So-net無料ブログ作成

髑髏王ボードを試作してみた [-カスタマイズ]

IMG_9859.JPG

『幻影探偵団』をプレイしていると、影男を意識しているうちに、
髑髏王の存在を忘れてしまうという意見もあったので、急遽プロモカードを制作しましたが、
今回は思い切って追加ボードを試作してみました。

以前に、手製の追加ボードが加えられた『BATTLESTAR GALACTICA』を遊んだことがあり、
一度試してみたかったんです。

イラストはハッピーゲームズの名刺用に、新しく描いたものです。
プロモカードは、ゲームマーケットのスタンプラリー用に描いたものの流用ですが、
髑髏王の身体はほとんど描かれずにシルエットになっていました。
今回は引きの構図で、怪しい雰囲気が増し増しになっています^^


IMG_9857.JPG

使い方はゲームボードの横にレイアウトして、髑髏王カードを置くだけです。
いかがでしょう、かなり存在感あると思います。


IMG_9850.JPG

一部では宮尾すすむの「はいっ!」のポーズに似ているという噂もありますが、
犠牲者をノコギリで切り裂く、髑髏王の狂気を描いてみました。
スプラッター要素が苦手な方もギリギリいけるかな????


IMG_9858.JPG

ゲーム終盤の推理披露では、カードをめくる時に盛り上がりそうです。
ありがたいことに『幻影探偵団』はデザインを褒めてもらえますが、
さらに雰囲気がよくなったと思います。


IMG_9854.JPG

もちろんゲームボードの右側にもレイアウトできます。
尋問カードを使用しても、それほど邪魔に感じませんでした。
全体のバランスはこちらの方がいいかもしれません。


IMG_9862.JPG

もちろん他のコンポーネントといっしょに、箱に収納できます。

ジャストアイデアで作ったものなので、まだプレイできていませんが、
ゲーム会などの広めのテーブルなら、活躍しそうですね。



『幻影探偵団』は手元の在庫もなくなり、委託先に少数残すだけになりました。
今のところ、再版の予定はありませんが、ありがたいことにtwitterなどで、
プレイした感想をよく見かけます。

こちらの髑髏王ボードも好評のようなら、
ダウンロードして遊んでもらえるようにしたいですね。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0