So-net無料ブログ作成

トレーニング場が公開されました!! [-トレーニング]

T1.jpg

『幻影探偵団』をプレイしたけど、ヌケ作の称号をもらってばかりという方におすすめ!
おみ(HOM)さんが開発した『幻影探偵団トレーニング場』をご紹介します。



幻影探偵団トレーニング場(旧版)



真相解明で答え合わせをしたものの、思った以上に間違えが出る。
自分のミスなのか、それとも影男のせいなのか、判断できないこともありますよね。

今回紹介するトレーニング場は、『幻影探偵団』そのものを遊ぶことは出来ませんが、
推理の基礎となる捜査を、ひとりで繰り返し練習できるツールになっています。



T2.jpg


『幻影探偵団』との違いは下記のとおり

■髑髏王、影男は存在せず、ひとりで4つの探偵団の正体を当てる

■分数計、宝石チップもありません、したがって団員を殺害されません

■使えるのは[攻]のアクションカードのみ

■アクションカードは使い放題

■捜査時間(手数)のカウントはされますが制限なし

■歯車館への配置は固定です

■容疑者の振り分けは、初期化するたびにランダムで変更されます


ロジックに基づいた推理を、少ない手数でクリアするソリティアだと思ってください。
とはいえ、通常プレイより多い12人の容疑者の正体を確定しなければならないので、
思ったよりも手強いですよ!!



T3.jpg

歯車館への配置は、テクスチャーになっている画像と同じ。
突出した部分もあり、イニシャルも適度にバラけているのでいい配置です。



IMG_8239.JPG

プレイするには推理シートが必要になります。
お持ちでない方は、このブログからダウンロードできるので、そちらをご利用ください。

早速、右側の見取り図に、容疑者の位置を書き写します。
探偵団は、OBORO(朧)、KANOH(叶)、GISHI(義死)、TEITO(帝都)の順です。
上から順に記入していきましょう。



T4.jpg

ボタンをクリックすると捜査開始です。まずは[尋問]を試してみましょう。
テキストが表示されます、そのままクリックしましょう。



T5.jpg

ボタンを押し、どの探偵団を[尋問]するのか選択します。



T6.jpg

今度はどのエリアを捜査するか質問してきます。
推理シートの見取り図と照らし合わせながら、決めていきましょう。

決めたボタンをクリックすれば、回答が表示されます。



T10.jpg

アクションカードでの捜査も、同じ要領で進めていきます。
[二重]は、[尋問]を繰り返し行ってください。

アクションカードの捜査は、通常のプレイ同様、2回分の捜査時間(手数)を消費します。




IMG_8234.JPG

捜査を繰り返し、すべての容疑者の正体が確定したら、
[回答を見る]のボタンをクリックして答え合わせになります。

このときはアクションカードの使用回数を制限しながらプレイしましたが、
どうにか44手でパーフェクトクリアでした。
通常のプレイではギリギリのタイミングでしたね。



トレーニング場の操作に慣れてきたら、
下記のような条件でプレイすると、いっそうレベルが上がりますよ!

■捜査時間(手数)を決めてプレイする

■アクションカードの使用制限をしてプレイする
 例:アクションカードは8枚まで/尋問を4回やるとアクションカード1枚使える

■ストップウォッチを使用して、答え合わせまでの時間を計る





T7.jpg

[初期化]のボタンをクリックすれば、容疑者をランダムで再配分してくれるので、
何度でもプレイすることができます。



T9.jpg

さらに、現在はバージョンアップし、初期化の際に、探偵団1つ分の正体を知ることもできるので、
より通常プレイに近い環境で遊ぶこともできます!!!!


残念ながら無料サイトを使用していることもあり、PC専用になっています。
iPadやiPhoneだと広告バナーが表示されてしまい、プレイすることができません。
とはいえ、ひとりで基本操作の練習ができるのはスゴイことです!!!!


おみ(HOM)さん、ありがとうございました!!!!!
「作者なのに弱いよねwwwww」と言われないように、密かにトレーニングさせていただきます!!

 
 
追記■


GT2.jpg


さらにバージョアップされました。(2015.10.28)

・初期化した後、探偵団のひとつを選んで、正体を知ることができます。

・他の探偵団がランダムで、尋問をするようになりました。
 
これにより、今まで以上に通常プレイに近いトレーニングができるようになりました!! 


幻影探偵団トレーニング場(新版)
 
注:URLが変更になっています。ご注意ください。

 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ノコギリチップのカスタマイズ-2 [-カスタマイズ]

IMG_8211.JPG

ノコギリチップ制作のつづきです。前回の記事はこちら!



今回は台座部分を制作いたします。
使用する部材は分数計チップで紹介したものと同じです。

分数計チップのカスタマイズ


IMG_7920.jpg

ワッシャー(M4×25×1.0/ステンレス)と、ワッシャー(M10×22×1.6/真鍮)


IMG_7921.jpg

ハトメ(#23/ゴールド)、ハトメ(#30/ゴールド)



IMG_8220.JPG

今回も同じ要領で制作していきます。
上の画像のように使用する部材を並べてみましょう。



IMG_7930.jpg

今回も接着には両面テープを使用しています。


IMG_7934.jpg

ワッシャーの大きさに合わせ両面テープをカットします。


IMG_8223.JPG

真鍮ワッシャーの中央部分にかかる両面テープに、
十字に切れ込みを入れておきます。


IMG_8224.JPG

分数計チップ同様、センター揃えでパーツを貼り合わせていきます。



IMG_8226.JPG

ノコギリ部分にも両面テープを貼っていきます。
柱部分になるジャンパーホックのサイズに合わせ、両面テープをカットします。
※今回は余剰パーツで採寸していますが、ない場合は事前にカットしておきましょう。



IMG_8227.JPG

こちらの両面テープにも、十字の切れ込みを入れます。



IMG_8229.JPG

これを完成しているノコギリの柱部分に貼り込みます。



IMG_8231.JPG

最後は完成した2つのパーツを接着すれば完成です。
しっかり厚をかけて剥がれないか確認しましょう。
両面テープでの接着なので、それほど頑丈ではありませんが、
手軽でそれなりの強度があります。


IMG_8232.jpg

ノコリギリ部分のギザギザで怪我をしないよう注意しながら制作してくださいね。
金属ならではの重量感と、光沢を持った豪華なコンポーネントの完成です!!



IMG_8183.jpg

工作に自信のある方は、ルレットの歯の穴を、円形の棒やすりで広げてみましょう。
作例ではM2.6のねじを使用していましたが、
M3のねじに変更すれば、精度の高いものが制作できます。



IMG_0116.JPG

また、一部のパーツを真鍮製のものに変装すれば、さらに高級感のある仕上がりになります。
模型用の塗料で、血しぶきを表現してもいいかもしれません!!



IMG_0115.JPG

箱にギリギリ入るサイズになっていますが、他のコンポーンエントを傷つけないよう、
ティッシュでくるんだり、袋に入れて保管してください。






IMG_0103.JPG

いままでに紹介したカスタムチップや、ダウンロードアイテムといっしょに撮影してみました。
簡単に工作したとは思えない仕上がりですね。



IMG_0106.JPG

立体的になり、質感の違うコンポーネントが加わり、大人の雰囲気が出てきました。



IMG_0109.JPG

既存のボードゲームも工夫次第で面白さがUPします。
『幻影探偵団』以外のゲームでも応用できそうですね。
機会があれば試してみてください。



IMG_0114.JPG

カスタマイズ関連の工作は、自己責任で行ってください。
制作上の不明な点があれば、Twitterなどにお問い合わせください。
出来る限り対応させていただきます。
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ノコギリチップのカスタマイズ-1 [-カスタマイズ]

IMG_8232.jpg


ここしばらく続けていた『幻影探偵団』のカスタマイズですが、
最後のノコギリチップをご紹介。

分数計チップと同じく金属製なので、かなり雰囲気ありますよ。

今回はまず上部のノコギリ部分を制作してみます。
使用する部材は、東急ハンズや100均で購入したものです。



IMG_8236.jpg

M3のローゼットワッシャー、M2.6のさらねじ。
※どちらも使用済みで内容物が減っています。



IMG_8237.jpg

NNジャンパーホック#7050(大)、
ハトメ#500ニッケル、ハトメ#23ニッケル。
※どちらも使用済みで内容物が減っています。


これらは東急ハンズやDIYショップなどで購入可能です。




IMG_8161.jpg

そしてこちらは裁縫用品のルレット。
今回はダイソーで購入したものを使用します。
ギザギザのローラー部分を使用します。


IMG_8163.jpg

ここでちょっと加工が入ります。
ニッパーなどでローラーの留め具を外します。


IMG_8164.jpg

このように簡単に取り外すことができました。



IMG_8212.JPG

さらねじに入っているワッシャーやナットも使います。
それぞれのパーツを揃えて、上の画像のように並べていきましょう。


それではいよいよ組み立てです。


IMG_8206.jpg

Aのねじを、B列のパーツを左から順に入れていきます。
この段階ではセンターが出ていなくても、表裏や順番さえ間違えなければ問題ないです。


IMG_8216.JPG

次にC列のパーツを入れていきます。
最後のナットを締める時に、それぞれのパーツがセンターで揃うように注意しましょう。
今回紹介する部材は、それぞれ精度がそれほど高くなく、
内径も違うので、この段階で調整しておくと見栄えが良くなります。



IMG_8210.JPG

さらにD列のパーツを入れていきます。
ペンチなどでナットをしっかり止めておくと強度が上がります。
工作に自信がある方は、ここナットをゆるめたまま接着剤で固定すれば、
ノコギリを回転させつことも可能です。


IMG_8211.JPG

ここでもセンターが出ているか、確認するといいでしょう。
金属パーツの光沢がたまりませんね^^




思ったより長くなってしまったので、今回はここまででひと区切り。
次回は台座部分を作ります。


お楽しみに^^
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ノコギリチップのカスタマイズ進行中!! [-カスタマイズ]

『幻影探偵団』のコンポーネントを手軽な工作で
豪華にカスタマイズする方法を模索しているのですが、
最後のノコギリチップが予想以上に難産です。


IMG_8149.jpg

一点ものであれば、いくらでも方法があるのですが、
普通に買える部材を使って構成したいので、
なかなかイメージどおりのものに仕上がりません。


IMG_8148.jpg

それでも、少しずつ改良を加えて、どうにかいいものになりそうです。
分数計チップと同じく、金属素材で構成されているので、雰囲気ありますよ!!


IMG_8178.jpg

ノコギリの歯が回転できないかと検討もしていますが、
工作難易度が上がるので、まずはお手軽仕様から紹介することになりそうです。




IMG_0092.JPG

少し前の試作品ですが、他のコンポーネントとの相性もバッチリです^^。



IMG_0100.JPG

もちろん、箱に封入できる高さになっていますよ。



IMG_8184.JPG

一番左が最新版です!!
いかがでしょう。かなり良い仕上がりになっていませんか?



納得できるものになりましたら、他のカスタマイズ同様、
こちらのブログで作り方を紹介いたします。

もうしばらくお待ちください!!
 
 
 
 
 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム