So-net無料ブログ作成
検索選択

化粧箱や説明書について [=制作ノート]

OPEN.jpg

ルールやカードのデザインついて、ここまで進めてきましたが、
化粧箱や説明書に関してもいくつか書いておきます。






化粧箱

今回は小箱になり『幻影探偵団』と比べると、半分のサイズになります。
当然、入れられる情報に限りがあるので、
事前になにを優先するのか決めてからレイアウトしています。



JKT3D.jpg

優先順位として、まずはキャラクターですね。
『迷家-マヨイガ-The Lost Village』の場合、アニメ原作のゲームなので、
キャラクターが認識できるように心がけています。
30人のキャラを並べるだけでも、かなりのスペースを使いますね。

プレイ中の全体図は、キャラクターの絵柄とかぶりゴチャつくので、今回使いませんでした。
その代わりにトーンを抑えたマインドカードをテクスチャーにして、
どんなカードを使って遊ぶのかをイメージさせるようにしています。

キャッチコピーは原作アニメで使用されているものを考慮しています。
また、アニメを知らない方にも、イメージしやすくするために、
ジャンル分けとして、『サバイバルホラー』という表記をポニーキャニオンに提案しています。
(ちなみに発案者は『ハコオンナ』でおなじみのEJIN研究所所長エジンさん。感謝ッ!!)

タイトルの『迷家-マヨイガ-The Lost Village』は、
ポニーキャニオンに決めていただきました。
最近のtwitterの反応をみると、『迷家カードゲーム』と書かれることが多く、
シンプルにしても良かったかもしれませんね。



boxup.jpg

今回は説明書を含め、英語対応しています。
化粧箱の文字も英語対応したかったのですが、小箱では限界があるので、
煩雑にならないよう表面のタイトル下にまとめる形にしています。
デザインとしても、いいバランスじゃないでしょうか。





rulebook.jpg

説明書

説明書はルールがある程度決まった段階で、台割りを進めていきますが、
今回はプレゼン用の企画書をベースに作業を始めてしまったため、
まとまりが悪く難航しました。

それに、小箱サイズの説明書は初めてでしたが、いつもと勝手が違いますね。
いくつか目標を決めていたのでまとめてみます。

・A4両面にまとめる

・説明書の始めから順に読むことで、ゲームの流れを把握できいるようにする

・画像を多く入れて、普段ゲームの説明書を読まない方にも遊べるようにする

・専門的な用語を極力減らす

・小箱サイズの説明書は折り込みになるので、読み難くならないようにする

・英語版も同梱されるので、英語になり、文字数が変わっても対応しやすいようにレイアウトする


面白さを優先するとルールが長くなったり、複雑になる場合があります。
そうなるとどうしてもゲームを遊んでもらい難くなります。
また、インストし難いルールは採用しない(もしくは、よりわかりやすいものに変更)ようにしました。
普段ゲームしない方が遊ぶ説明書としては、画像を多くしても、A4両面が限界だと判断しました。




仮組の段階で、お付き合いのあるゲーム制作者に読んでもらったり、
いつもお世話になっているガーデンゲームズの『喧嘩読み』で校正していただいています。
複数の目でチェックするのは本当に重要ですね。

十分納得出来るクオリティの状態でポニーキャニオンに提出し、
ここからさらにチェックが入ります。
修正点はこんな感じになります。

・『場』『ラウンド』などの用語をもう少しわかりやすくしたい

・文章が硬い部分を、やわらかくしたい

・スタートプレイヤーの決め方『最近、もっとも人生に絶望した方』を削除


気をつけてはいましたが、まだわかりにくい部分があったようですね。
何度かやり取りを繰り返し、調整をしています。
スタートプレイヤーの決め方は、個人的には採用したかったのですが、
『重い』という意見も根強くあり、最終段階でカットしています。
(コミケ特典の動画で採用されているのはその関係)


英語の説明書は、日本語ルールの文言が確定してから作業をしています。
英訳に関しては、ポニーキャニオンにおまかせしているので、今回は楽ですね。
英文のレイアウトは、不慣れなところもあるので、今後も勉強したいところです。



今回の印刷は立川のタチキタプリントにお願いしています。

最終的には、スケジュールが押すかたちになり、
ギリギリの進行での入稿となりましたが、
メール等のレスポンスもよく、大変助かりました。
面つけ、断裁についてのアドバイスも参考になりました。

お願いできるロット数のゲームをなかなか作れませんが、
またご一緒したいですね。


タチキタプリント






IMG_4728+.jpg


さて、思ったよりも長くなった制作ノートですが、
今回でひとまず終了となります。

『キャラクターゲーム』については、紹介させていただいた中村誠さんの記事がすばらしく、
これ以上書くことなんにもないよ!!!!と思いながら続けてきました。


ハッピーゲームズは、本業でつくったボツ企画を自主制作したことからスタートしましたが、
4年かけてようやく企画が実現しました。
特殊な例なので、どこまで参考になるかわかりませんが、備忘録がてら記録しておきます。




また思い出すことがあれば、こっそり追記したいと思います^^。

 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0