So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

感覚を養う [■ゲーム制作おぼえがき]

『ゲーム制作おぼえがき』として、
いくつかパッケージデザインについて書いてきました。

いきなりパッケージデザインと言われても、
何をやったらいいのか悩むところだと思います。
デザインの心得がなくても、まずできるのが『感覚を養う』でしょうか。




■市場で商品をみる

・どんな商品が売れているのか

・目立つ商品のイラスト、色合い、ロゴ

・裏面にはどんな情報が入っているのか

・自分が作る作品に類似している商品はあるのか

まずは多くの商品をみることでしょう。
できればPCの画面越しに見るのではなく、実際の商品がいいですね。

とはいえ、ただ漠然とみるだけでは勉強になりません。

イベント会場やショップ、あるいはゲーム会やボドゲカフェ。
沢山の商品がある中で、どういう作品が人気があり、目立っているのか、
時間をかけて調べてみるといいでしょう。



■自分のデザインを並べてみる

・同サイズの商品と比べて目立つか

・同ジャンルの商品と比べて目立つか

・たくさんの商品のなかに並べて目立つか


こちらも実物で比較するのがベストですね。
行きつけのゲーム会や、ボドゲカフェ、ボドゲショップがあるなら、
たくさんあるボードゲームのなかで、
自分のつくったパッケージがどのように見えるのか確認するとよいでしょう。

それが難しい場合は、twitterなどで公開されている、
大量のボドゲをまとめた画像を流用してみましょう。
そのなかに自分のつくったパッケージを合成すれば、
どのように見えるか比較することができます。

インスタ映えを気にするなら、両方ともチェックしたいですね。




■ボドゲ以外の商品も参考に

・書籍、DVD、映画、グッズなど、他の商品デザイン

・チラシ、パンフレットなどの広告・宣伝物のデザイン

・文字の入っていないイラスト、絵画


ボードゲーム以外の商品や広告も大変参考になります。
親和性が高い書籍やグッズとのデザインの違いを比べてみるのも勉強になりますね。

たとえば、ボードゲームでは、制作レーベルのロゴが大きめに記載されていますが、
書籍やDVDパッケージでは出版社のロゴなどは小さめですね。
それぞれの商品カテゴリによって、規定文の入れ方なども大きく変わってきます。

また、印刷物以外にも、オリジナルのイラストを展示会で見るのも参考になります。
自分なら、どこに文字を配置し、どのようにトリミングするか、
考えるだけでも勉強になるでしょう。



■想像しながら見よう

・商品イメージとデザインが一致しているか

・なにを一番目立たせているのか

・情報を拾いやすいか

・悪いところも参考になる(むしろ重要)



慣れてきたら、商品を見る際に、
どういうコンセプトで作られているのか、
想像しながら見るようにしたいですね。

間違っていても問題なりません。
まずは考えることが重要なのです。

繰り返し見ることで、少しずつですが感覚を養うことができるでしょう。

大事なのは、できるだけ毎日繰り返すことでしょうか。
 
 
 
ものごとに近道はありません。

気になった方は、ぜひお試しください。 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

文字詰めをしてみよう [■ゲーム制作おぼえがき]

今回も引き続き『ゲーム制作おぼえがき』として、
パッケージデザインについて書いていきたいと思います。

以前に説明書の作り方で紹介した『文字詰め』。
パッケージまわりでもきちんと処理すると、見た目が変わってきます。

実際にどれくらい変わってくるのか、画像を見ながら比べてみましょう。


BF.jpg

画像は『グラギャモン』のパッケージ裏面です。

左右の文字幅をきっちりと揃えた『ハコ組』というレイアウトにしていますが、
それができていないとどうなるでしょう。

キャッチコピーや本文など、文字詰めのあるなしで、
BREFORE、AFTERで分けてみました。



いかがでしょう。



最上部の『ねぇ魂ほしいの・・・』は点の表記『・』を3つ並べたものです。
『…』を使った表記もできますが、そのままだとパラついてみえます。

『ダイスゲーム・バックギャモンを』のように文章中に使われる場合も同様ですね。

また、ひらがなカタカナの小文字や、『ト』などの一部の文字は、
文字詰めをしないとバランスが悪く見えるものもあります。



パッケージは商品の裏面は作品内容を吟味する、重要な告知部分です。

ちょっと手間かもしれませんが、文字詰めをきれいに整えて、
見栄えのするパッケージにしたいですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

見せたい順番を考える [■ゲーム制作おぼえがき]

前回に引き続き『ゲーム制作おぼえがき』として、
パッケージデザインについて書いていきたいと思います。

今回は普段自分がデザインをする上で、
必ず心がけている『順番』についてまとめてみましょう。




■一番目立たせたいものを決めよう

パッケージに載せる要素として重要なものに、
作品名を認識させる『タイトルロゴ』と、
イラストや写真などの『ビジュアル』があります。
多くの場合、このどちらかが目立つデザインにすることになるはずです。

どちらがパッケージの主役になるのか、
デザインを進める前に検討するのがいいでしょう。

まれにキャッチコピーが前面に出ているものもありますね。
商品パッケージではなく、販促物のデザインに見える場合もありますが、
インパクト勝負ならありですね。



■見せたい要素に順番をつけよう

タイトルロゴ、イラスト、キャッチコピー、レーベルロゴ、
コピーライト、ゲーム情報などなど...
パッケージにいれる『要素』を確定したら、
ユーザーに見てもらいたい優先順位を決めておくといいでしょう。

シンプルなビジュアルなら問題ないのですが、
複数のキャラが描かれたイラストや、
情報量が多いイラストを使う場合は、
どの部分を目立たせたいのか決めておきたいですね。



■視線の動きをデザインで誘導しよう

見せたい要素の順番が決まったら、
その順番通りにユーザーが見てくれるのが理想的です。
なるべくスムーズに『要素』を見てもらえるように、レイアウトを考えてましょう。



■悩んだときは、要素にメリハリ

実際に『要素』をレイアウトしてみると、ゴチャゴチャして、
なにを見せたいのかわからない、ダメなデザインになることがあります。

はじめに選んだ『一番目立たせたいもの』を優先して、他の要素は目立たなくするなど、
メリハリをつてみると改善することがあります。
サイズ、色などを変更して、複数案を比べてみるのがコツでしょうか。




ハッピーゲームズで制作したパッケージでは
どのように検討したものか画像にまとめてみました。


BLOG0201.jpg

60年代〜80年代の推理小説の装丁を
イメージしてデザインした『幻影探偵団』。

犯人である『髑髏王』や、探偵団のメンバーの画像もありましたが、
キャラを前面に出したデザインにしたくなかったので
タイトルロゴがメインのパッケージデザインになっています。

ビジュアルには、推理もの、サスペンスものに登場する要素を、
メリハリを入れつつ、ゲームの世界観に合わせ盛り込んでいました。

タイトルロゴは、『幻影』『探偵団』に分けて認識するように、
英文を挟み込んでいますが、これにも理由があります。

ひらがなで、『げんえいたんていだん』より、
『げんえい』『たんていだん』の方がわかりやすいのと同様、
漢字も区切りが入った方が認識しやすいためです。





BLOG0201+.jpg

つぎは洋酒のラベルをイメージしてデザインした『グラギャモン』。
(T●NGAぢゃない)

SEXYなキャラをこれでもか!!というぐらい前面に推した
パッケージデザインになっています。

3Djkt.jpg

実際は円筒形のパッケージなので、それを考慮しながら制作しています。

日本人の場合、どうして英語メインのロゴは、ビジュアルの一部だと認識します。
作品名を強調したい場合は要注意ですね。







なんとなくでも伝わったでしょうか。

う〜ん、ウチの作品は、作例として紹介するには特殊だったかもしれませんね。
 
デザインをする際に、レイアウトする要素に『順番』をつけるだけで、
目的意識が生まれて、どういうものを作りたいのか、見えてくるはずです。

参考になれば幸いです。
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

台紙データの罠 [■ゲーム制作おぼえがき]

少し前にアンケートした『ゲーム制作おぼえがき』として、
いくつかパッケージデザインについて書いていきたいと思います。

今回はプロでも間違えがちな、『台紙データの罠』について書いてみたいと思います。


ボードゲームの化粧箱には、
厚紙を印刷し、断裁、折り、組み合わせて箱にする『組み箱』と、
印刷された紙を、ボール紙の箱に貼り合わせる『貼り箱』があります。

今回紹介するのは後者の『貼り箱』。
高額ですが、耐久性に優れ、見た目も良いという利点があります。

でも、貼り箱特有のトラブルも発生します。
自分自身も、これまで仕事で何度も泣かされました・・・。




IMG_2374.jpg

今回の説明で使用するのは『幻影探偵団』。
A5サイズの化粧箱です。


image2.jpg

台紙データを見てみましょう。
実際には印刷されませんが、『折りトンボ』の位置に白のラインを入れています。
これがデータ上のカド位置になります。


image1.jpg

また、だいたいの台紙データには、折り位置だけではなく、
『印刷限界範囲』が表示されています。

今回は便宜上、青のラインで表示してみました。
このライン内にロゴや文字を配置すれば印刷上問題ないとされています。


背の部分を見てもらうとわかりますが、
タイトルロゴや画像など、天地方向がセンター位置になるように調整されています。

では、実際の商品ではどうなっているか確認してみましょう。



IMG_2387.jpg

いかがでしょう。
上に寄せられているのがわかります。

なんででしょうね。

『貼り箱』の場合、印刷物を機械でボール紙に貼るために、
若干ズレが生じることがあります。

でも、それだけじゃないんです。



IMG_2359.jpg

『貼り箱』を斜めの角度で見てみましょう。

わかりますか。。。。

少し大げさに言うと『貼り箱』の場合、明確なカドがないんです。

カドが直角だと思われがちですが、
実際は丸みがかったカマボコ状のものがほとんど。



名称未設定-3.jpg

画像を少し加工してみました。

青く塗りつぶした部分が、台紙データで指定された表紙の範囲です。

実際に化粧箱を見た場合に、表紙だと認識する範囲に白いラインを入れています。

いかがでしょう、かなりズレが生じていますね。



IMG_2388.jpg

ちなみにボードゲーム用のものではありませんが、
『貼り箱』タイプの化粧箱をななめにカットするとこんなかんじ。

折り返し部分の構造などは、箱の設計によって違いはありますが、
なんとなくイメージできるかと。



IMG_2374.jpg

IMG_2374+.jpg

正面からの画像も加工してみましょう。

これだけ誤差が発生しています。




IMG_2362.jpg

紙自体の伸び縮みや、個体差もあるでしょうが、
最大で2mm発生すると思ってください。

これによるデメリットとして下記のことが挙げられます。

・背部分のレイアウト天地方向にズレが生じる

・表紙と背の地色が違う場合、境目がズレて見える

・印刷限界範囲ギリギリに配置したロゴや文字がズレこむ


ショップに陳列された商品を見て、
『あぁ、そういうことか・・・』と納得するものがあると思います。



それでは、どのように対処すればいいのでしょう。

・台紙データと合わせて、化粧箱のサンプルをもらう

・台紙データと実際の化粧箱のサイズを計測し、誤差を確認する

・出来上がったデザインをプリント、採寸、断裁、折ってみる

・印刷限界範囲ギリギリに文字やロゴを配置しない(縮小するなど)

・色校正を取って確認し、問題があれば修正する



基本的には、印刷所と打ち合わせができるなら、
その場で相談するのが一番。

ただ、本業での話になりますが、
質問の意味がわからないという担当者に遭遇することもあります。
印刷代理業の方に多いですが、
自分が扱っている商材の知識ぐらいは入れて欲しいぞ。


ちなみに『幻影探偵団』では、事前に印刷所と相談。
台紙データのズレを確認した上で入稿。
色校正は取らず、仕上がった商品を確認し、
ズレに関しては許容範囲として自分の中でOKだしをしています。



とはいえ、油断すれば絶叫するような大きなトラブルが起きるかもしれません。

カードゲームなどの小箱の場合は、もう少しスレに関してシビアになってきます。
気をつけながらデザイン&入稿したいものですね。
 
 
 
 
  

 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

新作評価アンケート26位に選ばれました [■『グラギャモン』]


IMG_7883.jpg



先日発表された『ゲームマーケット2017秋 新作評価アンケート』で、
新作発表数679タイトルの中から、評価値3.81で26位にランクインいたしました。


ゲームマーケット2017秋 新作評価アンケート


プレイしていただいたみなさん、ありがとうございます!!

得票の内訳を運営に教えていただきました。

グラギャモン
総票数 - 38
平均評価 3.66
評価5 - 7
評価4 - 14
評価3 - 14
評価2 - 3
評価1 - 0


今回のアンケートでは投票方法が変わり、複雑になりました。
タイトル総数約300→679と倍増したけど、得票総数は732→340と半減。

今回の方式だとPC開いて、リストとにらめっこしながら記載しないといけいけません。
今後、投票数を増やしたいなら、スマホからでも投票できるようにしないと厳しいでしょうね。

また、今回からゲームマーケット大賞の選考に、
新作アンケートが考慮されないことになりました。

どういう作品が選ばれるのか、今後の報告が楽しみですね!!
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ニデロクギャモンで遊ぶ […コラム]


IMG_7942.jpg

『グラギャモン』は普段バックギャモンを遊ばない
ボードゲーマーや初心者に楽しんでもらうために企画したものですが、
今回はちょっと趣向を変えて、
普段バックギャモン以外のボードゲームを遊ばない層に向けてた
企画をやってみようかな。



IMG_7940.jpg

こちらはゲームマーケット2017秋に中村誠さんが再販された
『ニデロク』というカードゲームです。


IMG_7943.jpg

名前の由来は2D6。
カードは6面ダイス2コで出される36通りの出目で構成されています。


今回はダイスの代わりに、この『ニデロク』をつかったバックギャモン、
『ニデロクギャモン』を紹介したいと思います。



IMG_7945.jpg

通常のバックギャモンとの変更点は、
手番にダイスの代わりに山札にした『ニデロク』のカードを1枚引くだけ。

カードに描かれたダイス目を使ってコマ(チェッカー)を動かしていきます。


IMG_7946.jpg

引いたカードはどの目が出たのか分かりやすいように、
仕分けをしています。

同じ出目はありませんが、
1-2、2-1のように同じ動きができるカードは存在しています。
ゾロ目は全部で6枚しかないので貴重なカードになります。


IMG_7953.jpg

ゲームを続けていくと、残ったカードの出目を計算しながら進めることになり、
通常のバックギャモンとはだいぶ違った駆け引きをすることになりますね。


IMG_7956.jpg

最後の1枚をめくったら、すべてのカードをシャッフルして山札を作り直しましょう。
1ゲーム中、1〜2度シャッフルする感じになると思います。

今回のプレイではピンクが圧勝しました。
一度流れを作られると、ダイス運による逆転が難しいですね。
普通のバックギャモンより、慎重な駆け引きが必要になります。



IMG_7958.jpg

『ニデロク』では、いくつかのオリジナルルールも用意されているので、
ダイスの代わりとしてではなく、単体で遊ぶことも可能です。


普通のバックギャモンにはない、独特な駆け引きを楽しみたい方は、
ぜひ一度お試しください。

『ニデロク』は現在、イエローサブマリンや通販サイトでの取り扱いがあるようです。
気になる方はご確認ください。


『ニデロク』マスターギルド通販部
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

にゃんこグラギャモン期間限定ダウンロード!(配布終了) […コラム]

昨年開催したクリスマス企画が好評だったので、
調子に乗ってお年玉企画やります^^。




IMG_2189.jpg

現在好評発売中の『にゃんこならべ』のかわいいネコのコマを使用して遊べる、
バックギャモンボードを制作してみました!!




IMG_2233.jpg

IMG_2219.jpg

IMG_2228.jpg

初期配置の部分にサカナのアイコンを加えたり、ゴールにキャットタワーが置かれ、
『グラギャモン』独自のアレンジを加えているので、
初心者や小さいお子さんとも、遊びやすくなっています。




IMG_2234.jpg

通常バーになる部分を省略し、『ふりだし』としました。
エンター(コマを戻す)する位置をわかりやすくしています。

バックギャモンをプレイしたことがある方なら理解できる範囲のデザイン変更ですね。


IMG_2235.jpg

ゴールさせると、キャットタワーにネコのコマが溢れてかわいいですね^^

ベアオフさせるまえに、
『ニャ〜〜〜〜〜!!』と叫ぶルールを加えても楽しいかも。




IMG_2237.jpg

IMG_2236.jpg

このバックギャモンボードは外側の白地の余白を切り取り、
四つ折りにすることで、『にゃんこならべ』の化粧箱に収まるようにしています。

プレイするには、『にゃんこならべ』とは別に、
ダイスが必要になりますのでご注意ください。








nyanngura0104.jpg


今回はセブンイレブンのカラーコピー機からプリントできる
『ネットプリント』というサービスを利用してみました。

下記の8ケタの番号を入力することで、プリント料金のみで、
どなたでもダウンロードできます。


配布終了しました



2018年1月11日までの期間限定になりますので、ぜひお試しください。
※スペルミスのご指摘ありましたので、こっそり修正しました(1月4日14:03)

2018年1月12日。多数の参加ありがとうございます!
ダウンロード企画は終了いたしました。



今回の企画を承諾していただいた合同会社ふくふく代表、福井暢宏さん、
ありがとうございました!!

『にゃんこならべ』家族で遊ばせていただいております。




『にゃんこならべ』公式HP

『にゃんこならべ』はamazonをはじめ、量販店でも取り扱いされておます。
これを機会にぜひお試しください。
 
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

プレゼント企画結果発表!! […コラム]

DOKUROSANTA.jpg

22日から開催していたクリスマスプレゼント企画。
ありがたいことに多数の応募をいただきました〜!!!!!

髑髏王サンタ再び!!!!

その数なんと147名。
3年前の『幻影探偵団』の倍です!!
(キーワードで検索できなかった応募は含みませんでした)

RTだけだと、それほど興味のない方も応募しちゃうので、
ちょっと面倒な応募方法にしましたが、
皆さんに楽しんでいただけたようでなによりです。



IMG_2164.jpg

それでは抽選に入ります。

前回同様、クジ引きになりますが、数が多いですねぇ。



IMG_2165.jpg

よくシャッフルしてございます。

・・・それでは、一発勝負です!!!!



IMG_2166.jpg


はい!今回の当選者は、五十嵐 秋(@igarasi12a)さんでした!!

おめでとうございますッ!!!!!!



IMG_2168.jpg

早速送らせていただきましたので、お楽しみに!!!!




・・・そして、なんと髑髏王サンタもプレゼントをいただきました!!!!



クリスマス・イヴの晩、
我が家のお猫様がウ●コ・ハイで暴れ出し、目覚めたところ・・・


CUR.jpg


『drops×drop (ドロップ×ドロップ)』『LOGS -ログズ-』で
おなじみの彩彩工房さんから、な、な、なんと・・・


DR0vd1rVQAAbcEr.jpg

ステキなイラストをいただきました!!!!!

ぎゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
オリジナルよりかわいい!!!!!!
自分の画力のなさを再確認させられるぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜〜!!!!!
細部のディテールまでこだわってるうゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

いやもう大興奮です!!!!!!!!!

サ、サンタさんて、ほんとうにいるんですね!!

彩彩工房さん、ありがとうございます!
今度かわいいイラストの描き方教えてください(本気


彩彩工房




今回のプレゼント企画では、
抽選には関係ありませんが、人気投票も行ってみました。


ANK.jpg

応募総数203票!!

結果は、67%を獲得したデビイちゃんの勝利です〜〜〜!!

やはりガールズバー『メメント・モリ』のNO.1。
さすがの実力ですね。

とはいえ、もっと圧勝する可能性もあったので、
33%を獲得したアンジーちゃんの今後の巻き返しも期待したいところです^^。






そんなわけで、たぶん作者が一番楽しんだ、
クリスマス企画は終了となります。

これから年末年始、ボードゲームを遊ぶ機会が増えると思います。

ぜひとも『グラギャモン』も楽しんでみてください。
 
 
 
ではでは!! 
 





追記

当選した五十嵐 秋さんからも、ステキなイラストをいただきました!!!!


DSCDu9tU8AAxRd3.jpg-large.jpeg

DSDXGuXUIAAC0Qr.jpg-large.jpeg

妖艶なデビイとアンジーですよ!!
あぁ、もううれしい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
オリジナル版の画力を....(略

五十嵐 秋さん、ありがとうございますッ!!!!!

 
 
 
 
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

髑髏王サンタ再び!!!! […コラム]

Xmas.jpg

オヒサスブリデースッ!!!!!!

『幻影探偵団』の初版以来、
3年ぶりにクリスマス企画が帰ってまいりました^^。










そんなわけで、25日24時までやっておりますので、
気になる方はお付き合いください。


抽選の結果は、こちらのブログで発表いたします。

よろしくお願いいたします^^
 
 
 
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

はるかなる時代の階段を […制作ノート]

IMG_2070.jpg

『すごろく商店街』から4年がけの企画となった『グラギャモン』。
どうにか一区切りできました。

伝統ゲームのリメイク、2人専用、大人向けのビジュアルといった、
少し前ならマイナス要素に挙げられるものを取り入れた企画でしたが、
4年という歳月の中で、ボードゲームを取り巻く状況の変化もあり、
ゲームマーケット2017秋で無事完売。



IMG_7876.jpg

ありがたいことに、Twitterなどでも、
北海道から沖縄まで『グラギャモン』をプレイしている様子が報告されています。
作者にとっては最高のご褒美ですね。

これまで遊ばれていなかった環境でも、活躍できるように工夫をしたゲームです。
機会があれば感想などを聞かせてください。

多くの方から再販のご要望もいただいていますが、
・・・本当に再販しても大丈夫なの?????
という思いが真っ先に出てくるのが正直なところw。
(たぶんこの作品は、ずっとこんな感じなんでしょうね^^)



長々と続けた制作ノートも、今回で最後になります。
拙い文章ですが、できるだけ情報を残すように心がけました。

何かの参考になれば幸いです。





IMG_1776.jpg


長い年月、世界中で遊び続けられてきたバックギャモン。

しかし、常に時代に合うように変化し、成長し続けたボードゲームです。

5000年の歴史のなかでは、この4年の試行錯誤もほんの一瞬の出来事ですね。



『グラギャモン』のゲームデザインのクレジットは、

『古代エジプト人とその後継者たち』と記載しました。



『グラギャモン』をきっかけに本格的にバックギャモンにハマるのもよし。

いやいやこうじゃないだろうと、新しい試みをするのもよし。

カジュアルに彼女とBarでお酒を飲みながら楽しむのもよし。



『グラギャモン』を遊んだ方々が、はるかなる時代の階段を上り、

この先に続く後継者になるとこと願います。




ハッピーゲームズ RYO
 
 
 
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | -