So-net無料ブログ作成
検索選択
・調整ルール ブログトップ

エキセントリック・ルール [・調整ルール]

ロングゲーム』の場合、対戦者の城チップを2つ奪い、
【15ポイント】ポイントからスタートしたラウンドで
軍隊コマを都(21ポイント)に到達させたプレイヤーの勝利となります。


IMG_3331.jpg

テストプレイをしているとき、【15ポイント】まで追い詰められると、
逆転するのはかなり難しいというご意見をいただきました。



以前に城チップの配置を変えるバリエーションルールをご提案しましたが、
もうひとつ別のルールもご紹介させていただきます。

マイルド・ルール





IMG_3330.JPG

■ロングゲームで相手が【15ポイント】からスタートしたラウンドに勝った場合、
 城チップを2つ奪うことができる。
 ※すでに城チップを1つ奪っていた場合は、ロングゲームの勝者となる。
 ※このルールを適用する場合、奪われた城チップは取り戻せません。




つまりこの状態からラウンドを開始した場合、赤のプレイヤーが勝利すれば、




IMG_3332.JPG

次のラウンドは【15ポイント】からのスタートとなり、互角の状況になります。



IMG_3333.JPG

もし、自分も1ラウンド勝利して【5ポイント】に軍隊コマを進めていたら、


IMG_3334.JPG

2つ目の城のかわりに都を奪ったこととし、ロングゲームの勝者となります。




かなり逆転の可能性が広がり、
積み上げてきた勝利を一気にひっくり返される
エキセントリックな仕様になります。

若干、複雑になりますが、このルールが一番盛り上がるかもしれません。



基本ルールをプレイしてみて、
もしゲームバランスが気になるようでしたら、
ぜひこちらのルールも試してみてください。


不慣れなプレイヤーや、お子様と遊ぶ場合に、
バリエーションルールをハンデとして使うのもいいかもしれません。




『傾国-KEIKOKU-』マニュアル

『ロングゲーム』の遊び方



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

マイルド・ルール [・調整ルール]

【5ポイント】と【15ポイント】に配置された城チップ。

ロングゲーム』の場合、その場所がラウンドごとに変化する
軍隊コマのスタート位置になります。



IMG_3228.jpg

【15】ポイントからスタートする場合、
進軍チップに賭け方次第では一発負けの可能性もあります。

それゆえに緊張感があり、逆転勝ちした時の喜びも大きいのですが、
先行側があまりにも有利だという意見もいただいております。



『傾国-KEIKOKU-』がモチーフにした中国の春秋戦国時代は弱肉強食。
2度負けた側がリスクを背負わず勝利することはありえない世界でした。

そんなこともあり、こういうバランス調整になっています。



救済処置として、ラウンドの勝者は城チップを奪い、
軍隊コマのスタート位置を進めるだけではなく、
奪われた城チップを取り戻し、
相手のスタート位置を戻せることをルールに加えています。



ですが、それでもバランスが厳しいと感じる場合、
下記のルールでゲームをおこなってください。



IMG_3230.jpg

■ロングゲームで城チップの配置場所を 【5ポイント】と【10ポイント】に変更すれば、
逆転勝ちのチャンス増えるプレイを楽しめます。



通常【15ポイント】に配置される城チップの位置を下げただけですが、
これでいきなり負けることはなくなり、駆け引きの幅が広がります。

テストプレイでご提案いただいた方法ですが、
かなりマイルドになり、逆転のチャンスも増えますね。




どちらのルールが好みでしょう。
ぜひ一度プレイしてみてください!!


『傾国-KEIKOKU-』マニュアル

『ロングゲーム』の遊び方





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
・調整ルール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。