So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

試作案は大失敗・・・ [=制作ノート]



いただいた資料からイメージを膨らませ、
いよいよ『迷家-マヨイガ-』のゲームをつくるにあたり、
すでに完成している自作(『傾国-KEIKOKU-』『幻影探偵団』)の
仕組みを流用してゲームを作れないかと検討しています。

とはいえ、アニメをご覧になった方なら分かると思いますが、
作品の方向がまったく違うものなので、
複数案アイデアを提出しなければならない場合の控え程度でしたが^^。





次に検討したのが、ストックしていたアイデアの活用です。
ざっくりとですが、どんなゲームなのかまとめてみました。



A案:スゴロク風の鬼ごっこ的なホラーゲーム
プレイヤー同士の駆け引きで動くNPC(ノンプレイヤー)キャラ
少しずつ収束していく盤面。ダイズを使い、運要素を加える。


B案:HN(ハンドルネーム)を当てるゲーム
登場人物が本名ではなくHNで呼び合っていることもあり、
断片的な情報から誰がどのHNなのかを当て合うゲーム。





この段階ではポニーキャニオンには報告せず、
個人的に作ってみたいと考えていたA案のアイデアを採用し、
検討を進めることになります。



IMG_8873.jpg

ボードを使うと、どうしてもコストが高くなるので、
カードを組み合わせて盤面を作れないか検討しています。



IMG_8891.jpg

当初はダイスのかわりに、カードに書かれた数字の分だけ移動するシステムで、
共通の敵であるバケモノから逃げつつ情報を集め、
謎の村からの脱出口を探すゲームになっていました。

コマなどは既存のゲームから流用した仮のものです。

『迷家-マヨイガ-』の作品情報を公開できないこともあり、
キャラ名をドリフターズのメンバーに置き換えたものになっています^^。



IMG_8895.jpg

ところが、実際作ってみると、要素が多すぎてわかりずらく、
ゲームとしても盛り上がりに欠ける内容になってしまいました。


制作者同士のテストプレイ会などに持ち込んだものの評判も悪く、
それでもどうにかおもしろく出来ないかと、
改良を重ねる日々がしばらく続きます。



IMG_8929.jpg

IMG_8976.jpg

ダイズを使ったり、要素を減らし手軽なゲームにするなど、
調整を繰り返しますが、どうにも盛り上がりません。



IMG_9674.jpg

当時のアイデアノートをみると、いろいろな数字やメモがたくさんあります。
今となっては、もう何が何だかわかりませんが、
だいぶ煮詰まっていたことがわかりますね(苦笑





この頃になって、ようやく台本の続きや、主要キャラの設定ラフ画などが届き始めます。


どうにもならない時は、中途半端に粘るより、
別のアイデアを試すほうが近道になることも多いです。

新たな資料が追加されたこともあり、
ここまで作ったゲームですが、思い切って凍結します!!

結果的には大正解でしたが、
このまま企画もダメになるではないかと不安もありました。






次回はある方が書いた記事がきっかけとなり、
まったく別のゲームをつくるまでをまとめたいと思います。


アイデア出しからの再スタートです!!!!!




つづく
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

手探りでのスタート [=制作ノート]


IMG_4728+.jpg


アニメを原作に作られたカードゲーム『迷家-マヨイガ-The Lost Village』。

今回から備忘録も兼ねて、制作ノートを公開していきます。





アニメ『迷家-マヨイガ-』はクラウドファンディングや、WOWWOWでの先行放送など、
4月のTV放送に合わせ、おもしろい試みが行われた作品です。

今回のカードゲームも、なにか新しいことを試したいということで、
以前からお付き合いがあり、発売元であるポニーキャニオンからご依頼をいただき、
参加することになりました。

ご縁というのは、大切にしたいですね!

最初の打ち合わせで、
既存のボードゲーム、カードゲームを見ていただき、
最近のボードゲーム業界の賑わいなどを説明していく中で、
ポニーキャニオンからいくつか提案をいただきました。





・アニメを知らなくても遊べるようにしたい

・メインキャラ30人を登場させたい(難しい場合はメインの5〜6人)

・作品の世界観を活かした内容にしたい

・海外の方でも遊べるようにしたい

・メインキャストにプレイしてもらい、ニコ生などで放送したい

・ポニーキャニオンから発売する





これを元にゲームを作っていくのですが、
この作品は漫画や小説のアニメ化ではなく、完全オリジナル作品です。
ご依頼をいただいたのがかなり早い段階で、
まだ企画書やキャラクターのラフ画しかなく、
脚本も準備稿が数話分という状態、当然ストーリーの結末はわかりません。


もらった資料からゲームで使えそうなキーワードを拾いつつ、
イメージを膨らませていくという、手探りでのスタートになりました。






当時のメモをみると、こんなことが書かれています。


・海外ドラマ『LOST』っぽい謎解き脱出もの

・謎のバケモノに追われるが、それは自身のトラウマ

・30人のキャラの中に黒幕がいるっぽい?人狼的か?

・キャラはいくつかのグループに分かれるのか?

・舞台は廃村。ひぐらし風????

・スプラッタ的な残酷描写なし。ざんねんw

・ナイフやエアガンなどのアイテム要素はある



タイムマシンがあれば、過去に戻っていろいろ助言したくなりますね^^。

次回はこの情報を元に、どのようなゲームを作ったのか紹介したいと思います。


 


つづく

 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

初心者&上級者用 調整ルール [=調整ルール]

JKT3Domote.jpg

『迷家-マヨイガ-The Lost Village』の制作段階で、
初心者用、上級者用の調整案があったので、こちらに記録しておきます。



mayoiga1.jpg

今回紹介する調整ルールは、テストプレイの段階で、実際に遊んでいただいたものです。
プレイヤーのレベルや、インストのしやすさに応じて使い分けていただければ幸いです。



■初心者用ルール

変更点

・キャラクターカードの特殊能力を使わない

・『ゲームの準備』でナナキにカードを配らない

使用するのは、どちらか一方だけでも問題ありません。
通常ルールでは考える部分が多いため、いくつかの情報を減らし、遊びやすくしました。




■上級者用ルール

変更点

・『ゲームの準備』でナナキにカードを配られたカードのうち、
 『仲間をスカウト』する際の3ラウンド目にマインドカードを、
 『ナナキとの対決』でキャラクターカードを公開する

『ナナキとの対決』で公開されるカードで、最大マインドマークが4個増えます。
運要素を減らしてプレイしたい場合は、こちらのルールを採用してください。
 
 
 
 
 
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

取扱店について [=ショップ様での取り扱い]

JKT3D.jpg

コミケで期間限定版として発売された『迷家-マヨイガ-The Lost Village』ですが、
東新宿にあるマウスショップで販売されているようです。



マウスショップは、アニメ『迷家-マヨイガ-』の制作委員会に参加されている
声優事務所マウスプロモーションの直営店。

オリジナル声優グッズや関連商品を取り揃え、
事務所にも近いことから所属タレントの方々も訪れるショップになっているようです。

20日には、『迷家-マヨイガ-The Lost Village』のゲーム体験会が開催され、
ショップのオーナーにして、社長の納谷さんがインストをしていたようです。
twitterで様子を拝見しましたが、大変盛り上がってました!!




マウスショップでは、コミケで販売されたものと同じ、期間限定版が販売されています。
在庫数等は確認できていないので、気になる方は問い合わせをしてから行くようにしてください。


今後もゲームショップやイベントで販売されることが決まったら、
引き続きこちらのブログにて告知いたします。

よろしくお願いいたします!!






マウスショップ

営業時間
平日 15:00〜20:00/土日祝 11:00〜20:00
定休日 毎週火曜

所在地
東京都新宿区新宿6丁目26番1号
NOZY新宿ビル1F
 
電車からのアクセス
都営大江戸線・東京メトロ副都心線
東新宿駅より徒歩5分(A3出口)
JR・京王線・小田急線
新宿駅東口より徒歩18分
西武新宿線
西武新宿駅より徒歩15分
東京メトロ丸ノ内線
新宿三丁目駅(伊勢丹前)より徒歩10分
都営新宿線
新宿三丁目駅より徒歩10分(C7出口)
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

プレイ紹介 [■『迷家 The Lost Village』]

mayoiga1.jpg


先日のコミケで発売された『迷家-マヨイガ-The Lost Village』。
すでに説明書のPDFを公開していますが、
普段アナログゲームを遊ばない方にもわかりやすいように、
ざっくりとですが、写真を使ってルール説明をしたいと思います。

3〜5人で遊べるゲームですが、今回は4人で遊んだ場合で説明します。

それでは、しばしお付き合いください。






JKT3D.jpg


『迷家-マヨイガ-The Lost Village』

それぞれの思惑や心の傷を抱え、
バスツアーに参加した30人の男女。
目的地は、納鳴村(ななきむら)と呼ばれる幻の村。
そこは現世のシガラミから解放された
ユートピアのはずだった……。
だが、彼らを待ち受けていたのは、
朽ちつつもわずかに生活の匂いが残る廃村と、
トラウマが具現化したバケモノ〈ナナキ〉だった!!
彼らはトラウマを乗り越え、
村から脱出することができるのだろうか!?




【ゲームの概要】
原作アニメをモチーフに、
30人のキャラクターの中から5人のチームを作り、
トラウマのバケモノ〈ナナキ〉と
5色のマインドマークの数を比べて対決するゲームです。
より多くの脱出ポイントを集めたプレイヤーが勝者になります。







ゲームに使用するカードは大きく分けて3種類。


IMG_4739.jpg

『キャラクターカード』
異なる心の力を持つ5色+無色のキャラクターカード。


IMG_4736.jpg

『マインドカード』
心の力を象徴する5色のカード+アイテムカード。


IMG_4740.jpg

『ナナキカード』
トラウマが具現化した5色のナナキカード。




IMG_4774.jpg

それぞれ『黄《信頼》』『青《純真》』『赤《勇気》』『緑《知恵》』『紫《愛情》』の
マインドマークと呼ばれる、カラーとアイコンに対応しています。








■ゲームの準備



IMG_4770.jpg

ジャンケンなどで決めたスタートプレイヤーから順に、
上記のキャラクターカードの中から1枚選び、自分のチームに加えます。

4人プレイの場合は、1枚余りますので、山札に加えてください。






IMG_4778.jpg

4人プレイでのゲーム開始時の様子です。
よくシャッフルした山札から、キャラクターカードをプレイ人数+1枚公開します。

ナナキカードの横に、キャラクターカードとマインドカードを山札から、
それぞれ1枚ずつ引き、裏面のまま配置します。






それではプレイ開始です。

プレイの流れを3つに分けて説明します。





1.仲間をスカウト(×4ラウンド)



IMG_4779.jpg

IMG_4781.jpg


このゲームのメインパートです。ナナキと対決する仲間を1ラウンドに1人ずつチームに加えていきます。

プレイヤーは時計回りに、下記のどちらかの行動をします。

1. 山札のマインドカードを1枚引き、
 公開されているキャラクターカードの下に置きます(最高で3枚まで)。

2.欲しいキャラクターカードを、その下に置かれているマインドカードごと、
 自分のチームに加える(ただしマインドカードが1枚以上置かれていること)。





IMG_4783.jpg

キャラクターカードをチームに加えたプレイヤーは、そのラウンドは終了になります。
全プレイヤーが、キャラクターカードをチームに加えるまで繰り返します。




IMG_4785.jpg

最後まで残ったキャラクターカードはナナキに取り込まれます。
キャラクターカードの下のマインドカードが3枚になるように山札から追加し、
4枚のカードをナナキに加えラウンド終了になります。


ラウンドの終了後、以下の手順に従い、
各プレイヤーのチームの編成と、ナナキの編成を行ってください。





■チームの編成

IMG_4792.jpg

IMG_4794.jpg

各プレイヤーはそれぞれのチームに加わった
キャラクターカードとマインドカードを色別に分けて列を作ります。
同色のキャラクターカードは重ねられます(どちらを上にするか、途中変更可能)。





IMG_4796.jpg

IMG_4798.jpg

無色のキャラクターカードは、どの色の列にも重ねられますが、
他のキャラクターカードと重ねることができません。




IMG_4800.jpg

IMG_4802.jpg

無色のキャラクターカードは、同色のキャラクターカードが加わった場合、
他色の列に移動してください。





■ナナキの編成

IMG_4785.jpg

ナナキに取り込まれたキャラクターカードとマインドカードを、色別に分けて列を作ります。
アイテムカードがある場合は破棄します。


IMG_4786.jpg

IMG_4787.jpg

キャラクターカードとマインドカードを天地反転させ、
同じマインドマークのナナキカードの下に重ねます。

《勇気》が《狂気》に変わるように、
ナナキに取り込まれると、心の向きが逆転してゆくのです。







次のラウンドは、最後にキャラクターカードをチームに加えたプレイヤーから始めます。

『仲間をスカウト』を4ラウンド繰り返し、終了です。
最後に各プレイヤーは、各列のキャラクターカードの配置を確定してください。



各プレイヤーは5人組のチームで、強力に成長したナナキと対決します!!!!









2.ナナキとの対決
 
 

 IMG_4803.jpg
 
各プレイヤーはナナキと、各色それぞれのマインドマークの数を比べ合い、対決をします。




IMG_4805.jpg

そのまえに、『ゲームの準備』で、ナナキに裏面で配られた
キャラクターカードとマインドカードを公開し、ナナキの編成に加えます。



IMG_4807.jpg

ナナキ用のマインドマークが『MIND CARD』の場合、
そのカードを破棄して、新たなマインドカードを山札から1枚公開して、加えてください。




IMG_4803.jpg

IMG_4808.jpg

これにより、ナナキのマインドマーク数に修正が加わりました。
プレイする際は、表示されてるより、多少変化することを覚えておくといいでしょう。


さあ、いよいよナナキとの対決です!!


勝利:ナナキのマインドマーク数以上
カードの右上にある脱出ポイントを合計し、プラスポイントにします。
米同数の場合は、プレイヤーの勝利です。


敗北:ナナキのマインドマーク数未満
カードの右上にある脱出ポイントを合計し、マイナスポイントにします。


・ナナキに加わったアイテムカードは、破棄されます。



ナナキとの対決に敗北した色を裏返してみました。
『赤《勇気》』がマイナスポイントになったのがイタイですね。
伏せてあるカードがあるため、予想外の展開になることがあります。






今回は発生しませんでしたが、下記のようなケースもあります。

・『キャラクターカードに重ねられていないマインドカード』
『マインドカードを重ねていない無色のキャラクターカード』は、
脱出ポイントをすべてマイナスポイントにします。

・チーム内に、キャラクターカード、マインドカードの両方が1枚もない色の列では、
『ナナキとの対決』は発生しません。









3.納鳴村からの脱出(得点計算)


IMG_4810.jpg



A.各色の脱出ポイント
『ナナキとの対決』で得た、各色の脱出ポイントを合計します。



B.アイテムカードの脱出ポイント
アイテムカードの脱出ポイントを合計します。

【アイテムカードについて】
マインドマークがなく、どの色にも属しませんが、
『ナナキとの対決』の勝敗に関わらず、確実に脱出ポイントを得ます。



C.特殊能力の脱出ポイント
ナナキに勝利した色の一番上に置かれたキャラクターカードが持つ、
特殊能力の脱出ポイントを合計します。

【特殊能力について】
キャラクターカードの下部に表示されています。
特定のアイテムやキャラを集めるなど、
それぞれの条件によって脱出ポイントを得ます。




IMG_4811.jpg

A〜Cを合計し、脱出ポイントが
一番多いプレイヤーが勝者です。
 
 
 



 
IMG_9641.jpg 
 
それほど複雑なルールではないので、一度遊んで見れば感触がつかめると思います。

最後にプレイする際のコツをいくつかご紹介しておきます。


■最初に配られたキャラクターカードは脱出ポイントが5点もあります。
 ナナキとの対決に敗北すると、大きなマイナス点になるので、
 なるべく負けないようにしましょう。

■自分が欲しいキャラクターカードに、
 他のプレイヤーが欲しくないマインドカードをつけるが理想です。

■5色あるマインドマークすべてを集めるのではなく、
 3色ぐらいに絞ることを目標にプレイするとよいでしょう。

■多くの脱出ポイントを集めても、ナナキとの対決で負けてしまうと
 大きなマイナス点になってしまいます。
 まずはマインドマークを集めることを優先しましょう。

■ナナキにはかならずマインドカードが3枚補充された状態で取り込まれます。
 キャラカードをマインドカードが少ない状態で引き取ると、
 ナナキとの対決で負けやすくなります。

■一番最後にキャラクターカードを引き取るプレイヤーは、
 どのキャラクターをナナキに取り込ませるか選ぶことができます。
 他のプレイヤーが嫌がるものを残すようにしましょう。

■アイテムカードはナナキに取り込まれると捨て札になります。
 ナナキを弱めたいときは、送りこむと良いでしょう。
 
 

機会があれば、ぜひ一度プレイしてみてください。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

コンポーネントの内容紹介 [■『迷家 The Lost Village』]

IMG_4728+.jpg

『迷家-マヨイガ-The Lost Village』のサンプルが届きました。

今回はコンポーネントの内容を簡単にご紹介します。




OPEN.jpg

カードは天地89mm×左右58mmのブリッジサイズ。
トータルで115枚のカードが2山にまとまった状態で梱包されています。



rulebook.jpg

説明書は日本語と英語の2種類が同梱されています。
海外の方にもプレイしていただけるようになっています。



boxup.jpg

化粧箱はエンボスPP仕様で高級感がありますね。
見た目以上に重さがありますが、
上箱と下箱はタイトに設計されているので安心です。



IMG_4737.jpg

全部で30枚あるキャラクターカードの中から、
プレイヤーに最初に配られる5枚です。
それぞれ『信頼』『純真』『勇気』『知恵』『愛情』5色のマインドマークに対応しています。



IMG_4739.jpg

スカウトして仲間になるキャラカードは5色のマインドマークに加え、
無色のものもあります。



IMG_4736.jpg

こちらはマインドカードです。
心の力を象徴する5色のカードと、アイテムカードがあります。



IMG_4740.jpg

最後はナナキカードです。
トラウマが具現化したバケモノ《ナナキ》を現したカードになります。





ルールについてはこちらの説明書をごらんください。


『迷家-マヨイガ-The Lost Village』説明書
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

公式HPを作ってみる [■ゲーム制作おぼえがき]


TOP.jpg


ボドゲ制作では、宣伝も重要な要素です。

ゲームカーケット近くであれば公式ブログへの書き込みや、
twitterでの告知など、賑やかになりますね。

ただ、しっかりと情報を残すとなると自前のブログやホームページが必要になります。

ハッピーゲームズも気がつけば、活動開始から4年になります。
無計画で始めたブログも気がつけば更新が重なり、
かなり雑然としたものになってしまいました。

本来ならば、きちんとした方法で、ホームページを用意するべきなんでしょうが、
それほど更新頻度や、掲載する情報もないので、
とりあえず無料のもので制作してみました。


ハッピーゲームズ公式HP



今回使用したのは『WiX』というホームページ制作サイト。
簡単な操作で、テンプレートの中から気に入ったデザインをチョイスしながら、
手軽にデザインができました。

PAGE.jpg

プログラミングや専門的な知識がなくても作れるので、
いじりながら操作方法さえ覚えれば、短時間で組みあがります。

残念ながら無料で使用する場合は、上下にタグのかたちでWiXの広告が掲載されます。
気になる場合は、月々定額を払うことで、
追加機能や広告解除が行われるプレミアムにするとよいでしょう。

今回初めて試しましたが、面白いですね。
しばらくは無料のまま続けるつもりです。
まだ使っていない機能なんかもあるので、少しずつ更新したいと思います。


ホームページ制作サイト WiX




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

マニュアル公開しました [=マニュアル]

ポニーキャニオンから許諾をいただけたので、
ルールを公開したいと思います。

今回の『迷家-マヨイガ-The Lost Village』は英語のルールも同梱されていますので、
海外の方にも遊んでいただける仕様になっています。



BOOK1.jpg

BOOK2.jpg


■説明書(PDF版)はこちら



また、分かりにくい点があれば、こちらのブログで説明いたしますので、
Twitter、コメント欄などにご連絡ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

模型の祭典ワンダーフェスティバルに行ってきた その2 [-コラム]

ワンダーフェスティバルも会場の規模が広がり、
大手企業が華やかなブースで出展するようになりました。
以前とはだいぶ勝手が違いますね。



今回もまずは一般ブースの出展からご覧ください。


IMG_4564.jpg

IMG_4552.jpg

IMG_4550.jpg

IMG_4560.jpg

IMG_4562.jpg

IMG_4593.jpg

IMG_4594.jpg

IMG_4595.jpg

IMG_4596.jpg

IMG_4599.jpg

IMG_4607.jpg

IMG_4610.jpg

IMG_4604.jpg

IMG_4630.jpg

IMG_4635.jpg

IMG_4637.jpg

IMG_4642.jpg

IMG_4646.jpg

IMG_4648.jpg

IMG_4649.jpg







IMG_4710.jpg

IMG_4582.jpg

IMG_4572.jpg

IMG_4585.jpg

IMG_4587.jpg

IMG_4590.jpg

マシーネンでおなじみの横山宏さんの還暦を祝って、トークショウが開催されるなど、
いつも以上に盛り上がっていましたね。






IMG_4613.jpg

IMG_4618.jpg

IMG_4621.jpg

これ全部レゴで作られたメカなんです。
もちろん着色なしなので、パーツも色合わせを考慮せなばなりません。
いったい、おいくら万円ぐらいかかっているんでしょうか!?





IMG_4591.jpg

3Dプリンタや、模型用の工具などの展示や、商談スペースもありした。






IMG_4654.jpg

ここからは企業ブースになります。


IMG_4655.jpg

IMG_4658.jpg

IMG_4660.jpg

IMG_4661.jpg

IMG_4672.jpg

IMG_4682.jpg

IMG_4692.jpg

IMG_4696.jpg

IMG_4698.jpg

IMG_4701.jpg

IMG_4707.jpg





IMG_4713.jpg

昼頃から参加して、すべてのブースを見て回ったつもりでしたが、
じつはだいぶヌケがあったようですね。

あっという間に閉会時間になりました。




ゲージで区切られたエリアでは、
露出の多いアダルト系やグロ系の作品が販売されてたようです。

気になっていたものの作品を見つけられなかったり、
ご挨拶に行けなかったブールが多々ありました。

できれば参加する前にカタログを入手して、事前チェックをした方がいいですね。
 
  
 
ボードゲームの祭典ゲームマーケットも、
いつかワンダーフェスティバルに負けない規模になるんでしょうか。
 
しっかりと見守りたいです。
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

模型の祭典ワンダーフェスティバルに行ってきた その1 [-コラム]


IMG_4398.jpg

7月25日に開催された模型の祭典ワンダーフェスティバル。
5、6年ぶりに参加してきたので、会場の様子などをご紹介。

写真のフィギュアなどの多くは完成見本で、
難易度の高いキットのものが多いですが、
最近は完成されたものを販売するところも増えてきましたね。



IMG_4401.jpg

今回は写真が多いので、ほとんどキャプションもつけないまま
羅列することにします。

いや、それにしてもすごいボリュームです・・・


IMG_4404.jpg

IMG_4407.jpg


IMG_4412.jpg

IMG_4415.jpg

IMG_4423.jpg

IMG_4425.jpg

IMG_4429.jpg

IMG_4431.jpg

IMG_4432.jpg

IMG_4434.jpg

IMG_4435.jpg

IMG_4443.jpg

IMG_4446.jpg

IMG_4447.jpg

IMG_4452.jpg

IMG_4456.jpg

IMG_4458.jpg

IMG_4461.jpg

IMG_4463.jpg

IMG_4467.jpg

IMG_4468.jpg

IMG_4469.jpg

IMG_4483.jpg

IMG_4484.jpg

IMG_4493.jpg

IMG_4494.jpg

IMG_4497.jpg

IMG_4499.jpg

IMG_4500.jpg

IMG_4502.jpg

IMG_4505.jpg

IMG_4510.jpg

IMG_4513.jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4528.jpg

IMG_4534.jpg

IMG_4536.jpg

IMG_4538.jpg

IMG_4540.jpg


かなり枚数を減らしましたが、これでもまだ半分です。
後半では、企業ブースの写真も盛り込みながら紹介したいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -