So-net無料ブログ作成
 【ミステリ編/3-4人用】 ブログトップ

『傾国宮の殺人』ルール説明 [ 【ミステリ編/3-4人用】]

S1.jpg

『傾国宮の殺人』は『傾国-KEIKOKU-』のゲームボードを宮殿に見立てた推理ゲームです。

プレイヤーは情報カード探り、消去法で犯人の正体を当てていきます。
普段ボードゲームで遊ばない方にも、気軽に楽しめるルールになっています。



まずプレイヤーはそれぞれの告発チップを受け取り、
勝利点カウントチップをゲームボードの外周にある勝利ポイント【0】の位置に配置します。
※画像はプレイヤー1がスタートプレイヤーになった配置


S15.jpg

キャストカード(赤いカード)をシャッフルし、
選んだ1枚を90度倒し、被害者カードとします。

※今回は分かりやすく【6】暴君にしましたが、プレイごとに被害者は変わります。


残りのキャストカードをゲームボードに並べ容疑者カードとします。



S3.jpg

情報カード(青いカード)をシャッフルし、
選んだ1枚を犯人カードとして被害者カードの下に配置します。

それ以外の情報カードは各プレイヤーに一枚ずつ配り手札とし、
残りはゲームボードの側に置き、追加情報カードとします。



S14.jpg

『傾国宮の殺人』は、ターンごとに廻ってくる自分のアクションで、
他のプレイヤーの手札が何かを探っていき、
消去法で犯人カードの正体を当てるゲームです。

※アクションするプレイヤーは、アクションコマ(青い木製コマ)を持ちます。



アクションはターンが進むごとに追加され、
第3ターン以降に犯人を告発し、みごと当てることができれば、
勝利点をもらいます。
失敗するとペナルティーもあるのでご注意を。


S6.jpg

S13.jpg

赤い木製コマをターンカウントコマとして、
ターンごとに移動させれば、混乱せずにプレイできます。




S4.jpg

最初からできるアクションは『尋問』です。

これは他のプレイヤーの1人に、手札の情報カードの内容を訊くことができるのですが、
数字の大小しか分かりません。

例えばこの場合、
『そのカードの数字は【4】以上ですか?』と訊かれれば、

『はい』と正直に答えなければなりません。



S5.jpg

ただし、被害者カードと同じ数字の情報カードは共犯者カードと言い、
尋問に対してウソの回答ができます。

共犯カードを持ったプレイヤーは、
情報を混乱させ、他のプレイヤーを翻弄してやりましょう。

※ただし、最後まで共犯カードを持っていると、マイナス点が発生する場合があります。





S7.jpg

第2ターンからは『追加情報カードを入手』できます。

ラウンド中1回だけですが、各プレイヤーは追加情報カードを1枚確認し、
手札と交換することができます。(見るだけで交換しなくても可)


S8.jpg

どちらを手札に残すか悩ましいですね。





第4ターンにはイベントが発生します。

第2の殺人事件です!!


S9.jpg

これはプレイヤー同士の多数決で決めた追加情報カードの1枚を公開することですが、
容疑者の1人が殺されたという設定にしています。


S10.jpg

これによって犯人カードの正体も分かりやすくなり、
告発するチャンスが格段に上がります。






尋問を繰り返し、得た情報を元に犯人を当ててください。
順番が前後しましたが、
第3ターンからできるアクション『犯人を告発する』です。


S11.jpg

『犯人はオマエだっ!!』

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、元気に宣言しましょう^^

犯人だと思うキャストカード(被害者を含む)に、自分の告発チップを賭けてください。
※犯人カードが、被害者カードと同じカード数字だった場合は自殺となります。

時計回りで順番に他のプレイヤーも告発チップを賭けていきますが、
同じキャストカードに賭けることはできません。早い者勝ちです。





犯人カードをオープンしてラウンドの終了となります。



S12.jpg

犯人は【1】傾国でした。


今回はプレイヤー1、プレイヤー2、プレイヤー3の順に告発したことにして話を進めます。


プレイヤー1は最初に告発しましたが、推理を誤り勝利点が-5ポイントとなります。
勝利点カウントチップは左側のマイナス点に移動しました。

プレイヤー2は見事に犯人を当て、勝利点を+5ポイントとなります。

そしてプレイヤー3は共犯者のカードを持っています。
最初に告発したプレイヤーがハズレた場合、勝利点は+2ポイントとなります。
(最初に告発したプレイヤーが正解した場合、勝利点は-2ポイントとなります)




稀なケースですが、誰も告発しないまま第6ターンまで進むと、
イベント『プレイヤーへの挑戦状』が発生し、
強制的にスタートプレイヤーから順番に告発することになります。





このようにして、スタートプレイヤーを変更したラウンドを、
プレイ人数分行い、勝利点が一番多いプレイヤーがゲームの勝者になります。









いくつか遊ぶためのヒントを用意しました。
プレイする時の参考にしてください。


■最初に告発するプレイヤーは、ハズレると大きなマイナス点をもらいます。
共犯者のウソに惑わされずに真犯人を当てたいですね。

■告発の内容は、他のプレイヤーにとっても大きなヒントになります。
謎の確信を突くことができても、他のプレイヤーに先を越されることもあります。

■『プレイヤーへの挑戦状』は、プレイヤーが有意義な情報を出し合わなくなった時のためのイベントです。ほとんどの場合第4ターンにはラウンドが終了します。

■共犯者カードを持ったプレイヤーが上手にダマせるかで、ゲームの展開が大きく変わります。
また、最初に告発したプレイヤーに正解されるとマイナス点をもらうことになるので、
早いターンでバレた場合は追加情報カードと交換した方がいいでしょう。




『傾国-KEIKOKU-』をプレイするには人数が合わない時や、
違った遊びを楽しみたい時に、一度お試し下さい。



『傾国宮の殺人』マニュアル [ 【ミステリ編/3-4人用】]

IMG_4704.JPG


巨費を投じて完成した傾国宮の落成式で

暴君が何者かに暗殺された!!

さらに、容疑者を絞り込むうちに第2の殺人が……!!


■ミステリ編
3〜4人用/8歳以上/プレイ時間15〜20分



『傾国-KEIKOKU-』のコンポーネントを流用した推理ゲームです!!

気軽に短時間でできる推理ものですが、
共犯者や第2の殺人など、ミステリ好きがニヤリとするような要素を絡めてみました。
偽情報に惑わされずに、犯人を当てることは出来るでしょうか?



今回も説明が長くなりそうなので、まずはマニュアルのみの公開。

写真を交えたルール説明は次回お届けいたします。

しばしお待ちください。


S2.jpg

S1.jpg

【ダウンロード用マニュアル】




 【ミステリ編/3-4人用】 ブログトップ