So-net無料ブログ作成
-コラム ブログトップ
前の10件 | -

久々のバックギャモンフェスティバル [-コラム]


IMG_4941.jpg

毎年10月に渋谷で開催されるバックギャモンフェスティバル。

秋のゲームマーケットに出展しないこともあり、
久々に初級クラスで参加することにしました。



初級クラスは事前登録なしで参加できますが、
参加者はエントリー料の他に、
自分用のプレシディションダイスを2個用意する必要があります。


IMG_9816.jpg

プレシディションダイスは各面の重量が均等で、出目に偏りがない高価なサイコロです。
1コ1000円以上してしまうので、ちょっとハードルが高く感じるかもしれませんね。


IMG_4940.jpg

会場では大型のボードを使って対戦します。
自宅ではなかなかこのサイズを用意できませんので、テンションが上がります。


IMG_4936.jpg

初級戦はシングルマッチです。
制限時間内であれば何回でも対戦できます。
1勝すれば1ポイントですが、ギャモン、バックギャモン勝ちで
2〜3ポイント勝ち取ることもあるので油断できません。


IMG_9809.jpg

今回の戦績は、10戦7勝3敗。
ギャモン勝ち2回、ギャモン負け1回となりました。

久々の参加でしたが、33人中6位という成績はぼちぼちというところでしょうか。


IMG_9810.jpg

初戦のギャモン負けがやはりイタイですねぇ。
さらにようやく持ち直したところで、凡ミスやらかし逆転負けをくらいました。
シングルマッチは運要素もありますが、勝てる試合を負けたのは悔しいですね。


IMG_9812.jpg

ちなみに6位の商品は、こちらのミニポーチ。
ダイス柄のワンポイントがいいですね。


IMG_9814.jpg

参加賞はなぜかリステリンw
スポーツドリンクと間違えて、試合中に飲もうとしたのはここだけの話ですw



最近ではカタンやカルカソンヌ、そしてアクワイアなど、
ボードゲームの公式試合なんかも増えてきました。

わいわい楽しくプレイするのもいいですが、
今回のような緊張感のある場での対戦も楽しいですね。

また機会があれば、参加したいと思います。
 
 
 
 

模型の祭典ワンダーフェスティバルに行ってきた その2 [-コラム]

ワンダーフェスティバルも会場の規模が広がり、
大手企業が華やかなブースで出展するようになりました。
以前とはだいぶ勝手が違いますね。



今回もまずは一般ブースの出展からご覧ください。


IMG_4564.jpg

IMG_4552.jpg

IMG_4550.jpg

IMG_4560.jpg

IMG_4562.jpg

IMG_4593.jpg

IMG_4594.jpg

IMG_4595.jpg

IMG_4596.jpg

IMG_4599.jpg

IMG_4607.jpg

IMG_4610.jpg

IMG_4604.jpg

IMG_4630.jpg

IMG_4635.jpg

IMG_4637.jpg

IMG_4642.jpg

IMG_4646.jpg

IMG_4648.jpg

IMG_4649.jpg







IMG_4710.jpg

IMG_4582.jpg

IMG_4572.jpg

IMG_4585.jpg

IMG_4587.jpg

IMG_4590.jpg

マシーネンでおなじみの横山宏さんの還暦を祝って、トークショウが開催されるなど、
いつも以上に盛り上がっていましたね。






IMG_4613.jpg

IMG_4618.jpg

IMG_4621.jpg

これ全部レゴで作られたメカなんです。
もちろん着色なしなので、パーツも色合わせを考慮せなばなりません。
いったい、おいくら万円ぐらいかかっているんでしょうか!?





IMG_4591.jpg

3Dプリンタや、模型用の工具などの展示や、商談スペースもありした。






IMG_4654.jpg

ここからは企業ブースになります。


IMG_4655.jpg

IMG_4658.jpg

IMG_4660.jpg

IMG_4661.jpg

IMG_4672.jpg

IMG_4682.jpg

IMG_4692.jpg

IMG_4696.jpg

IMG_4698.jpg

IMG_4701.jpg

IMG_4707.jpg





IMG_4713.jpg

昼頃から参加して、すべてのブースを見て回ったつもりでしたが、
じつはだいぶヌケがあったようですね。

あっという間に閉会時間になりました。




ゲージで区切られたエリアでは、
露出の多いアダルト系やグロ系の作品が販売されてたようです。

気になっていたものの作品を見つけられなかったり、
ご挨拶に行けなかったブールが多々ありました。

できれば参加する前にカタログを入手して、事前チェックをした方がいいですね。
 
  
 
ボードゲームの祭典ゲームマーケットも、
いつかワンダーフェスティバルに負けない規模になるんでしょうか。
 
しっかりと見守りたいです。
 
 
 

模型の祭典ワンダーフェスティバルに行ってきた その1 [-コラム]


IMG_4398.jpg

7月25日に開催された模型の祭典ワンダーフェスティバル。
5、6年ぶりに参加してきたので、会場の様子などをご紹介。

写真のフィギュアなどの多くは完成見本で、
難易度の高いキットのものが多いですが、
最近は完成されたものを販売するところも増えてきましたね。



IMG_4401.jpg

今回は写真が多いので、ほとんどキャプションもつけないまま
羅列することにします。

いや、それにしてもすごいボリュームです・・・


IMG_4404.jpg

IMG_4407.jpg


IMG_4412.jpg

IMG_4415.jpg

IMG_4423.jpg

IMG_4425.jpg

IMG_4429.jpg

IMG_4431.jpg

IMG_4432.jpg

IMG_4434.jpg

IMG_4435.jpg

IMG_4443.jpg

IMG_4446.jpg

IMG_4447.jpg

IMG_4452.jpg

IMG_4456.jpg

IMG_4458.jpg

IMG_4461.jpg

IMG_4463.jpg

IMG_4467.jpg

IMG_4468.jpg

IMG_4469.jpg

IMG_4483.jpg

IMG_4484.jpg

IMG_4493.jpg

IMG_4494.jpg

IMG_4497.jpg

IMG_4499.jpg

IMG_4500.jpg

IMG_4502.jpg

IMG_4505.jpg

IMG_4510.jpg

IMG_4513.jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4528.jpg

IMG_4534.jpg

IMG_4536.jpg

IMG_4538.jpg

IMG_4540.jpg


かなり枚数を減らしましたが、これでもまだ半分です。
後半では、企業ブースの写真も盛り込みながら紹介したいと思います。

高円寺ゲームカフェバー『リトルケイブ』に行ってきた [-コラム]

IMG_4052.jpg

IMG_4070.jpg

昨晩は高円寺にオープンするゲームカフェバー『リトルケイブ』の
レセプションパーティーに参加してきました。

JR高円寺駅の南口を出て2分ほどの場所にあり、かなりの好立地です。
お店は2Fですが、外からでもかなりわかりやすいですね。



IMG_4075.jpg

ビルの入り口はこんな感じ。1Fの飲食店の脇にあります。



IMG_4081.jpg

IMG_4082.jpg

奥にエレベーターもありますが2階なので階段を使ってみましょう!
まだオープン前ということもあり、扉には店名などはありませんが、
ガラス窓もあり入りやすい雰囲気です。



IMG_4096.jpg

IMG_4085.jpg

店内は間接照明が使われていてオシャレです。
店長とかわいい店員さんがお出迎えしてくれました。



IMG_4091.jpg

受付付近にはオーナーであるリトルフューチャーの代表作や、花束が置かれています。



IMG_4323.jpg

今回のレセプションにはドレスコードがあり
衣類やアクセサリーにリトルケイブのイメージカラーである緑を入れるということでした。
店員さんのネイルもキャラクターになっていますね^^






それでは店内の様子を見てみましょう!



IMG_4114.jpg

店内は入り口から左右に長い間取りになっていますが十分な広さがあり、
かなりの人数が参加したレセプションでも、狭さを感じませんでしたね。


IMG_4122.jpg

IMG_4349.jpg

厨房には、本格的なエスプレッソマシンがありました。



IMG_4116.jpg

IMG_4102.jpg

IMG_4231.jpg

店内にある棚には新作や話題作を中心に、大小のボードゲームがずらり!!
なかには懐かしいレトロゲームもありますね^^



IMG_4260.jpg

通り側にある少し離れた棚には、秘密の仕掛けが!!!!


IMG_4262.jpg

な・・・なんと・・・隠し部屋ですッ!!!!これはロマンだ!!!!!



IMG_4333.jpg

トイレは清潔感があり、女性も使いやすいですね。






IMG_4160.jpg

レセプションはリトルフューチャー代表のエミさんの挨拶と、
店長の乾杯のからはじまります。


IMG_4235.jpg

参加者全員でハグルをプレイ。
それぞれに配られたカードと、ルールの断片を組み合わせて、
勝利条件をクリアする推理系パーティーゲームです。


IMG_4252.jpg

IMG_4241.jpg

IMG_4299.jpg

IMG_4306.jpg

何人かでチームを作り、情報集めをする方がいたり、
早々にあきらめて食事やお酒を楽しむ方(俺だw)など、さまざまでしたが、


IMG_4274.jpg

ゲームに勝利したのは、なんと『モテゲー男子更衣室』のノザクニさんでした^^


IMG_4287.jpg

特典として、エミ代表からリトルケイブの招待券を授与!!





それぞれのテーブルでは、もちろんボードゲームが遊ばれています。

IMG_4341.jpg

IMG_4348.jpg

IMG_4382.jpg

IMG_4247.jpg

IMG_4383.jpg

IMG_4339.jpg





IMG_4077.jpg

お店のオープンは2016年7月10日(日)。
高円寺にはボードゲームショップすごろくやもありますし、
盛り上がってくれるといいですね。



ゲームカフェバー『リトルケイブ』

住所:〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目26−16 芦野ビル2F
JR中央・総武線    高円寺駅  徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線  東高円寺駅 徒歩11分
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)(予定)
定休日:不定休
席数:最大40席

デザインフェスタ VOL.43に行ってきた その2 [-コラム]

IMG_3762.JPG

前回に引き続き、デザインフェスタの様子をご紹介します。
行ったことがある方なら分かると思いますが、すんごいボリュームです。

この日は11時30分頃に到着しましたが、すべてのブースを見終えたのは17時過ぎでした。

ゲームマーケットの2日連続開催が検討されているようですが、
個人的にはこれくらい見応えがないとキビシイと思っています。

さて、どうなることやら・・・^^



IMG_3758.JPG

IMG_3733.JPG

デザインフェスタでは、会場の至る所でライブペイントが行われています。
こうした表現の多様性も、このイベントの魅力ですね。

ゲームマーケットも、ボードゲームを買う、
遊ぶ以外にも楽しめるイベントがもっと増えるといいかなぁ。



今回はイラストをメインに活動する作家さんをご紹介しています。



IMG_3719.JPG

墨絵師 御歌頭
戦国武将から納豆まで、躍動感のある墨絵を描く作家さんです。
ボードゲームとの相性も良さそうですね!!



IMG_3708.JPG

むらかみしの
えほんとイラストを中心に活動されている作家さんです。
青いお猫様がステキですね!!
宣伝するとご利益あるということでした^^



IMG_3690.jpg

TOMO YAMASHITA DESIGN STUDIO.
会場をまわっていると、犬猫に次いで多いのが小鳥をモチーフにしたものですが、
その中でもかなり異質というか、面白い作品でした!!
この創作欲はどこからわき出すのでしょう!?



IMG_3680.jpg

月森水貴
独特の色彩センスのある作家さんです。
『東京眼鏡少年』という作品で活動されています。
ブースには女性ファンがたくさんいたのが印象的でした。




IMG_3730.JPG

イモムシ研究部
美少女とイモムシの組み合わせが独創的な作家さんです!
イモムシ柄のマステを販売していたのですっごく欲しかったのですが、
我が家に苦手な方がいらっしゃるので断念しましたw




IMG_3823.JPG

幻想堂
花と少女をコンセプトとしたイラストを中心に活動する作家さんです。
商業イラストもされているようですね。
こんなステキなイラストをボードゲームに使えたら、きっと注目されますね!



IMG_3819.JPG

STARWALKER STUDIO
著作権フリーの素材集を販売されています。
うちもお世話になっていますね。
低価格でクオリティもしっかりしているのでおすすめです。



IMG_3693.JPG

cobato
センスのあるカードやぽち袋を制作されています!
画像をよく見ていただきたいのですが、何層かに分かれた色紙で構成されているんですよ・・・
業者に断られたので、自分で制作しているとのことw




IMG_3713.jpg

IMG_3717.JPG

久保俊太郎
日本画のタッチで、武装した動物たちのイラストを描く作家さんです。
なんと自分のペットをイラスト化してもらえる企画を始めたそうです!
会場ではトランプの販売もされていました。




IMG_3820.JPG

ヤマモトナオキ
日本神話をモチーフにしたタロットカードなどを描かれている作家さんです。
ゲームマーケットでも見かけた気がしますね。



IMG_3814.JPG

JH科学
『真空管ドール TCG』でおなじみの作家さんですね。
デザインフェスタではイラスト集なんかがメインのようでした。




IMG_3700.JPG

IMG_3704.JPG

きゃなばーど
『7年かけて完成させたお父さんの迷路』で有名な作家さんですね。
な、な、なんと!!二代目の迷路まで完成させたそうですwwww
実物を見ると迫力が違いますよ!!




いかがだったでしょうか?

駆け足になりましたが、デザインフェスタはかなり楽しめるイベントです。
創作の刺激にもなりますので、ぜひ一度参加してみてください!!

まぁ、ゲームマーケットと同じく一期一会なので、
後日買っておけばよかった!!もう一度行ってみたら売り切れていた!!!!
なんてことが当たり前です。
節制しつつも、後悔のないようにしたいですね^^。
 
 
 
 
 

デザインフェスタ VOL.43に行ってきた その1 [-コラム]

IMG_3653.jpg

ついに来場者数が1万人を突破したゲームマーケット。
どうやら2日開催について検討を始めているようですね。

今回は、5月14日/15日に開催されたデザインフェスタの様子をご紹介いたします。

以前にも、こちらのブログで取り上げたことがありますが、
なかなか熱気溢れるイベントです。
さすがに連日参加するのは難しく、15日のみの紹介になりますが、
ボドゲ制作の参考にもなりますので、お楽しみください!!





IMG_3759.JPG

小雑貨魚屋
魚に関するハンドメイド雑貨ですね。
かなり手の込んだブローチが大量に並んでます!!
制作の手順を教えていただきましたが、気の遠くなるような作業です。マジで。。。。



IMG_3665.JPG

omni-berry
オリジナルデザインのかわいいアミグルミを制作されています。
そのままボドゲにするのは難しいですが、
写真を使用してコンポーネントに加えてみたい造形ですね。



IMG_3669.JPG

ROBOTの寝言
ホームセンターで購入できる部材や、
アクセサリーパーツを使用したロボット雑貨を制作されています。
小さいながらも、しっかりした作りですね!



IMG_3676.jpg

AMPアトリエ
なんとゴリラ力士ッ!!!!!
ボドゲでもゴリラをモチーフにしたものが増えていますが・・・
キテるのかゴリラブーム!?



IMG_3685.JPG

カミカラ
ギミックが面白い、からくりペーパークラフトを制作されています。
最新作は型抜きされており、作りやすくなっていました。
今回はいくつか購入できました。



IMG_3687.JPG

Bappy
ハリネズミをモチーフにしたミニチュア雑貨を制作されています。
樹脂粘土で作られているそうですが、
ブログを見ると凄まじい数です・・・ここにも手作り阿修羅道がwww



IMG_3725.JPG

IMG_3726.JPG

ゆほぴか
ペットのミニチュアを制作されています。
なんと3Dプリンタで彩色まで出来るそうです。
ボドゲの駒なんかも対応可能とのことでした!!



IMG_3744.JPG

はが いちょう
精巧なドールハウスを制作されている作家さん。
作品の前はカメラを構えたギャラリーで溢れていました。
教室もやっているようなので、興味ある方はぜひ!!



IMG_3752.JPG


ひょうたんを使ったランプを制作されています。
なんと栽培から加工まで行っているそうです。
いい雰囲気ですね。



IMG_3778.JPG

Lynxtail
フェルトを使ったこけしを制作されています。
画像では分かりませんが、みつしりとフェルトが詰まってます!!
作るのかなり大変なはずです・・・^^



IMG_3772.JPG

IMG_3773.JPG

三幸
アクリル専門の加工工場がパーツの詰め放題をやっていました!
テストプレイやコンポーネントに使えそうなものがありましたよ^^。
撮影許可を取ったら、なぜか社長がドヤ顔で・・・せっかくなので1枚w



IMG_3774.jpg

淡くない羊毛。
独特なセンス溢れるアクセサリーや小物を制作しています。
いやもうスゴイです・・・動物たちの目が死んでますwwww




IMG_3779.JPG

リサ・ラーソンの作品が好きならおすすめの、
デフォルメされた動物の置物を制作されています。
名刺をいただいたはずなのですが・・・名前が分かりません。
知っている方がいたら教えてプリーズ!!



IMG_3783.JPG

Isopresso
バルーンアートを制作されています。
なんと接着剤などは一切使用していないそうです。
作品はだいたい2日でしぼんでしまうとのこと^^




IMG_3787.JPG

ヤマセ製陶所
デザフェスの面白いところは、こういった生活雑貨もあることですね。
とろろ好きとしては、こちらのすり鉢はかなり惹かれました。
やっぱ買っておくべきだったか・・・。




IMG_3792.JPG

月本せいじ
かなり精巧なポップアップカードを制作されています。
展示されていた球体のカードは展開すると、かっちりロックされる優れもの。
設計段階でしっかりとデザインするのがトラブル回避のコツだそうです。




IMG_3799.JPG

kokechi
群馬のこけし制作者がはじめたブランドです。
じつはうちのかみさんが大ファン。
三省堂なんかでも取り扱いがあるので、見かけることもあるのでは?




IMG_3807.JPG

折り紙の進工房
折り紙オブジェを制作されています。
ワンフェスなどにも出展されていますが、変態的なクオリティです(褒め言葉
以前に設計図を購入したことがありますが、難易度高すぎて挫折しましたw




IMG_3826.JPG

sakurai ayako
LINEスタンプなどを描かれている作家さんのようです。
床に寝そべりながら、猫まみれになるのは、
ひとつの理想の死に方ですね(ぇ



IMG_3829.JPG

音波屋
グロテスクでエロティックな野菜を作らせたら
右に出るものはいないという作家さんです。
この世界観でボドゲ作って欲しいですね!!




まだね、写真がいっぱいあるの・・・orz


いやもう会場をまわるだけで1日終わっちゃうイベントです。
今回は造形物を中心にまとめてみました。

まだまだ紹介したい出展者がいっぱいあるので、
取りまとめが終わったら公開しますね。
 
 
 
 
 

ボドゲーマに登録! [-コラム]

top.jpg

現在、6000個以上のボードゲームが登録されているコミュニティサイト『ボドゲーマ』。

海外には、ボードゲームの情報発信地として、
boardgamegeekというサイトが有名ですが、
言語が英語なのでちょっと敷居が高いと思っていました。

ようやく日本語で気軽に検索できるコミュニティサイトが登場しました!!
春のゲームマーケットの新作も続々登録されていますね。

ボドゲーマ


 
 
 

login.jpg

こちらのサイトでは、未登録でも情報を閲覧できますが、
twitterやFacebookのアカウントを使って、ログインすることができ、
サイト内でレビューや掲示板への書き込みが可能になるだけではなく、
自分の所有するボードゲームのリストアップや、投稿に対する反応を確認できるようになります。

 
 
 
image3.jpg

マイページのトップには登録者のランクがあり、たまご→新入り→戦士など、
書き込みなどの貢献度によってランクアップするのは面白いですね。

 
 
 
サイトの一番下に小さく掲載されているので、ちょっと見逃しがちですが、
もちろん、未登録のボードゲームの追加登録もできます。

『幻影探偵団』はすでに運営者により登録済みでしたが、
画像や、タグなども追加可能です。

image1.jpg
image2.jpg

登録されたボードゲームの情報だけではなく、
画像、レビュー、戦略やコツ、プレイ説明といった項目があり、
ユーザーが書き込めるようになっています。

作者本人が書き込むべきか悩みましたが、問題ないようなので、
こちらのBLOGで公開している情報なども、転載していこうかと考えています。

残念ながら基本データや、ゲームタイプといった情報は、
登録時に設定されてしますと、現在は更新できないようです。
このあたりは今後の修正を待ちたいところです。

まだ寂しい感じですが、機会があれば『幻影探偵団』のページに遊びにきてやってください!!

ボドゲーマ『幻影探偵団』のページ
 
 
 
 

『ボドがたり!』に参加してきました [-コラム]

2月20日に、根津で開催された『ボドがたり!』に参加してきました。

予定がたったのが、前日の夜ということもあり、
ドタバタな参加となりましたが、楽しませていただきました。



IMG_8939.JPG

さて、『ボドがたり!』とは何ぞや?という方に説明すると、
自分の好きな本をステージで熱く語り、紹介する、
『ビブリオバトル』というイベントがあります。
これは、そのボードゲーム版にですね。


第二回「ボドがたり!」を開催します


第1回の開催から気になっていましたが予定が合わず、
後日レポートのみを拝見していましたが、非常に面白い試みです。

5分間という制限時間(若干のオーバー可)の中で、
自分がこれぞと思うボードゲームを紹介するのですが、
プロジェクターを使った画像表示や、スピーカーから音楽を流したりと、
それぞれ工夫を凝らした演出で盛り上がりました。

今回のプレゼンターと、紹介されたゲームは下記のとおりです。


■MARVEL LEGENDARY(tottkoさん)
■星の王子さまボードゲーム(翔さん) ★前半MVP
■エスケープ!(蒼き箱さん)

■アクワイア(八木さん)
■Last Night On Earth(きゅんさん) ★後半MVP
■ボーナンザ(シダマさん)
■フリートコマンダー(ハッピーゲームズRYO)


はい。なんと主催のきゅんさんのご好意で、
飛び入りでプレゼンターまでやらせていただきました。

この日紹介したのは『フリートコマンダー』。

宇宙戦艦のミニチュアを使ったボードゲームですが、
着色したり、オリジナルのサマリーを作ったりと、
様々なカスタマイズを加えたものでした。

詳細は後日、別の記事にまとめる予定です。




IMG_8944.jpg

プレゼン終了後はゲーム会となり、紹介されたボードゲームで遊ぶことになります。

『フリートコマンダー』は、本来ならば2人用のゲームですが、
個人的におすすめしているペア戦で遊んでいただいています。


IMG_8945.jpg

この時のプレイはかなりの接戦で、消耗戦にもつれ込みながらも、
最後は悪の帝国(笑)が、奇跡の逆転勝利で幕を閉じました。



IMG_8935.jpg

いくつかプレゼンされたゲームも遊ばせていただきました。

これは『星の王子様』ですね。
かわいらしい見た目とは違い、ガチな駆け引きが熱い名作です。


IMG_8936.jpg

限られた時間の中、サイコロを降り続ける脱出ゲーム『エスケープ!』も、
前からプレイしたかったゲームでした。

プレゼンされたもの以外にも、『バルーンチャレンジ』『たのめナイン』など、
いくつかのゲームも遊ばせていただいて時間終了。




当日のプレゼンの様子は、主催のきゅんさんが動画を撮影していたので、
そのうちまとめて公開されるかもしれません。
自分がどのように写っているのか、気になるところです(笑)


参加した皆さん、楽しい時間をありがとうございました!

また機会があれば、『バックギャモン』あたりでリベンジマッチしたいですね!!
 
 
 

乱歩、青空文庫に登場 [-コラム]

2014年は生誕120周年、2015年は没後50年、

そして2016年、江戸川乱歩の作品群の著作権が切れ、

いよいよ青空文庫に登場することになりました。



rampo.jpg


HPを見ると、短編から長編まで、準備が進んでいるようですね。

青空文庫:江戸川乱歩 作業一覧


すでに処女作『二銭銅貨』が公開され、
2月には短編の代表作とも言える『D坂の殺人事件』『人間椅子』『押絵と旅する男』なども
順次公開されるようです。


昨晩はBS3で、満島ひかりが明智小五郎を演じた『D坂の殺人事件』が放送されましたね。
てっきり古本屋の奥さん役だと思っていたので、びっくりでした^^

満島ひかりが明智小五郎演じるドラマ「江戸川乱歩短編集」


もうしばらく乱歩作品の盛り上がりが続きそうですね。
 
 
 
 

ボードゲームと音楽 [-コラム]

IMG_9999.JPG

先日、『幻影探偵団』を遊ぶ際に、BGMを流したらすごく雰囲気がよかったという話をききました。

オープンゲーム会など、知らない方同士が遊ぶ場では、なかなか難しいですが、
音楽が流れる空間でボードゲームを遊べるのはいいですね。

今回は作者のイメージで、『幻影探偵団』に合いそうな楽曲をいくつかご紹介してみます。
『幻影探偵団』は大正時代が舞台ですが、当時の音楽にこだわるよりも、
都会的でちょっとノスタルジックな音楽が似合うようです。

実際の楽曲があるものは、タイトルからリンク先に飛べるようにしていますので、
どんな曲なのか確認してみてください。



メシアン『トゥーランガリラ交響曲』

メシアン『世の終わりのための四重奏曲』

フランスの現代音楽家メシアンの作品です。
『トゥーランガリラ交響曲』で使用されている電子楽器オンド・マルトノは幻想的で独特な音色。
実相寺監督の乱歩映画でも使われている楽器です。
『世の終わりのための四重奏曲』はメシアンが戦時中、収容所に送られていた際に作曲したもので、
『ヨハネの黙示録』から曲想を得たものです。



ダニー・エルフマンの楽曲群

ティム・バートン監督作品やサム・ライミ監督作品の劇伴でおなじみの音楽家ですね。
『バットマン』や『スパイダーマン』のメインテーマはメジャーすぎるので、
遊ぶ時に作品のイメージが強くなりすぎるかもしれませんが、
映画用に作られた音楽は、イメージを膨らませるにはもってこいですね。






twitterでも、『幻影探偵団』に似合いそうな楽曲を紹介していただきました!



アストル・ピアソラ『ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独』

アルゼンチンの巨匠・アストル・ピアソラ作曲のタンゴ。
マフィアをモチーフにした楽曲ですが、
緊張感があり軽快なリズムは『幻影探偵団』にピッタリですね。



ブリジット・フォンテーヌ『ラジオのように』

ゲーム中にボーカル曲は苦手という方もいらっしゃるとは思いますが、フレンチPOPの名曲をご紹介。
60〜70年代の楽曲は、独創的な試みをされていて面白いですね。



国民的名探偵なあの曲

たぶん今、日本で名探偵といえば、みんなこの方を連想するんでしょうね^^
『太陽にほえろ!』『スーパー戦隊シリーズ』で知られる大野克夫の軽快なメロディは耳に残ります!!
真相解明の大一番に使ってみてはいかがでしょう。
(ちなみに『ルパン三世』『犬神家の一族』は大野雄二)






『幻影探偵団』意外のボードゲームを遊ぶときも、
それぞれにあった曲をかけられれば、さらに盛り上がりそうです!!
気に入ったゲームに合う楽曲を探すのも、楽しみ方のひとつかもしれません。
 
 
 
 
前の10件 | - -コラム ブログトップ