So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲームマーケット2016秋の新作をプレイした [■アナログゲーム体験会]

IMG_5130.jpg

イエローサブマリン秋葉原RPGショップで月一開催される
アナログゲーム体験会にプレイヤーとして参加してきました。

今回は12月に開催されるゲームマーケット2016秋の新作を中心に、
遊んだゲームをご紹介します。







IMG_5195.jpg

■老師敬服

HOYGAMESの新作です。
プレイヤーは道場主となり、お金やお酒を駆使して弟子を育て勝利点を稼ぐ
「アクションプロット」と「リソースマネージメント」のゲームです。


IMG_5140.jpg

IMG_5143.jpg

他の道場主の行動に『敬服』することで、同じ効果を得るギミックが
世界観とマッチしていて面白いですね!


IMG_5144.jpg

化粧箱がなんと!ラウンド表示に使われています!!
こういうアイデアはいつかマネしたいですね。

説明書は日本語版に加え、英語版も同梱されています。
近々、ゲームマーケットでの予約も開始されるそうなので要チェックですね!

HOY GAMES公式ブログ






IMG_5161.jpg

■スイーツスタック

操られ人形館の新作です。
テトリスのようにブロックを積み上げる対戦型のパズルゲームですが、
ライト感覚で楽しめるハロウィンモチーフのファミリーゲームに仕上がっています。
井上 磨さんのイラストがキュートですね!


IMG_5157.jpg

筆記用具と、バケツシートと呼ばれるオリジナルの用紙を使ってプレイします。
(筆記用具は各自でご用意ください/1プレイヤーにつきバケツシート3枚使用)

バケツシートは120枚封入されるので、4人プレイで10回遊べるとのことです。


IMG_5160.jpg

繰り返し遊べるよう、難易度をUPした追加ルールもあります!


IMG_5162.jpg

今回はモック(試作品)でのプレイでしたが、
かわいいイラストのチップも使われるので、仕上がりが楽しみですね。


IMG_5163.jpg

オリジナルのトートバックとともに
すでにゲームマーケットでの予約も開始されています。

操られ人形館公式HP







IMG_5166.jpg

■トルトラレル

ガーデンゲームズの新作です。
妖精をモチーフにした競りゲームですが、
少ないカード枚数での駆け引きが熱いですね!
以前にテストプレイさせていただいたときは2人用でしたが、
個人的には今回遊んだ3人プレイがおすすめです!!



IMG_5168.jpg

IMG_5169.jpg

■アニマルマインド

ガーデンゲームズの樫尾さんがルール制作したブラフゲームです。
こちらはすでにSNEから発売されています。
かわいい見た目とは裏腹に、考え所もしっかりあるので、
『ごきぶりポーカー』が好きな方にはチャレンジしてもらいたいゲームですね。

ゲームマーケット2016秋では、
トランプ用のオリジナルルール『貪欲』が購入者特典としてもらえるそうです。
要チェックですね!!

ガーデンゲームズ公式ブログ







IMG_5173.jpg

■ダンジョニング

てぃ〜くらぶの新作です。
冒険者と魔王に分かれて戦う協力型のダンジョンゲームですね。
死の罠が仕掛けられたダンジョンを探索しながら、
強力な魔法を唱える魔王を目指しますが、
カード運が悪くかなりハードな設定だったためパーティーは全滅しましたw


IMG_5175.jpg

ダンジョンを公開するとこんな感じです。
罠だけではなく、回復ポイントなどもありますね。


IMG_5178.jpg

冒険者にはそれぞれの能力があるので、うまく活かしていきたいですね。
パーティーにはネクロマンサーなどの回復役がかならず欲しいですね。
今回のプレイでは使用しませんでしたが、次回は盗賊を試したい!!

てぃ〜くらぶ公式HP







IMG_5182.jpg

■プレゼント工房のトントゥさん

こげこげ堂本舗の作品です。
プレゼント工房で働く妖精になって、
子供たちにリクエストされた玩具をつくるカードゲームです。

今回のゲームマーケットは秋といいつつも、時季的には冬なので、
クリスマスをイメージできるゲームはいいですね。
ルール自体もインストしやすい内容なので、小学生でも遊べると思います。

こげこげ堂本舗公式ブログ







IMG_5183.jpg

■ケーキバイキング

久遠堂の新作です。
女子会ノリでケーキを押しつけ合うカードゲームです。

同じケーキのカードを持つと、ババ抜きのように公開していきます。
ケーキにはそれぞれカロリー表記がされており、
ゲーム終了時に合計カロリーが少ないプレイヤーが勝者になります。
イベントカードもあり、ライト向けのルールになっていますね。

久遠堂公式HP




IMG_5190.jpg

■コディンカ

ウォーロードゲームズの新作。
自分の色のタイルを入れ替えたり裏返して、
指定の並びに組み替えるパズルゲームです。

残念ながら勝利目前のところをミスして、
先にクリアされてしまいました!悔しい!!!
駆け引きが熱い4人で遊びたいゲームですね。



IMG_5203.jpg

■????

同じくウォーロードゲームズの新作。
まだ非公開ということでモザイク入れてみました。
お酒を飲みながら盛り上がれるパーティーゲームなのですが、
かなり面白いですね!!

ゲームマーケットに間に合わせたいということでしたので、
今後の情報公開が楽しみです。

ウォーロードゲームズ 日本サポート

 
 
 
 
 
他にもたくさんのゲームが遊ばれていましたが、今回は以上になります。
また遊べる機会があれば、ご紹介していきます。
 
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

説明書を読みやすくする [■ゲーム制作おぼえがき]

40代になると、細かい字が読みにくくなりますよね。
説明書もできるだけ大きな文字でお願いしたい!!!!!!
・・・と、そんな意見をtwitterでもみかけます。

とはいえ、制作者としては、なるべく多くの文字を、
限られたスペースに収めたいところです。

そこで同量の文字数を工夫することで、
少しでも見やすくする方法をまとめてみました。

ブログで紹介することもあり、モニターのサイズや環境によって、
印象が変わる場合もあります。
記事の内容は鵜呑みにせず参考程度にとどめ、自分の感覚で作業してください。


いくつかの段階に分けて紹介してみましょう。



TESTTEXT_1.jpg

左はテキストを同サイズのフォントでレイアウトしたものです。
均一のサイズですがなるべく大きな文字で、
スペース内ギリギリまで使って改行しています。
行間はかなり詰まった状態になりました。

右はテキストのサイズとフォントを、見出しと本文に分けたものです。
本文のサイズは小さくなりましたが、
メリハリをつけることでだいぶ読みやすくなりました。
行間を広げているのでテキストのサイズが小さくても可読性は上がっています。


・文字のサイズは大きければ良いわけではない

・しっかりと行間をとることで読みやすくなる

・見出しと本文でサイズやフォントを変えるとメリハリがつく


それではさらに工夫してみましょう。




TESTTEXT_2.jpg

左は前回のものです。

右は天地左右の余白を広げたものです。
テキストのない空間を確保することで、
ギリギリまでテキストが入っているものより読みやすいですね。

さらに文字詰めを修正しています。
カッコや句点などの字間を詰めることで、十分な行間が確保できない場合でも、
テキストが読みやすくなります。

また、テキスト右側の改行部分を比べると、ぴっしり揃えた文字組みになっています。
これは専門用語で『ハコ組み』というものですが、大量のテキストを読ませる場合に、
整えることで読みやすくする手法です。
もちろん見た目も良くなりますね。


・テキストのまわりに余白を確保する

・文字詰めをして読みやすくする

・ハコ組みにすることで読みやすくなる


使用するソフトや技術力によって、できない場合もあるとは思いますが、
知識として身につけておくだけでも違ってくると思います。




TESTTEXT_3.jpg

左は前回のものです。

右は見出し部分に色を入れたり、地色を加えたものです。
目立たせたい部分に、色が入ることで強調されましたね。

『初心者ルール』の部分のように、他のテキストと差別化させたい場合は、
囲みを作るのもいいでしょう。

見出しの先頭に『■』や『●』を加えることで強調することもできます。

背景や下地に色を入れることを専門用語で『ザブトン』といいます。
重要な部分にはザブトンを使うことで、
文字が白ヌキになり、全体としてメリハリができました。

さらに強調させたい場合は、ビビットな色を文字に加えることで、
ユーザーがチェックしやすくなります。

色弱な方など、色使いによっては、
逆効果になるケースもあるので注意したいですね。


・目立たせたいところに色を使う

・見出しの先頭に『■』や『●』を加える

・ザブトンや白ヌキ文字を使ってメリハリをつける

・強調したい部分にはビビットな色を使う


ここまでの作業を行うと、かなり見やすくなったと思います。
個人的には説明書のレイアウトとして十分なクオリティだと思います。





TESTTEXT_4.jpg

左は前回のものです。

右は・・・どこを変更したでしょう。わかりますか?

実は改行部分の文字を変更しています。

言葉の切れ目、句点の入る位置など、微調整をすることで、
可読性は変わってくるのです。
今回は字間を調整したり、改行をすることでバランスを調整しています。

ここまでやれるとハイレベルな説明書になると思います・・・が、
ページ数が多いものや、テキスト量の多いものだと限界がありますね。
無理のない範囲でやれればと思います。


・改行部分の文字を調整して読みやすくする




TESTTEXT_5.jpg

それでは最初のものと、仕上がりを比べてみましょう。
細かな修正の積み重ねですが、かなり見やすくなったと思います。

ここまでデザインするには、手間と字間がかかるかもしれませんが、
やっただけの価値はあると思います。

ただ文字を大きくすれば読みやすいのではありません。

自分でできる範囲でかまわないので、工夫してみるといいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

説明書をつくる [■ゲーム制作おぼえがき]

ゲームマーケットが近づき、新作のルールが公開される時期になってきましたね。

今回はひさびさにボードゲーム制作おぼえがきとして、
説明書について書いておこうと思います。



IMG_9839.jpg

■サイズをきめる

説明書は制作したゲームの化粧箱の中に封入されるものです。
ルールのボリュームによって、ページ数やサイズは変わってきます。
仕様は様々ですがどのサイズで作るのかをまずは決めたいですね。
仕様としては、下記のようなものになります。


・ペラ(1枚の用紙表裏に印刷したもの)

・折り込み(ペラに折り込みを加え、サイズを小さくしたもの)

・冊子(4ページ以上の本になったもの)


まれにカードが説明書になっているものなど、
コンポーネントの一部を利用したケースもありますよね。





IMG_3493.JPG

■台割りをつくる

ざっくりでかまいません。
下記の要素を確認しながら台割りをつくると楽です。

・どのページにどんな内容をレイアウトするのか

・画像や表組みが必要なのか

・全体で何ページになるのか

最初から要素を詰め込みすぎると、
実際に作業した際に収まりきらないケースがあります。
慣れないうちは余裕を持ったレイアウトで進めたいですね。

冊子の場合は、無駄なページができないよう調整しましょう。
見開きの状態で読みやすい構成にできればベストです。





IMG_3491.JPG

■文字原稿をつくる

いきなりレイアウトに文章を書くのではなく、
まずはテキストデータとして文字原稿を用意しています。

いくつか注意しながら進めていますが、
最終的には文字校正でチェックすることになります。
文字原稿の段階でしっかりしたものを用意できると、
修正によるレイアウト変更など、その後の手直しが格段に減ります。

ストレスをためないためにも、しっかりとしたものを用意したいですね。



・用語を統一する
『キャラクターカード』『マインドマーク』『脱出ポイント』など、
ゲーム中で使われているオリジナルの用語や、
『時計まわりに/左隣のプレイヤーに』
『〜枚以上/〜枚あれば』『最大で/最高で』など、
説明文での紛らわしい表記も確認しつつ統一したいですね。


・専門用語を極力減らす
ここはプレイしてもらいたいユーザーの理解度に関わってきますが、
『手番』『ラウンド』『ターン』『フェイズ』『勝利点』『破棄』など、
どこまで説明書で使うか検討しましょう。


・どこまで漢字/英語を使うのか
対象となるプレイヤーの認識度や年齢によっては、
漢字や英語を使いすぎると読めなかったり、分かりにくくなる場合があります。
ルビなどでも対応できると思いますが、
文字原稿の段階でどこまで使うのか決めておきたいですね。


・なるべく簡潔に、できるだけ文字量を減らす
文章が多くなるとそれだけわかりづらく、ページ数が多くなる場合があります。
重複する説明や、語尾がくどくならないように注意したいです。


・流れをつくる
説明書は購入者がルールを把握するだけではなく、
他のプレイヤーにインストする際にも使われます。
ゲームの流れをわかりやすく、
間違えやすい点をチェックしやすい構成になるよう心がけたいです。


・ルール以外の要素
ストーリー、問い合わせ先、制作者クレジット、コピーライト、
Q&A、あとがき、ホームページ&ブログ告知、などなど。
ルール以外にも説明書に加えたい要素がいくつかありますね。
あとになって入る場所がない!!と騒がないようチェックしておきましょう。






IMG_9841.jpg

■画像・表組みをつくる

説明書では長々と文章で書くより、
画像や表組みが入る方が理解しやすい場合も多いですね。

仮レイアウトの段階では、とりあえずダミーを配置すれば十分です。
手間がかかりますが、コンポーネントの画像データを用意しましょう。
必要になりそうな要素をまとめてみます。

・内容物の説明

・初期配置図

・複雑な動作

・表記が紛らわしい部分

・アイコンなど差別化したい部分

・得点計算の仕方

画像が多くなると、どうしてもページ数が増えてしまいますが、
バランスよくレイアウトしたいですね。






IMG_9840.jpg

■説明書のデザイン

いままでに説明書を作ってきた中で、注意した点をまとめておきます。
最終的にはケースバイケースなので、自分にあったデザインで進めれば良いかと。


・テクスチャーは必要か
説明文の地に、画像などのテクスチャーが薄く敷かれている場合があります。
雰囲気はいいものの、文字が読みにくくなることも多いですね。
個人的には説明書は読みやすさを優先したいと考えています。
『幻影探偵団』などでは、天地左右の余白を広めにして、
文字にかからないよう端にテクスチャーをレイアウトしてみました。


・フォントの統一感
説明書ではどの部分にどのフォントを使うか、自分の中で決めておくといいでしょう。
見出し、本文、注意書き、フレーバー要素など、
書体だけではなく、文字のサイズなどもできるだけ統一したいですね。


・色の統一感
こちらもフォント同様です。
また、強調しようとしすぎて色数が増えすぎると
ガチャガチャしたまとまりのない説明書になります。


・色弱対応
色の区別がつきにくい方のために、赤や緑の使い方を注意するケースもあります。
強調色として使ったつもりでも、逆に見にくくなる場合もあるようです。





■説明書の文字サイズ

これがとても悩ましいところです。
文字を大きくすると、それだけ1ページに収まる量が減ります。
とはいえ、小さい文字では読みにくくなってしまいます。
小箱サイズのゲームだと、説明書自体のサイズも小さくなるので、
ページを増やしても限界がありますよね。

そんなわけで、次回は実際に説明書をどのようにレイアウトするのか、
見本を使って説明してみたいと思います。




つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

久々のバックギャモンフェスティバル [-コラム]


IMG_4941.jpg

毎年10月に渋谷で開催されるバックギャモンフェスティバル。

秋のゲームマーケットに出展しないこともあり、
久々に初級クラスで参加することにしました。



初級クラスは事前登録なしで参加できますが、
参加者はエントリー料の他に、
自分用のプレシディションダイスを2個用意する必要があります。


IMG_9816.jpg

プレシディションダイスは各面の重量が均等で、出目に偏りがない高価なサイコロです。
1コ1000円以上してしまうので、ちょっとハードルが高く感じるかもしれませんね。


IMG_4940.jpg

会場では大型のボードを使って対戦します。
自宅ではなかなかこのサイズを用意できませんので、テンションが上がります。


IMG_4936.jpg

初級戦はシングルマッチです。
制限時間内であれば何回でも対戦できます。
1勝すれば1ポイントですが、ギャモン、バックギャモン勝ちで
2〜3ポイント勝ち取ることもあるので油断できません。


IMG_9809.jpg

今回の戦績は、10戦7勝3敗。
ギャモン勝ち2回、ギャモン負け1回となりました。

久々の参加でしたが、33人中6位という成績はぼちぼちというところでしょうか。


IMG_9810.jpg

初戦のギャモン負けがやはりイタイですねぇ。
さらにようやく持ち直したところで、凡ミスやらかし逆転負けをくらいました。
シングルマッチは運要素もありますが、勝てる試合を負けたのは悔しいですね。


IMG_9812.jpg

ちなみに6位の商品は、こちらのミニポーチ。
ダイス柄のワンポイントがいいですね。


IMG_9814.jpg

参加賞はなぜかリステリンw
スポーツドリンクと間違えて、試合中に飲もうとしたのはここだけの話ですw



最近ではカタンやカルカソンヌ、そしてアクワイアなど、
ボードゲームの公式試合なんかも増えてきました。

わいわい楽しくプレイするのもいいですが、
今回のような緊張感のある場での対戦も楽しいですね。

また機会があれば、参加したいと思います。
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

東京ボードゲームコレクションに行ってきた。 [・出展おぼえがき]

10月2日に開催された『東京ボードゲームコレクション』に行ってきました。

今回は出展でもなく、一般参加でもなく、イベントの撮影がメインになります。

以前からイベントの動画撮影をするのが趣味でしたが、
主催側に事前承認していただき、ビデオ撮影をしています。

ゲームマーケットに比べると、会場の規模は小さいですが、
ビル自体ができたばかりなので、とても綺麗ですね。






動画は2本に分けました。

それぞれのタイトルをクリックするとリンク先に移行します。





1.jpg

3.jpg


東京ボードゲームコレクション TBC side.A

side.Aは一般参加者の目線でイベントを撮影、
実際に参加された方からもコメントをいただいています。
今回の売りのひとつであるステージのイベントは、
残念ながら権利問題などの関係で基本NGとなっています。
こればかりは、実際に会場に来た方だけの特典ですね。
しゅぴーる遊園地の皆さんは撮影OKとのことでしたので、
最後に少しだけ出演していただいています^^。





2.jpg

4.jpg


東京ボードゲームコレクション TBC side.B

side.Bは出展者のコメントを中心にまとめた動画です。
残念ながらすべての出展者のコメントは集められませんでしたが、
それなりにボリュームがありますので、お楽しみください。
もちろん、主催者のおふたりからもコメントをいただいています。





撮影しながらのイベントで感じたことをいくつか。

イベント開始時の中古取り扱いブースの人だかりはすごかったですね。
どんな目玉商品があったのか気になるところです。
新作ゲームを販売していたブースでは、完売するところも見受けられました。
今後、ゲームマーケット以外の出展をメインに考える制作者も、
ひょっとしたら登場するかもしれませんね。

撮影していて気になったのは、ステージの音声がスピーカーから会場中に流れていた点でしょうか。
かなり大きな音量だったので、インストや接客中の出展者は大きな声を出さねばならず、
苦労されている様子が見受けられました。
ゲームマーケットでも、芸能人などを呼んだイベントが行われるなら、
同様のことが起こりそうですね。

・・・メガホンを持ち込んでインストする日が来るのかもしれません(多分こない


気がつけば、秋のゲームマーケットの告知が、ちらほらと見かけることが多くなりました。

残念ながらハッピーゲームズは一般参加の予定です。
今回の動画が好評なようなら、ひょっとしたらまた撮影をしているかもしれません。



東京ボードゲームコレクションに参加された皆さん、ありがとうございました!!
 
こうした動画が増え、少しでもボードゲームのイベントの敷居が低くなることを願います。 
 
 
 




なお、動画に不備があれば、お手数ですが下記のアドレスにご連絡ください。
お手数ですがよろしくお願い致します。

ryodrift@gmail.com
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム