこんで、手帳っぽくカッコよくして欲しい」など、
様々なご意見をいただいていますが、パッケージに入れることや、
コピーして使うことも考えなければならないので、難しいところです。


現在、2案作成しているのですが、どちらが使いやすいでしょう?



【A案】

A.jpg

髑髏王の正体と、総得点の欄を左側に移動。
ボーナスポイントや、宝石チップのまとめを右側にレイアウトしてみました。



【B案】

B.jpg

A案をさらに改良したものです。
各探偵団の欄の天地幅を縮めています。
利点としては、枠を塗りつぶすサイズが小さくなることですが、
覚え書きのサイズも小さくなるのが難点です。

それと、B案はは髑髏王専用の推理表も加えたので、
正体が確定した容疑者を塗りつぶすことができます。




最終的には、実際に使ってみないと分かりませんが、
少しでも遊びやすくなればいいと考えています。

最終的に仕上がった推理シートは、ブログからダウンロードできるようにいたします。


実際に『幻影探偵団』を遊んだ方で、何かご意見をいただけるようなら、
こちらのコメント欄や、twitterに書き込んでいただければ、対応いたします。



お時間のある方は、ぜひともよろしくお願いいたします!!!!





【追記】




C.jpg


twitterなどでいただいたご意見を参考に、さらに調整してみました。

髑髏王の推理表を上に、総得点の欄を右に移動してみました。


総得点欄の左側にも、色々メモできそうですね^^。


 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

カードスリーブ&収納 [-仕様]

カードの傷みを防ぎ、滑りやすくしてくれるカードスリーブ。
ソフト、ハードの厚さをはじめ、色々なタイプのカードスリーブがありますが、
皆さんはどのタイプがお好きでしょう?


IMG_7139.JPG

『幻影探偵団』のカードサイズは58×89mmのブリッジサイズ。
カードスリーブを探す時に、わりと手に入りやすいサイズになっています。

今回はイエローサブマリンのユーロサイズ・ソフトに入れてみました。
カードは全部で45枚。これなら2セット組めますね^^。



IMG_7143.jpg

ソフトタイプは重ねても、それほど厚みが増さないので、
個人的にはこちらが好みです。


IMG_7142.jpg

もちろん、カードスリーブに入れても、箱に収納できます。
シャープペンと消しゴムを、いっしょに入れても大丈夫です。



ゲームマーケットまで、ついに1週間を切りました。


『幻影探偵団』を皆さんに遊んでもらうのを楽しみにしております!!


 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

探偵手帳の封入枚数 [-仕様]

推理を進める上で、重要な役割をもつ探偵手帳。

こちらの印刷物も納品されました。
『幻影探偵団』1セットに20枚封入する予定です。

IMG_6788.JPG

とりあえず4人プレイなら5回、3人プレイなら6回遊べる枚数になっています。


テストプレイの段階から何枚封入するか悩みましたが、たくさん入れても、
結局自分たちでコピーして使うから少ない枚数で十分だという意見をいただき、
今回の枚数に落ち着きました。

もちろん、こちらのブログにも高解像度のデータをご用意して、
ダウンロードできるようにいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

シートフォルダーのデザイン [-仕様]

IMG_6500.jpg


『幻影探偵団』には、各プレイヤーごとに
デザインの違うシートフォルダーが用意されています。

以前に紹介した『探偵手帳(推理シート)』を挟み込むことによって、
自分の情報を、他のプレイヤーから守ることが目的ですが、
ちょっとデザインにこだわってみました。

シートフォルダーには、それぞれの探偵団のロゴや、名称等が記載されています。
ゲーム会などで知らないもの同士がプレイする場合には、
お互いの名前を確認しなくても、探偵団の名前や、キーカラーを呼び合って遊ぶことができます。

当初は黒の厚紙にする予定でしたが、テストプレイでも遊びやすく、
世界観が広がるという意見をたくさんいただき、こちらを採用しました。



IMG_6501.JPG

また、このシートフォルダーの裏面には、
それぞれの探偵団の素性や、怪人・髑髏王と歯車館についての情報など、
ルールには直接関係ありませんが、ゲームをより楽しんでもらうための資料が掲載されています。

初めて遊ぶ方にインストするときや、ゲームをセッティングする時の場つなぎに、
活用してもらえると、うれしいです。


今回掲載されている画像は、テストプレイ用のものを撮影したものですが、
ゲームマーケットまでには、もう少し修正を加えたものをご用意する予定です。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PG12規制について [-仕様]

IMG_6498.jpg

『幻影探偵団』のパッケージ裏面には、
プレイ人数や、プレイ時間等の表記に加え、
PG12の規制が掲載されています。

PG12とは、「12歳以下のお子様が遊ぶ場合は、保護者同伴でお楽しみください」
といった意味の規制で、最近の映画ゲームに記載されていることがありますね。

作者自身はホラーものや、スプラッタものを小学生の頃から愛好していたので、
まったく気にしていませんでしたが、
最近はそういったものへの規制が厳しくなっていることもあり、
自主的に記載することにいたしました。

どんだけエグイ表現がされているのか!?と、驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際はそんなに激しいビジュアルや、ストーリーではないと思います(当社比)

ちなみに、我が家には中2と小5の男の子がいますが、問題なくプレイしています。
(うちの奥さんはあまりいい顔しませんが・・・)



まだ、しばらくマニュアルの公開はできませんが、
『幻探偵団』のストーリーや、世界観などは、こちらのブログで紹介したいと思います。

どうしても内容が気になる場合は、かつて江戸川乱歩が自作を子供向けにリライトしたように、
『幻影探偵団』の物語を少し手直しして遊んでもらえればありがたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

探偵手帳と筆記用具 [-仕様]

IMG_6494.jpg


『幻影探偵団』では、複雑な情報を整理するため、
『探偵手帳』と呼ばれる推理シートを使用します。

推理もののゲームでは、誤記入によるトラブルが起きやすいため、
たくさんの方々とテストプレイを繰り返し、
いただいた意見を参考に、遊びやすいデザインにまとめました。

一見取っ付きにくいかもしれませんが、
『数独』などのパズルゲームがお好きな方はもちろん、
はじめて遊ぶ方にも分かりやすい仕様になっています。

さらに!各探偵団ごとに、デザインの違うシートホルダーも同梱されているので、
プレイ中に『探偵手帳』をみられる心配もなく、推理に集中できます。

『探偵手帳』へ記入するための筆記用具が必要になりますが、
こちらはお手数ですが、各自でご用意してください。

シャープペンもいいですが、個人的には鉛筆を推奨しています。

大正時代を舞台にしたゲームには、やはりアナログな筆記用具が似合います。


  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。