So-net無料ブログ作成

バックギャモンプレイヤー的にどうなの? […制作ノート]

半信半疑のまま、試作を続けていた『グラギャモン』。

ボードゲーマー向けのテストプレイに続いて、
バックギャモンプレイヤーにも意見を聞くことになりました。



IMG_0459.jpg

『バックギャモンフェスティバル』は国内だけではなく、
海外からも多くの一流プレイヤーが参加する、
日本最大規模のバックギャモンのイベント。

2017年から会場を大崎に移し、ゴールデンウィーク中の連日開催に。

以前にもプライベートで初級クラスに参加したことがありますが、
『どのへんが初級なんですか?』と
問いたくなるレベルの方々がゴロゴロいる大会w。


バックギャモンフェスティバル2017



IMG_0464.jpg

この3〜4年のあいだにイベントの雰囲気もだいぶ変わったよですね。
会場ではボードゲーマーならおなじみの『シュピール遊園地』による新曲披露や、
『寿司ギャモン』の動画配信なども企画されており、
試合だけではない、イベントとしての盛り上がりも感じます!!



IMG_0458.jpg

さすがに皆さん真剣勝負!
『ボクの作った最高のバックギャモンボードをみてちょうだい〜!』とはしゃぐ雰囲気ではなく、
試合の合間の息抜きタイムに、ちょっとご意見をいただくことになります。

ちなみに、懲りずに初級戦にチャレンジしますが、
対戦成績が伸び悩み、残念ながら入賞できませんでした。
ま、まぁ、今回は・・・試合がメインじゃないから・・・ないからぁぁ!!!!




IMG_0466.jpg

Twitterで交流のあったバックギャモンプレイヤーのテクノキューブさんをはじめ、
がっつりバックギャモンを楽しまれている方に、実際にプレイしていただいています。

4年前のことがあったので、バックギャモンプレイヤーのみなさんに、
どのような感想をいただけるのか不安でしたが・・・



デザイン含め、大変好評でした!!



実はすでにTwitterなどに公開した画像で『グラギャモン』を知っていた方も多く、
興味をもっていただけていたようです。

試合で使われるLサイズのボードとは違い、コンパクトなので若干遊びにくいものの、
通常のバックギャモンにはない、グラフィックやピップ・進行方向の表記は目新しく、
初心者にもすすめやすいとのこと。


また、この日はバックギャモン協会代表の
来住野さんにご挨拶できたのも大きな収穫ですね。

来住野さんは全国のボードゲームカフェで、
初心者向けのバックギャモン会を企画されたり、
低年齢向けのバックギャモンを考案されています。

Twitterでは『グラギャモン』の情報を
リツイートしていただき、大変励みになりました。




IMG_1557.jpg

IMG_1561.jpg

その後、秋に開催された王位戦にも
完成間近の『グラギャモン』を持ち込んでいます。

こうした活動でバックギャモンプレイヤーにも、
『グラギャモン』の需要があると感じることができました。




『すごろく商店街』を企画した頃と比べ、
4年の間にだいぶ流れが変わってきましたね。


ただ、ここまでやっても、企画にGOサインを出せずにいます。

『遊びたい』と思わせるだけではなく、
『欲しい』と思わせるレベルにならないと、
まとまった数を生産するのは怖いですよね。。。。



そこで、バックギャモンにはない、
『グラギャモン』だけの追加要素を検討することになります。
 
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。